So-net無料ブログ作成

航海 [東南アジア自転車旅行記]

今日の船の出発は12時の予定。朝はらくらくだったのですが、自転車を乗せるのにいくらかかるかわからなかったので、港のチケット売り場に行って、聞いてみることにします。

チケット売り場といっても、ここはカンボジア、なにか立派な建物があるわけでもなく、案内もこの調子です。

で、問題の自転車の料金ですが、

「free」

の一言。あまりに珍しいことなので、にわかには信じがたかったのですが、ただならそれがベスト。宿に戻って豪華朝食を優雅に食べることにしました。

11時30分、荷物も持って再度港へ、乗る船というのはそれなりに立派で、マレーシア製だそうです。

で、いざ乗り込んでみて自転車がただの理由がわかりました。室内だけでなく屋根に人も載せて航行するので、別に自転車だからという特別料金も何もなかったのです。

おかげで、屋根上はこの状態。

12時、港を離れ出港です。といっても、これは高速船なうえに、進むのは川ではなく外洋。結構なゆれもあって、航行ではなく立派な航海となってしまいました。

遠くには、砂浜も見えます。

途中、小さな島に立ち寄って、

船は高速で進んでいきます。風がすごい!

航海は続くこと4時間、タイとの国境の町ココンに到着です。

荷物を降ろしたら、大半の乗客は乗り合いタクシーで、5時に閉まる国境へと急ぎます。僕は急いでも仕方ないので、このココンで最後のカンボジア滞在です。

ここではタイ国境なので、タイバーツが通用します。今日の宿は久しぶりの最下級宿。100バーツで、蚊帳しかないきったない宿です。

明日は朝から国境越え、旅も終わりが見えてきました。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

すとれっち

もうタイに入国されましたか?
苦行のカンボジア脱出お疲れさまでした。
最後までどうかご無事に旅を続けてくださいませ。
by すとれっち (2006-01-29 11:12) 

as

カンボジアからの脱出、良かったですね。船の写真を見てて思ったのですが、西洋の方もかなりいらっしゃるんですね。ちょっとビックリです。まだ植民地時代の名残りで人的交流も盛んなんでしょうか・・・?

タイまでもう少し、頑張ってくださーい!!
by as (2006-01-29 16:43) 

akoustam

>すとれっちさん
コメントありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。

おかげさまでタイに戻って、危険な目にあわない旅になりました。走るのは残り後二日、がんばっていきます。
by akoustam (2006-01-31 21:40) 

akoustam

>asさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。

シアヌークビルという町は、西洋人には結構名の知れた穴場ビーチということらしく、西洋人旅行者はかなりの数いました。

一昨年12月のインドネシア地震の津波で、多くの西洋人旅行者が犠牲になってしまいましたが、それだけ彼らが東南アジアのビーチにバカンスに来ている、ってことでもありますね。
by akoustam (2006-01-31 21:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る