So-net無料ブログ作成
検索選択

The Long and Winding Road [東南アジア自転車旅行記]

2005年11月8日、自分自身の32歳の誕生日に、最初の1mをこぎだしてから約3ヶ月、ついにこの旅最後の70Kmを走る朝がやってきました。

もうゴールのバンコクは目の前、道路は近代化され、何車線どころか、こんな道になっています。

上下2階建てのハイウェイです。

たくさんの車、トラック、バス、バイクに囲まれながら、汗だらだらの僕は時速21Kmという高速でバンコクを目指します。

午後2時過ぎ、バンコクの都市圏内に入ると、道は狭まり、さらに増えた交通量とあわせ、かなり走りにくくなってきました。

ここからゴールのカオサン通りまで、3ヶ月の旅を振り返りながら・・・な~んて感傷に浸っている場合じゃありません(^^;)。気を抜いたら一発で事故です。

信号に阻まれ、路線バスやトゥクトゥクで大混乱の交差点に巻き込まれで、ここからの10Kmを走るのに1時間以上かかってしまいました。写真を撮る余裕もなし。

そんなギリギリの走りを続けていたら、いつの間にやらカオサン通りについていました。

あっけなくこの旅での自転車走行は終了。

11月4日、最初の一泊目を刻んだ日本人宿、「カオサントラベラーズロッジ」に行くと、なんと最初と同じ「D-10」というベッドが割り振られました。

「D-10」で始まった旅は、「D-10」で終わることになったのです。これも運命でしょうか。

3ヶ月前とまったく同じ場所で、ゴールの記念撮影。

荷物の積み方は3ヶ月同じ方法で押し通しました。でも自転車の汚れがスタートの時と一番違いますね。

早速3ヶ月ぶりのカオサン通りに繰り出します。

何も変わってないなぁと思ったのですが、よく見ると少し変わってました。

このお店、何の変哲もないお店ですが、3ヶ月前は改装工事中だったのをはっきり覚えています。

でも3ヶ月程度では変わらないもので、あの焼きそば「パッタイ」の屋台も3ヶ月前とまったく同じ場所で営業してました。

変わってないなぁ、表面的にはそう感じます。

でも、何か違う。

3ヶ月前に僕が感じたわくわく感は、完全に消え去っていました。

つまらない街・・・

何でだろう、同宿の日本人の男の子にこう言われました。

「ここはモノはたくさんあるけど、それ以外のものが何もないですから。」

そうか、変わったのは街ではなく僕のほうでした。

3ヶ月前は東南アジアといえばバンコクしか知らなかった僕も、3ヶ月の間に46の街や村を訪れて、他の街の魅力も知ってしまったのです。

バンコクには、ビエンチャンのようなのんびりさが無い。

バンコクには、ホーチミンのようなエネルギーが無い。

バンコクには、メーサイやムクダハンのようなエキゾチックさが無い。

バンコクには、アンコールのような巨大な遺跡は無い。

知りすぎてしまうというのは、ある意味不幸な事なのかもしれません。僕もそれだけ長い道を走ってきたんだなぁ、今はそのことをゆっくりかみしめています。


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 12

mineja

お疲れ様です、そして、ゴールおめでとうございます。

年末年始にベトナム、その直後出張でインドネシアに行ったにも
関わらず、また旅に出たくなってしまいました。
最近は一箇所滞在型が多いので移動の連続も(キツイけど)魅力ですね。
#でももう体力的に無理かなぁ...
by mineja (2006-02-03 00:17) 

Bigowl

ついに、終わりですか。67枚の写真が一挙貼られた時が、読んでいる私にとって最高潮の時でした。その後終わりが近づくことを意識しながら読んでいました。少しなごり惜しいような気がします。キョウトイこと、キョウサメイこと、たくさんありがとうございました。
by Bigowl (2006-02-03 00:48) 

arkstar

ゴールおめでとうございます。
akoustamさんと一緒に旅した気分になってました。
日本に帰ってきたら、寒さに震えるかも?(^_^;)
D-10は本当に運命を感じますね。
by arkstar (2006-02-03 15:26) 

モンペリエ

ゴールおめでとうございます。後、お疲れさまでした。あっと言うまに3ヶ月が過ぎたのですね。
南ヨーロッパ横断と今回のアジアの旅を実行する行動力は脱帽物です。早く真っ黒に日焼けした元気な顔を見せて下さい。事前に連絡頂ければ成田まで迎えに行きますよ。
by モンペリエ (2006-02-03 16:49) 

akoustam

>minejaさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

自転車は無茶ですけど、バスや鉄道や船を使う旅なら、体力なんて気にせずいつでも出来ますよ。僕は飽きっぽい性格で、次々状況が変化していかないとダメな人間ですから、移動型の旅は一生やめられなさそうです。
by akoustam (2006-02-03 22:35) 

akoustam

>Bigowlさん
コメントありがとうございます。

メコンを過ぎてから、最後はなんか惰性だけの日記になってしまってごめんなさい。もうちょっとじっくり走りながら終わらせた方がよかったかなぁ?

「キョウトイこと、キョウサメイこと」鳥取弁ですね。さすがに親にメールして意味を聞いてしまいました(^^;)。僕ももうちょっと自分の故郷のこと知らないと。
by akoustam (2006-02-03 22:39) 

akoustam

>arkstarさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

今回の旅は色々と運命的というか、偶然のオンパレードでしたね。後は日本に飛ぶだけですが、最後まで事故んないようにしないと。
by akoustam (2006-02-03 22:41) 

akoustam

>モンペリエさん
コメントありがとうございます。

成田に迎えにって、もしかして僕の自転車を、某最大手携帯電話キャリアのキャンペーン什器と一緒に運ぶつもりですか?(^^;)
by akoustam (2006-02-03 22:43) 

自転車旅行記をずうっと拝見してきました。おめでとうございます。
自分もakoustamさんと同じ年です。ぜひともチャレンジしたいと思いましたが、タイのような気候の中を走りぬくのは自分には過酷のような気がします。
自分も真夏に100キロほど走ったことがありますが、夕方になったら体は真っ黒・体力消耗・・・散々でした。
それにしても今回のブログの写真、何度かバンコクに行ったことがある自分には随分懐かしさを感じてしまいました。
バンコク行きたいです!!
by (2006-02-03 22:57) 

店員佐藤

お疲れ様でした。
感動的なゴールでしたね。
旅blogをこうして長期に楽しませてもらえたのはakoustamさんの
演出の上手さもあったんだな、とスタートと同じ自転車の写真を
見て思いました。
by 店員佐藤 (2006-02-04 12:43) 

akoustam

>mountainbike99さん
はじめまして&コメント&ナイス投票ありがとうございます。

そんなことないですよ、32歳でもムリしないで、水分と休憩をしっかり計画的に取っていけば、毎日東南アジアを100Km走るのも十分可能です。

バンコク、今は乾季のいい季節ですから、寒い日本抜け出してゆっくりするのには最適です。
by akoustam (2006-02-04 19:50) 

akoustam

>店員佐藤さん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

文章力無いですからね、せめて写真と構成ぐらいはがんばらないと(^^;)。旅ブログをここまで書けたのは、ひとえに店員佐藤さんをはじめとする読者の方々のおかげです。
by akoustam (2006-02-04 19:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る