So-net無料ブログ作成
検索選択

その一瞬のために… [Sony・Handycam]

既報の通り、SonyよりHDV規格のビデオカメラ、ハイビジョンハンディカムの第3弾、HDR-HC3が発表されました。

さすがに今Sonyで最も元気のいい部門だけあって、常連さん達みんな反応してますね。店員佐藤さんなんてもう買っちゃってるし(^^;)

C-TECバックルーム2「HDR-HC3を早速買いましたよ!」

Sony好きが語るblog「ソニー、ハイビジョンハンディカム「HDR-HC3」発表」

ふろすです「ジョグ発見! ハイビジョンデジカムHDR-HC3、ちっこくていいなぁ。」

Sony Handycam HDR-HC3

2003年3月、ビクターが「世界初の家庭用ハイビジョンビデオカメラ」と銘打って発売したGR-HD1は、家庭用として既に広く普及していたミニDVテープを流用しながら、記録にMPEG-2 TS信号を使用することで、720pでのハイビジョン撮影を実現させたカメラでした。

このMPEG-2 TSで記録するという方式は、当初ビクター独自規格としてスタートしましたが、2003年7月になって、このビクターの規格にSony、Canon、SHARPの3社が合流、規格を拡張して、720pだけでなく、日本のハイビジョン放送で使われている、1080iも記録できるようにして「HDV」という新規格が誕生しました。

その後このHDVは協賛企業を増やしていき、家庭用ビデオカメラ関連の企業では、松下と日立以外のほとんどが集まったので、ハイビジョンビデオカメラの事実上の業界標準になっています。

そしてSonyのHDVビデオカメラ第一号になったのが、2004年10月に登場した、HDR-FX1です。

HDR-FX1は、世界初の1080i記録対応の家庭用ハイビジョンビデオカメラとして登場し、プロ用途の使用にもたえうる、ハンディカムのフラッグシップにふさわしい強力なビデオカメラでしたが、いかんせん値段は高いは、大きすぎるはで、あまり一般家庭に浸透するような製品ではありませんでした。

それからわずか9ヶ月後、2005年の7月になって、3CCDだったHDR-FX1と違って、新開発の1CMOS撮像素子を起用することで大幅な小型化を実現した、HDR-HC1が登場します。

HC1は本体質量680gと、FX1(本体質量2.0Kg)の3分の1まで軽量化し、価格もFX1の40万円から18万円と、十分に家庭用として通用する価格まで下がったことで、昨年空前の大ヒット商品となりました。

そのHC1が今回ついにモデルチェンジ。

より小型化したHC3になることで、さらに幅広い層にハイビジョンカメラが普及していくのはまちがいないでしょう。

では今回登場のHDR-HC3がどんなカメラなのか、詳しく見ていきます。


1.世界最小・最軽量、手のひらサイズに「小型化」「軽量化」したハイビジョンカメラ

前モデルHDR-HC1は71mm×94mm×188mm 本体質量680gと、HDR-FX1にくらべ大幅な小型化が図られていたわけですが、それでも普通のDVカメラ(DCR-HC96:460g)やDVDカメラ(DCR-DVD505:540g)に比較すると、まだ一回り大きいという印象がありました。

それが今回のHDR-HC3はさらなる小型化を実現し、82mm×78mm×139mm 本体質量500gとほぼ普通の家庭用ビデオカメラと同じ大きさに収まっています。ソニスタのHC3のページにあるように、これぞまさにHandycamの象徴「パスポートサイズ」。これで女性でも楽に扱えるレベルになったと言えると思います。

実は見た目の小型化以上に素晴らしいのが、バッテリをおさめる部分。

僕の持っている業務用のHVR-A1Jも、HDR-HC1も、標準添付されている小型バッテリでは、実撮影時間はわずか40分ほど。結局実用的に使うには、別売りの大型バッテリを使用するしかありません。ところが最も大きいバッテリを使うとこんなことになってしまいます。

HVR-A1JにNP-QM91Dを装着した姿。

これでは、ビューファインダーを覗くのも一苦労、僕も液晶モニターで撮影することのほうが多くなっています。

そこでHC3ではバッテリケースを奥まったところに設けることで、最大バッテリをつけても出っ張らないよう工夫されています。

こういう細かいところの芸は、さすがSonyのHandycam部隊だなと思いますね。

 

2.新開発「クリアビッドCMOSセンサー」搭載でさらなる高画質記録を実現

1月23日発表の新DVDハンディカムDCR-DVD505に搭載された、新開発CMOS撮像素子「クリアビッドCMOS」が、HC3にも起用されてきました。

このクリアビッドCMOS、従来のイメージセンサーが画素を単純な格子状に並べていたのに対し、画素を斜め45度に回転配列することで、一画素の面積を拡大し、画素間の信号補間によって実画素の倍密度の静止画を生成できるようになっています。ちょうど似たような技術に、フジフィルムの「スーパーハニカムCCD」がありますね。

このクリアビッドCMOSにより、暗い光にも追従できるようになるため、HC1の最低照度15ルクスより、4ルクス向上の11ルクスを実現。大型のCCDを3枚使用するFX1の最低照度6ルクスには及ばないものの、HC1の弱点の一つ「暗いところに弱い」という部分が改善されています。

当然CMOSですから、CCDでは原理的に発生してしまうスミアもなく、ラティテュード(許容範囲)が広いので、多少適当な撮り方でも画が破綻することが少ないという特長もそのままです。

またCMOSの高速読み出しの能力をいかして、テープで動画を撮影している最中でも、シャッターボタンを押すとメモリースティックに230万画素で静止画を記録できる、という離れわざもやってのけます。

もちろん僕が東南アジア旅行で大活用した「とりあえすテープでハイビジョン動画を撮っておいて、後で再生させながら120万画素の静止画を起こす」という便利技も健在です。

もう一つ高速読み出しをいかした機能が「なめらかスロー」。

通常毎秒30コマ/60フィールドで記録している1080/60iの規格ですが、その規格の4倍の毎秒120コマ/240フィールドで記録することで、3秒の動画を12秒までのばしたスロー記録が出来るようになっています。お父さんのゴルフのフォームチェックに最適?

 

3.HDMI端子を新搭載

旧機種のFX1やHC1は、撮影したハイビジョン映像をアナログのD端子か、PCとの親和性が高いiLinkから出力していましたが、これからテレビへのデジタル出力はHDMIが主流になるのは間違いない、ということで本体にHDMI端子も装備してきました。

HDMIは音声信号も伝送できるので、ケーブル一本で全て事足りますから、機械の苦手な女性でも楽々つなげると思います。

またHC3側に高性能なダウンコンバート機能があるので、フルHD対応のテレビじゃなくても綺麗に映すことが可能なようです。

 

4.人間工学的に配慮したデザインと、分かりやすくシンプルな操作性

実際にハンディカムのような小型ビデオカメラを、顔の前に構えたことの有る方ならおわかりになると思いますが、手持ちで撮影するとき人間の手首は地面に対し垂直にならないため、グリップがレンズと平行だと少し手を曲げねばならず、手首に負担がかかることになります。

それを軽減するためにグリップに7度の傾斜が付いているわけですが、ここらへんのグリップ周りなど、非常に細かい気遣いがされているのが、ハンディカムの特長でもあります。

本体カラーは2色展開。しかも2色で外装パーツを共有しているのは15%しかなく、残りの85%はそれぞれ独自のパーツを使用するという贅沢設計には驚きました。

 

5.2.7型ワイド液晶モニター「クリアフォト液晶プラス」搭載

この液晶モニターにHC3が狙うターゲット層というのが如実に表されています。

前モデルのHC1は、電子ビューファインダーが25万ドット・液晶モニターが12.3万ドットと、ビューファインダーの方が解像度が高いのに対し、今回のHC3は、電子ビューファインダーが12.3万ドット・液晶モニターが21.1万ドット(しかもクリアフォト液晶プラス)と液晶モニターのほうが解像度が高くなっています。

実際にA1Jを使ってわかったのですが、ハイビジョンの場合、今までのカメラより解像度が高いため、その性能をいかすには、今までより正確なピント合わせが要求されます。ですから、HC1でほんとに完全なピントをとるには、より解像度の高いビューファインダーを使った方がいいということになります。

そのためHC1には、テープが回っていないときに、一時的に映像を2倍に拡大して、より正確なピントの確認がとれる「拡大フォーカス」機能というものまでついていました。

しかしHC3が狙うのは、より手軽にビデオカメラを使う層。ビューファインダーよりも液晶モニターを使って撮影することが多いはず、その結果が、ビューファインダーと液晶モニターの解像度の逆転という形であらわれたわけです。ここらへんもよく研究してるなぁと感心してしまいました。

そして操作の中心になるのが液晶モニターでのタッチパネル操作。

最近のハンディカムでは標準になりつつあるこのタッチパネルですが、画面のタッチした場所にピントを合わせる「スポットフォーカス」、タッチした場所に露出を合わせる「フレキシブルスポット測光」など、実際使ってみると便利なことこのうえありません。

特に初心者には非常にわかりやすい操作性になっているので、これもターゲット層にぴったり合ってると思います。

 

6.マニュアル操作でこだわりの撮影にも対応

残念ながらスペースの関係か、HC1にあったマニュアルリングは無くなってしまいましたが、そのかわりというのか「カメラコントロールダイヤル」という名称で、ジョグダイヤルを付けてきました。このコントロールダイヤルをつかうことで、マニュアルフォーカス、マニュアル明るさ調整、AEシフト、WBシフトなどのマニュアル操作も可能になっています。

さすがに「絞り(アイリス)」「NDフィルター」「ゲイン」が独立して調整できず、「明るさ」の一点に集約されちゃってますが、HC3を買う人々がそんな細かいマニュアル操作を要求するわけないので、これで問題ないでしょう。その割に「ヒストグラム表示」もちゃんとついているなど、僕のような小うるさいタイプのユーザーにもちゃんと応えようとしているのが泣かせます。

その他HC1から受け継いでいる便利機能として「ナイトショット」「テレマクロ」があります。

特に「テレマクロ」」はよりボケやすいテレ端を使ってマクロ撮影することで、被写体をより強調した撮影ができるので、僕も重宝しています。

これはベトナムで撮った唐辛子。テレマクロの効果がよくでています。

 

このようにHC3を見てきたわけですが、不満点といったら、HC1に続いてワイド端が41mm(35mm換算)とちょっと不足気味なので、ワイコン必須なこと、かつテレ端ではF2.1→F2.9と多少暗くなってしまっているレンズ部分と、インフォリチウムPシリーズを起用したため、Mシリーズを使うHC1や、Lシリーズを使うFX1とバッテリ周りが共用できないことぐらいでしょうか。

それ以外は家庭用ビデオカメラとしては、完璧じゃないかと思えるぐらいすごいビデオカメラです。

この春のハンディカムは、DVのDCR-HC96、HDDのDCR-SR100、DVDのDCR-DVD505、HDVのHDR-HC3と、豪華フルラインナップとなっていますが、
その中でどれがおすすめか?

安さのHC96か、

メディア交換不要のSR100か、

取り扱い手軽なDVD505か、

ハイビジョンのHC3か、

各機種ともいいカメラではありますが、今日は僕はあえて断言させて頂きます。

HDR-HC3が100%おすすめ。

皆さんの中には「今更テープ?扱いめんどくさいし」とか「ハイビジョンで撮っても、見るテレビも、編集出来るPCも無いし…」という方も多いと思います。

本体の値段も高いですし、来年になったら同じハイビジョンでもBlu-rayハンディカムなんて出てくるかもしれませんし、そもそもハイビジョンなんて本当に必要なの?という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、今回の東南アジア旅行にハイビジョンカメラを持って行って、つくづく思い知らされました。

「人間の人生には巻き戻しがきかない。その瞬間しか撮れないものがある。」

ということに。

今はまだテレビや編集機といった周辺部分が不十分でも、記録して残しておきさえすれば、将来どうとでも出来ますが、旅行でも、お子さんの成長記録でも、何気ない街角の風景でも、どんな被写体を撮影するにしても、後戻りして「もう一回」はありません。

そう、唯一「撮り直す」ことだけはできないのです。

だからこそ、まずは撮ることに最高の力を注ぐのがいいと思うのです。そのために「ハイビジョンビデオカメラ」という撮影手段は非常に有効です。

HDR-HC3なら、最高の瞬間を最高の形で「残す」ということの楽しさを、皆さんが存分に味わえると思います。

 

今しかないその一瞬のために…


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 6

店員佐藤

ご紹介、ありがとうございました。
先ほど、実機をさわらせてもらってきました。

最初の印象はやはりサイズがえらい小型化されているって
感じなんですが、撮影を始めて一番感じたのは液晶モニタの
解像度がやたら高いこと! うぉ!ハイビジョンで撮影してる!
って思えまくりでした。

詳しくは、また後ほど。。。(^_^)v
by 店員佐藤 (2006-02-22 16:15) 

はまちゃん

この小型化には、バッテリーの配置の仕方が工夫されてますね。
またクリアビットCMOSセンサーもなかなか凝ってますね。
ハイビジョン画質って、皆、声をそろえて絶対おすすめって感じですよね。
将来振り返ってビデオ観た時、ハイビジョンで撮っておいて良かったって
ことになるんでしょうね。これは確だと思います。(^。^)
やや高いですけど、その瞬間場面は、その時だけしかないですしね。
by はまちゃん (2006-02-22 23:33) 

akoustam

>店員佐藤さん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

いいな、いいな、店員佐藤さんはもうHC3触ってきたんですね。僕もまた銀座にいって触ってこなきゃ。

本文中にもありますが、ピント管理のためにも液晶モニタは高解像度である必要性が高いですからね、Sonyもちゃんと考えてるなぁと思いました。
by akoustam (2006-02-23 02:21) 

akoustam

>はまちゃん
コメント&ナイス投票&TBありがとうございます。

このバッテリーの収納の仕方を知った瞬間は「やられた~」と思いましたよ。バッテリが出っ張るのは、A1J(HC1)の弱点の一つだとずっと考えてましたから。

HDVはテープということで、編集とかPCへの取込とかが面倒じゃん、と敬遠されている方もたくさんおられると思いますが、どんなに面倒でも「ハイビジョンで撮影しておく」という安心感は、最高の画質で残しておきたいと考える人間には、なにものにも代え難いものです。

「今この瞬間を大切に残すためだよ」

HC3を周りにすすめするときには、これが決め台詞になりそうです。
by akoustam (2006-02-23 02:28) 

floss

「今この瞬間を大切に残すためだよ」
心得ました。周りの人に、言いまくります(*^_^*)
記事紹介していただきありがとうございました。
HDR-HC1からの買い換えを思いとどまるようにakoustamさんに諭され、またまた悩み続けているふろすです。
リプレイスは無理? 「この瞬間」は2つのカメラを同時に回せないです・・・
普段は高級車、街乗りは普通車、みたいな贅沢がしてみたいですが いかんせん資金が・・。・・・まだまだ悩み中です。
by floss (2006-02-25 16:40) 

akoustam

>ふろすさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

二つ同時に回すというか、「FX1ほどではないが、マニュアル的なじっくり画作りを楽しむこともできるHC1」と、「その軽さとフルオート的な使い方で、機動力とシューティングチャンスを逃さないことを楽しむHC3」という明確なキャラクタの違いが、「HC1からHC3への買い替え」をおすすめしない理由ですから、ふろすさんがもともと機動力重視ならHC3に替えても大満足できると思います。
by akoustam (2006-02-26 01:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る