So-net無料ブログ作成
検索選択

Sony αは初年度から交換レンズを20本以上発売! [Sony・α]

ここ数日、PS3とかSonicStageCPとかVAIO type Uの噂(笑)に気をとられてチェックを忘れていたのですが、密かにすごいことが表明されていました。

Sonyのデジタル一眼レフカメラ「α」ブランドサイト

4月20日に開設されたこのスペシャルサイトに、5月9日になって新しいコンテンツとして、α事業を担当するAMC事業部の事業部長、Sonyの勝本徹氏の談話が掲載されました。

その名も、

デジタル一眼レフカメラの“真打ち”を目指す

この勝本徹氏、AMC事業部の前は、同じデジタルイメージング事業本部で「FR事業部」を率いていました。FRは「フリー」を意味し、今までの枠に捕らわれない自由(フリー)な発想でカメラを作るという使命を負っていたのです。このFR事業部が生み出したCyber-shotがこれ、

デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-M1

MPEG-4動画撮影に軸足を置いたムービーサイバーショットです。

しかし、コニカミノルタとの提携が決まった(当時)昨年夏、FR事業部は廃止され、勝本氏はデジタル一眼レフを開発するために新設された、AMC事業部に事業部長として異動することになります。

あれから約一年、コニカミノルタのカメラ事業撤退=Sony単独でのデジタル一眼レフ参入という荒波を乗り越え、まもなく登場するSonyの「α」ですが、今までミノルタ時代から築き上がられてきたレンズ資産を受け継ぐのはいいとして、果たしてSonyとしてαマウントの新レンズを開発するのか、注目が集まっていました。

今までSonyとしては、公式には「αマウントの新レンズを出す」とは言ってこなかったのですが、このブランドサイトでついに勝本氏がこの件に対する見解を表明しています。

>一眼レフカメラは、レンズとアクセサリーを含めたシステム全体が一つの商品です。2、3本の交換レンズとボディーを出しただけでは、とても一眼レフカメラの文化とは呼べません。私たちは、この夏の発売後初年度で、交換レンズ20本以上をご提供していくことを計画しています。

な、な、なんと、Sony開発のαマウント新レンズを出すどころか、初年度だけで20本もの新レンズを提供するというのです。

こうなると単純に売れ筋のズームレンズだけでなく、単焦点とかマクロとか超望遠といったレンズも、新開発でラインナップしてくるのは間違いないと言うことになります。

これは正直驚きました。

過去のミノルタレンズはデジタル専用があまり無いので、いくつかはデジタル専用レンズもSonyが作らなくてはいけないかな、とは僕も思っていたのですが、20本となるとミノルタのレンズ資産抜きで、Sonyレンズだけで立派に一眼レフカメラのシステムとして成り立つ規模になります。

これでは開発費用だけでも相当な額になるはずなのに、それをやろうというのですから、Sonyのデジタル一眼レフカメラへの意気込みは想像以上に強いということです。その意気込みのままに、もしこれらの新レンズが、あの「カールツァイス」しかも「T*」とかだったら、カメラ愛好家の方々もかなり注目するのではないでしょうか。

談話のその他の部分を読んでいくと、

>いつか一眼レフカメラメーカーの誰もが認める実力者の仲間入りをしたいという私たちの決意を込めています。

>製品を作っていく上では、伝統芸能である落語の担い手のように、一眼レフカメラの伝統と文化を尊重し、一眼レフカメラのお客様が本質的に望んでいる性能や期待値にしっかりと応えていくという基本方針を堅持しようということ。

>その上で、ソニーならではの「チャレンジ」を少しずつ加えていきたいと考えています。

というように、どうやら一号機はかなりオーソドックスなカメラになりそうな雰囲気ですが、Sonyはコニカミノルタの資産を活かしつつも、αをSonyの本格一眼レフカメラシステムとして育てていくということなのでしょう。

CanonやNikonという伝統ある大手との直接対決は避けて、トリッキーな方向でニッチな市場を取りに行くのかと思いきや、真っ正面から挑みかかるとは、成功して欲しいと思う反面、ライバルが超強力だけにちょっと心配です。

この夏のSony αはいったいどんなものになるのか、ますます楽しみにはなってきましたが、さぁどうなるか。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 6

Virgo

もしかしたら、個人的にはPS3より余程、このαのための資金繰りが怖いです。嬉しい悲鳴?というか、過去のα資産もちゃんと運用して欲しいですね。
by Virgo (2006-05-11 03:46) 

akoustam

>Virgoさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

ボディに交換レンズ何本か、フラッシュとかの周辺揃えてたら、とても7万じゃ収まりませんからね。一眼は金かかる…

デジタル専用ではなくコニミノの銀塩αでも使えるレンズだと嬉しいですけど、さすがにそれは無理かなぁ。
by akoustam (2006-05-11 09:58) 

arkstar

最初はSONYがレンズ製造は・・・って言葉を濁していましたが、
初年度で20本っていきなり勝負してきましたね。
高倍率ズームレンズとかだとデジタル一眼専用レンズになるんじゃないかと思うのですが、
マクロレンズとか魚眼レンズとかの特殊用途レンズは、
ハイを広げる為にも銀塩/デジタル兼用になるんじゃないかと思います。
by arkstar (2006-05-11 12:23) 

Riever

コニカを統合したソニーですが、いきなり勝負に出ましたね。レンズを20本も出す発表をするとなると、相当な意気込みのようです。
ですが本格カメラ会社のNikon、Canonに並ぶ企業になるのでしょうか。
「一眼レフならソニーだ」という時代が来るといいと思います。
by Riever (2006-05-11 18:08) 

akoustam

>arkstarさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

これ最初っからSonyでやるって決まってたんですかね?もしかしたらコニミノで開発途中だったデジタル専用レンズを、プロジェクトや技術者丸ごと引き取った合計で20本になったとかじゃないかと…そう考えてしまうくらいすごい驚きでした。

20本ならフィッシュアイとかも出してきそうですね。それで銀塩/デジタル共用レンズだったらコニミノユーザーも万々歳ですが。
by akoustam (2006-05-11 19:08) 

akoustam

>Rieverさん
コメントありがとうございます。

一眼レフカメラに初参入するメーカーが、最初の一年間で20本もの交換レンズをラインナップするなんて聞いたことありません。コニミノの技術者さんを引き取ったおかげか、これがSonyの底力なのか、とにかくえらいこっちゃですよ。

でもさすがにCanon、Nikonは別格だと思います。歴史も蓄積されてるノウハウも桁違いですから。Sony、Panasonicは一定のポジションは得られるでしょうが、さすがにトップクラスになるのは困難じゃないですかね。
by akoustam (2006-05-11 19:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る