So-net無料ブログ作成
検索選択

徐々に見えてきたぞ。 [Le Tour de France 2006]

ツール・ド・フランス、第7ステージは前半戦最大の勝負どころ、52Kmの個人タイムトライアル。個人タイムトライアルは、集団で走る通常ステージと違って、選手一人一人の力が試されるため、場合によっては大きな差がつく可能性もあり、総合優勝を狙う選手はここで遅れるのは致命的になります。

バッソ、ウルリッヒ、バルベルデと優勝候補が次々消えていく中、今年のツールを誰が制するのか。今日上位に食い込んでくるレベルの選手は、十分有力候補と見ていいと思われるので注目。

で蓋を開けてみると、勝利したのは。

J SPORTSより

T-Mobileチームのウクライナ人、セルゲイ・ゴンチャールでした。

しかも2位のランディスに、1分以上の差をつける独走の勝利。タイムトライアルを得意とする選手とはいえ、この結果で総合トップ、マイヨ・ジョーヌまで着ることになりました。

今日のステージ終了時で、2位にランディス、6位にクレーデン、7位にカルペッツ、8位にエバンス、9位にメンショフ、12位にモロー、17位にヒンカピーと、総合争いの状況が徐々に見えてきました。

ただしCSCの有力選手ボビー・ジュリックが、落車で怪我をし消えてしまったのは予定外でしたが…

 

さぁて、今日のオスカル・ペレイロは2分41秒差の23位。総合でも18位に上がってきました。このままピレネー・アルプスの山岳ステージに突入していくと、もしかしたらかなり期待できる?いやマジでいけるよ~。

今年は崖に落ちないで総合争いだ!

■第7ステージ結果

1位 セルゲイ・ゴンチャール(ウクライナ、Tモバイル)     1h1"43'
2位 フロイド・ランディス(アメリカ、フォナック)       +1"01'
3位 セバスティアン・ラング(ドイツ、ゲロルシュタイナー)   +1"04'
4位 マイケル・ロジャース(オーストラリア、Tモバイル)    +1"24'
5位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、フランセーズデジュー)                                 +1"34'
6位 パトリック・シンケウィッツ(ドイツ、Tモバイル)     +1"39'
7位 マークス・フォーテン(ドイツ、ゲロルシュタイナー)    +1"42'
8位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、Tモバイル)      +1"43'
9位 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)         +1"44'
10位 ヨースト・ポストゥーマ(オランダ、ラボバンク)     +1"45'

■個人総合成績

1位 セルゲイ・ゴンチャール(ウクライナ、Tモバイル)    30h23"20'
2位 フロイド・ランディス(アメリカ、フォナック)      +1"00'
3位 マイケル・ロジャース(オーストラリア、Tモバイル)   +1"08'
4位 パトリック・シンケウィッツ(ドイツ、Tモバイル)    +1"45'
5位 マークス・フォーテン(ドイツ、ゲロルシュタイナー)   +1"50'
6位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、Tモバイル)     +1"50'
7位 ウラディミール・カルペツ(ロシア、ケスデパーニュ)    +1"52'
8位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、ダビタモン・ロット) +1"52'
9位 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)        +2"00'
10位 デイヴィット・ザブリスキー(アメリカ、CSC)     +2"03'


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る