So-net無料ブログ作成
検索選択

逃げ切り第一号はカルザティ! [Le Tour de France 2006]

ツール・ド・フランス、第8ステージはサン・メアン・ル・グランからロリアンまでの181Km平坦コース。しかし明日は休養日で一発勝負をかけやすくなりますし、昨日の個人TTである程度のタイム差がついたので、タイトルに関係ない選手が逃げた場合、集団が追わない可能性もあるので、大逃げが成功するかもしれませんでした。

そして、今日の逃げチャレンジャーは、ケスラー、ザブリスキー、カルザティ、アールツ、カールストロム、アルガンの6人。

しかし「タイトルに関係ない選手が逃げた」場合のはずが、総合10位のザブリスキーと11位のケスラーがいる、という微妙な力関係が逃げチームに影響を与えます。

6人で逃げてゴール勝負するのか、逃げチームを振り払って独走優勝を狙うか、逃げを妨害して集団ゴールに持ち込むか。各選手、各チーム、様々な思惑が交錯する中、残り32Kmで大勝負にでて飛び出したのがアージェドゥゼルのシルバン・カルザティ。

そして勝利の女神は、このカルザティの勇気に微笑みます。

J SPORTSより

第8ステージにしてついに大逃げが成功。2位に2分以上の差をつけてカルザティの勝利です。

総合には影響なしのまま、ツールは休息日へ。休息日があけ、まずはピレネーへ。ツールもさらに盛り上がっていきます。

■第8ステージ結果

1位 シルヴァン・カルザッティ(フランス、アージェードゥーゼル) 4h13'18"
2位 キェール・カールストローム(フィンランド、リクイガス)    +02'05"
3位 パトリス・アルガン(フランス、クレディアグリコル)
4位 ロビー・マキュアン(オーストラリア、ダヴィタモンロット)  +02'15"
5位 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、ランプレフォンディタル)
6位 エリック・ツァベル(ドイツ、ミルラム)
7位 ベルンハルト・アイゼル(オーストリア、フランセーズデジュー)
8位 ルーカ・パオリーニ(イタリア、リクイガス)
9位 トム・ボーネン(ベルギー、クイックステップ)
10位 ダヴィト・コップ(ドイツ、ゲロルシュタイナー)

■個人総合成績

1位 セルゲイ・ゴンチャール(ウクライナ、Tモバイル)      34h38'53"
2位 フロイド・ランディス(アメリカ、フォナック)        +1'00"
3位 マイケル・ロジャース(オーストラリア、Tモバイル)      +1'08"
4位 パトリック・シンケウィッツ(ドイツ、Tモバイル)      +1'45"
5位 マークス・フォーテン(ドイツ、ゲロルシュタイナー)      +1'50"
6位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、Tモバイル)        +1'50"
7位 ウラディミール・カルペツ(ロシア、ケスデパーニュ)     +1'52"
8位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、ダビタモン・ロット)  +1'52"
9位 デイヴィット・ザブリスキー(アメリカ、CSC)        +1'53"
10位 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)          +2'00"


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る