So-net無料ブログ作成

嵐の前の静けさ…って嵐が起こるのか? [Le Tour de France 2006]

ツール・ド・フランス、第18ステージはモルジィヌからマコンまでの197Km、アルプスを抜け、最後の通常平坦ステージ、1位から3位までのタイム差が30秒という稀に見る大混戦は、明日の個人タイムトライアルまで、その決着をもちこすでしょうから、今日のステージそのものは逃げ合戦になると思われました。

結局逃げて勝ったのは、クイックステップのマテオ・トザット。問題の上位三人は動き無く、同じタイム差のまま明日を迎えます。これはやはり嵐の前の静けさということなのでしょうか、いやそれ以前に明日の個人タイムトライアルで、ランディスが敗れるような大波乱が起こるとは考えにくいのですが。

1位のペレイロ

2位のサストレ

3位のランディス

J SPORTSより

■第18ステージ結果

1位 マッテーオ・トザット(イタリア、クイックステップ)      4h16'15"
2位 クリスティアン・モレーニ(イタリア、コフィディス)
3位 ロニー・ショルツ(ドイツ、ゲロルシュタイナー)      +00'02"
4位 マヌエル・クインツィアート(イタリア、リクイガス)    +00'47"
5位 セバスティアン・イノー(フランス、クレディアグリコル)  +01'03"
6位 ジェローム・ピノー(フランス、ブイグテレコム) 
7位 シルヴァン・カルザッティ(フランス、アージェードゥーゼル)
8位 ブノワ・ヴォグルナール(フランス、フランセーズデジュ)
9位 イニャキ・イサシ(スペイン、エウスカルテル)
10位 エゴイ・マルチネス(スペイン、ディスカバリーチャンネル)

■個人総合成績

1位 オスカル・ペレイロ(スペイン、ケスデパーニュ)     84h33'04"
2位 カルロス・サストレ(スペイン、CSC)             +00'12"
3位 フロイド・ランディス(アメリカ、フォナック)        +00'30"
4位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、Tモバイル)       +02'29"
5位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、ダヴィタモン・ロット)   +03'08"
6位 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)          +04'14"
7位 シリル・デッセル(フランス、アージェードゥーゼル)     +04'24"
8位 クリストフ・モロー(フランス、アージェードゥーゼル)    +05'45"
9位 アイマール・ズベルディア(スペイン、エウスカルテル)     +08'16"
10位 マイケル・ロジャース(オーストラリア、Tモバイル)     +12'13"

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る