So-net無料ブログ作成

NOKIA N71(Vodafone 804NK) Review 開梱篇 [携帯電話・NOKIA]

僕は仕事用としてNTT DoCoMo(端末:SO902i)、プライベート用としてVodafone(端末:NOKIA 6630(702NK))、VAIOモバイル用としてWILLCOM(端末:AX420N)と、携帯電話を3回線持っていますが、8月12日に待望のNOKIA N71ことVodafone 804NKが発売になったので、1年8ヶ月ぶりにVodafoneの機種変更を行いました。

恐らくこれが最後のVodafoneブランドの端末になると思いますが、箱はVodafoneらしく真っ赤です。とりあえず開梱しますと、NOKIAらしく付属品が沢山入っています。

上段左から説明書、NOKIA PC Suite(同期ソフト)のCD-ROM、中段は左からACアダプタ、PC接続用USBケーブル、マイク付きステレオヘッドフォン、イヤーパッド、804NK、下段はVodafoneのガイドブックや注意書きのペラ紙類です。

日本の携帯電話はPCとの接続がまるで考えられていないので、同期ソフトやケーブルは別売りがほとんどですし、ステレオヘッドフォンにいたるまで入っているという親切さは、前のNOKIA 6630(Vodafone 702NK)で経験済みとはいえ、さすがNOKIAだと思いました。

っていうか日本の携帯電話が不親切極まりないだけですが…

ただし取扱説明書が初歩的な内容しか載っておらず、ほとんど役に立たないのも相変わらず。

ACアダプタは、NOKIA端末でほぼ統一されているので、702NKと一見同じように見えますが(左804NK用、右702NK用)、

プラグの直径が変わったので使い回しがききません(左804NK用、右702NK用)。

実は海外の本家NOKIA N71のパッケージには、この細いプラグを今までの太いタイプに変換するためのプラグアダプタが入っているのですが、804NKには入っていません。

ちなみにACアダプタ端子は、ヒンジ下のデータケーブル接続端子隣にあります。日本の携帯電話には見られない配置ですね。

データケーブル端子の下には、miniSDスロットがあります。

日本の携帯電話の場合、このスロットカバーがゴムで出来ていて、経年劣化から変色したり、素材が伸びて、きっちり閉まらなくなるなど、いかにもコストダウンな出来になっている端末が多いですが、こういうところ手を抜かないのがさすがです。

付属のメモリーカードはビックリの128MB。そのかわりなのかmini→SDへのカードアダプタが別売なのは、ちょっとちぐはぐな感じがします。

もともとストレート型が得意で、折りたたみ型のラインアップが少ないNOKIAですが、全体のデザイン・質感は、やっぱりNOKIAだなと感じます。

画面周りのアルミ素材の高級感とか、

カメラ周りも鏡面仕上げのアルミが配されています。

その他NOKIAらしい設計になっているのが電池パック。一見裏フタと一体化して、互換性が無いように見えますが、

ちゃんと裏ブタと電池パックが分離して、702NKと同じ「BL-5C」であることがわかります。

NOKIAは世界中であれだけの種類の端末を出していますが、電池パックは数種類しかなくて、折りたたみでもストレートでもスライドでも、同じ電池パックが使い回せるのがほとんどです。

こういう細かい部分が、毎回毎回電池パックのカタチが変わる日本メーカーとの、根本的なコスト競争力・デザイン力(工業デザインとは格好を良くすることではなく、こういう生産性の良さまで考慮して設計できるところに、デザイナーの真の力量があらわれます。)の違いを感じます。日本は遅れてる…。

もう一つ面白いと思ったのは、SIMカードスロット。

SIMカードを入れても、バネで常時出っ張った状態になっていて、

電池パックをはめ込んで、初めてSIMカードが所定の位置に固定される設計になっています。

これだと電池パックを開けるだけで、すぐSIMカードを取り出せる状態になっているので、楽にカードを取り替えられるわけです。いやはや、よく考えられていること。

海外の携帯電話は、電源スイッチが独立して存在するのが当たり前なわけですが、804NKはこんなところにあります。

これはさすがに押しにくい。

左側面に赤外線ポート、ボイスタグ(音声呼び出し)ボタン、ストラップホールのように見えるスピーカがあります。

702NKとキー配置は違いますが、各ボタンのアイコン、インターフェースは全く変わっていないので、説明書抜きで簡単に動かせます。

キーバックライトがホワイトなのも702NKから引き続き、高級感があります。

折りたたみのヒンジが二段階でストップがかかるのは、最近のシャープ端末に見られるタイプですね。ただヒンジの剛性感・高級感はいまいち、やっぱりNOKIAはストレートの方が得意なのかなぁ。

液晶は待望のQVGA(240×320ドット)化されて、かなり明るく綺麗な液晶になったので、非常に見やすくなりました。ある意味NOKIAっぽくないかも(^^;)。

今回の804NK、搭載されているSymbianOS+S60プラットフォームが、セキュリティに厳しい3rd Editionになったので、ネイティブアプリの数が少なく、今のところインストールが702NK/702NK IIのように自由に行えない状況にありますが、将来的には3rd Editionが当たり前になるでしょうから、ネイティブアプリの数が増えるのを気長に待ちたいと思います。

あとはネイティブアプリ無しでも、使いやすくて楽しいNOKIA端末ですから、今回も満足度は高いです。

これから徐々にカスタマイズしていこうっと。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 6

Virgo

NOKIAって、auユーザーには馴染みがないので新鮮です。

デザイナーの腕の見せ所満載ですね、日本のインハウスデザイナーは既にデザイナーではなくデザインに関わる会社員として飼い慣らされてるか、もしくは意見はあるんだけど、闘うぐらいなら二流のフリーになるかのどちらかが大勢を占めてると思います。

物事を突き詰めるってのは恐らくいざこざの連続のはずなんですよね。本当は。
ただ、我を張るでもなく、いいものを造るというのはどの業界でも難しいです。
by Virgo (2006-08-19 01:27) 

arkstar

NOKIA=ストレートって印象があるので、折りたたみは新鮮ですね。
外観がちょっとシャープにも似てる?って思ってしまいました。

MNP始まったら、au→ソフトバンクも良いかな?なんて思い始めてたり(^_^;)
NOKIA使ってみたいなぁって感じなんですよね。
by arkstar (2006-08-19 09:53) 

武蔵

最後かもしれないボーダホンブランドの記念の箱絶対にプレミアムになりますね。
僕も機種変更しようかな?
by 武蔵 (2006-08-19 11:44) 

akoustam

>Virgoさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

Vodafone(Softbank)は、どうしようもないキャリアですが、NOKIAはやっぱり素晴らしいです。機能的には色々と制限も付いてしまっていますが、全体の雰囲気というか出来に関しては「世界最大の携帯電話メーカー」の底力を感じます。

日本の工業デザイナーは「スタイリング」と「デザイン」を間違えている人多いですよね。かっこを良くするのがデザイナーの役割ではないのですが…
by akoustam (2006-08-21 09:41) 

akoustam

>arkstarさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

NOKIAはいいんですけどねぇ。なにせキャリアの方がひどいんで、auから変える価値があるのやら。どうせならSIMフリーのNOKIAブランド版にします?かなりの高額になっちゃいますけど(^^;)
by akoustam (2006-08-21 09:45) 

akoustam

>武蔵さん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

何やらSoftbank Mobileのイメージカラーはシルバーになるようですが、箱もシルバーになるのかな?
by akoustam (2006-08-21 09:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る