So-net無料ブログ作成

Flying! [中米コスタリカのんびり小旅行記]

僕が今いるコスタリカのモンテベルデ地区は、熱帯雲霧林という広大な森で出来た山岳地帯となっています。

そこは歴史的な理由から私有地が大半を占めており、いわゆる国立公園とは違って、個人や企業やいわゆるNPOなどが自然を保護・管理しています。

なので、この自然をそのまま利用して、保護しつつも観光地として開発・利用する企業も出てきます。

そんな「森林テーマパーク」の一つに今日は行ってみました。

前日に宿で40$のツアーに申し込んでおくと、朝8時に迎えのワゴンが来ます。それからワゴンに揺られること約20分、Selvatura社の運営する「Selvatura Park」に到着。

早速「Walk Way」と呼ばれるアトラクションに参加です。

アトラクションと言っても、基本は熱帯雲霧林の中を森林浴をしながらゆっくり歩くだけ、道はトレイルなどではなく、きっちり管理された誰でも歩ける道になっています。

これの何がすごいのか、このアトラクションただの道と違って、3Kmの道のりの途中に何本もつり橋が架かっています。

これがまたえらく高いところに架かってまして、まるで森の上を歩いているような感覚に陥るほどなんです。

8本あるつり橋のうち、最も高いやつだと眼下に見える小川の水面から60m!

下をみると足がすくみます。

その分本来は下から見上げるしかない森の上のほうも、水平に眺めることが出来るので、

野鳥や昆虫などと遭遇しやすくなるというわけです。

中には尾根と尾根を結ぶような長いつり橋もあって、

木の上にある花や実も手に取るように近くにいけます。

もちろん橋でない場所でも森を存分に楽しめまして、ジャングルのように木に囲まれてしまったり、

木々の間から空を見上げてのんびりしてみたりしました。

3時間弱歩いて「Walk Way」は終了。深い森の力に癒されるような気分でした。

 

が、これは今日のアトラクションの前半部分。午後からはもう一つのアトラクションが始まります。

そのもう一つのアトラクションとは、「Canopy Tour」。名前だけ聞くと何をするのやらですが、その中身とはこれ。

森の中をワイヤーが張り巡らせてあり、木から木へ滑車を使ってジェットコースターのように滑り降りる、というスリル満点の遊びなのです。

滑り方の講習を受けたら、早くも一本目のワイヤーをスタート。さすがに最初は50mほどの短い移動で慣らしていきます。

この滑る途中のすばらしい景色、ハイビジョンで残したいところでしたが、スピードや姿勢のコントロールに両手を使うため(革製のグローブでワイヤーをつかむことで減速させる)、カメラを構えることが出来ず、滑る前後にCyber-Shotで撮影するのが限界でした。

しかしある程度進んでくると、ものすごい場所があるもんで、

なんと向こうの尾根まで、600mの滑走しろというのです。上の写真で木のトンネルの向こうにある森がゴール地点。こうなるとワイヤーに吊られている自分から地面までは高さ150m以上!!!滑走中は完全に空を飛んでる気分です。スキーのリフトなんてもんじゃなく、ケーブル一本で体は宙に浮いてしまっているのですから。

ワイヤー滑走以外にも「Tarzan Swing」という振り子式のジャンプをさせられたり、高所恐怖症の人だと絶対不可能な遊びもあります。

このワイヤー移動、もともとは研究者が森の中の移動手段としてはじめただけあって、さっきのつり橋よりさらに高い地点に立つことが出来、あまり見えなかった野鳥も近くに見えるようになってきます。

そして僕には幸運が待っていました。ワイヤー滑走も終わりが近づいたころ、ガイドの一人が「あそこにケツァールが留まってるよ」と教えてくれました。ケツァールとは幻の鳥とも呼ばれ、手塚治虫氏の『火の鳥』のモデルになったと言われる美しい鳥のこと。よく目を凝らして木を見ていたその瞬間、ケツァールは飛び立ちました。

見たこともないような鮮やかなエメラルドグリーンの背中が僕の目にはっきりと映ります。

あまりの美しさに僕もただただ呆然。写真に収めることもせず、眺めるのが精一杯でした。

てなわけで写真がないので、ネットで探してきた画像でその姿をご覧ください。

幻の鳥に大満足の僕は最後のワイヤー滑走を楽しんで今日のアトラクションは終了。

あわせて5時間の楽しいひと時でした。

そうそう、帰りになぜか木の上にいるナマケモノに出会ったり(笑)、コスタリカは動物の王国です。


nice!(14)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 24

くまにぃ

こんにちは。
すんご~い!
高いところ大好きなんで、やってみたいですぅ!
by くまにぃ (2007-02-08 12:48) 

かつぽん

すごぉ~い、なんだか動物園みたい(^^;;;
この滑車で移動っていうのはやってみたいなぁ。
高所恐怖症だけどσ(^◇^;)
by かつぽん (2007-02-08 15:56) 

yas

初めまして、いつもROMさせていただいてます。
生ケツァールを見られたのですか?!凄いですね~
テレビでは見たことがあって、なかなか見られない幻の鳥と
言われてますよね!
見たことがある日本人って数少ないと思いますので、貴重な
お話をありがとうございました。
無事に旅を続けて下さいね。応援しています♪
by yas (2007-02-08 16:01) 

kozy

危なげですが、ワイヤーアクションやってみたいです!
めちゃ楽しそう(笑)

吊り橋は絶景ですね。会社で見ていて、「おおぉ~」と唸ってしまいました(笑)

で、ケツァールはもちろんお持ち帰りしてるんですよね?(笑)
by kozy (2007-02-08 16:45) 

sundayblue

こ、こ、こ、こわいーーー!
でもヒトがしているのを見るのはエキサイティング(笑)

それにしてもケツァールって美しいですね。
可愛らしいのに可憐。
by sundayblue (2007-02-08 17:31) 

店員佐藤

超楽しそうです~。
いいなぁ、こんな長期休暇!!
by 店員佐藤 (2007-02-08 19:37) 

Riever

ケツァール、すごくきれいです。私、鳥好きなので、たまりません。
世界にはこんなにきれいな鳥もいるんですね。

見れば見るほど惹かれます。
by Riever (2007-02-08 21:14) 

 本日のツアーは本当の意味での森林浴てかんじでですね。こんな素晴らしい体験が出来る国もあるんですね。
by (2007-02-08 21:28) 

ずんだれ

600mの滑走!!スリルを味わいたいけどこれはちょっと無理かも・・
幻の鳥は可愛らしい顔と鮮やかな色ですね~!!
by ずんだれ (2007-02-08 22:14) 

mineja

ケツァールといえば、“水曜どうでしょう”のアレですな。
そういえば、あの企画もコスタリカでしたね...。

ハキリアリに続いて珍しいものをご覧になられてホントに羨ましい限りです。
by mineja (2007-02-08 22:15) 

akoustam

>くまにぃさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

おお、くまにぃさん家族みんなでコスタリカに来ますかぁ?(^^;)
by akoustam (2007-02-09 06:20) 

akoustam

>かつぽんさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

コスタリカは国全体が動物園みたいな感じですね。普通に道端にナマケモノが現れるとは…、本当は子供のころあこがれたヘラクレスオオカブトムシが見たいんですけどねぇ。
by akoustam (2007-02-09 06:24) 

akoustam

>yasさん
はじめまして&コメント&ナイス投票ありがとうございます。

ども、ソニーショップの方にお越しいただけるなんて光栄です、これからもよろしくお願いします。

ケツァールの姿を見た瞬間は言葉になりませんでした。今まで見たこともないような美しさだったので。今回の旅は短いですが、ちゃんと無事故で帰ってこようと思います。
by akoustam (2007-02-09 06:31) 

akoustam

>kozyさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

お持ち帰りしたらワシントン条約に…とネタにマジレス(^^;)
by akoustam (2007-02-09 06:34) 

akoustam

>sundayblueさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

確かにsundayblueさんのようなおしとやかな方がやったら失神してしまうかも(^^;)僕でも絶叫してましたから。
by akoustam (2007-02-09 06:36) 

akoustam

>店員佐藤さん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

僕の中では短期休暇なのですが、一般のサラリーマンの方から見れば、長期休暇なんですよねぇ。
by akoustam (2007-02-09 06:42) 

akoustam

>Rieverさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

あらこれは意外、Rieverさん鳥好きですか。日本野鳥の会とか入っちゃいますか(^^;)
by akoustam (2007-02-09 06:45) 

akoustam

>シマリスさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

コスタリカは国策としてエコツーリズムを推進していますから、この手のツアーは世界で一番充実している国と言えるかもしれません。

僕が行ってないところでもすばらしいところがまだまだありますからね。特にココ島はダイビングをやらない僕でも行ってみたい。
by akoustam (2007-02-09 06:49) 

akoustam

>ずんだれさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

いやぁあれは今まで体験したことのない浮遊感でした。とにかく本当に自分が空を飛んでいるような感じ。

絶対おすすめですよぉ。
by akoustam (2007-02-09 06:53) 

akoustam

>minejaさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

へぇ、水曜どうでしょうってそんな企画もやっていたんですか、地上波テレビはほとんど見ないので、そこらへんの話題に疎くって。
by akoustam (2007-02-09 06:55) 

Virgo

あぁー、羨ましい、滑車移動したーい。

高所恐怖症を克服してるので、うずうず。
by Virgo (2007-02-10 08:19) 

hidex

私も高所恐怖症なんですが、
でも楽しそう。。。TVなら頭にCCDつけてますね。笑
by hidex (2007-02-10 15:55) 

akoustam

>Virgoさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

この滑車ツアー、コスタリカ全体で流行しているようで、森や山のある観光地では、たいていツアーを行っている会社があります。

Virgoさんもコスタリカ行きますぅ?
by akoustam (2007-02-12 09:14) 

akoustam

>hidexさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

それだ!TVの企画みたいにカメラを固定できれば撮れますね。あの爽快感をハイビジョンで撮りたかった…
by akoustam (2007-02-12 09:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る