So-net無料ブログ作成

ついにきたぞ [中米コスタリカのんびり小旅行記]

今日はまず前日のプラヤ・サマラの夜から。

超ナローバンドのネット屋に苦労しながら記事をアップしたあと、日も落ちて暗くなり始めた海岸に行きました。山に比べると海というのは、星を見るのには向いていないのですが、それでもさすがコスタリカの田舎だけあって、満天の星が降りそそぎます。

しかしいつも思うのは、あまりに星が多すぎてかえって星座が判別しにくいこと。これで南十字星が見える地域に来るのは4度目(南米2回、東南アジア1回)ですが、今回もどれがどれやらわからずじまいでした。肉眼でオリオン星雲が見えてしまうのとか、えらく綺麗な空であることはいいことなのですが。

そんな海岸を歩いていると、なにやらいいにおい。

コスタリカには珍しい、焼き鳥屋台でした。

これが本当に“焼き鳥”といった味でビックリ!ちゃんと炭で焼いているらでしょうか、ソースの違いも乗り越えて、日本の焼き鳥に限りなく近い味を出しています。

おっちゃん、日本の焼き鳥は全く知らないみたいですが(^^;)

そんな夜も終えて、朝になりました。今日もバスに乗って首都サンホセに移動です。乗り込むバスはおとといさんざ僕の目の前を通過していったALFARO社のバス。

今日は始点から終点までですから、何の問題も無く目的地に着きます。一週間ぶりのサンホセ。

今回のサンホセの宿は、モンテベルデのペンションサンタエレーナで教えてもらった「トランキーロ・バックパッカーズ」という宿。西洋人向けの安宿で、朝食つきのドミトリーが9$とサンホセの中では安いほうでしょうか。

それ以上にすごかったのが、この宿のネットサービス。ペンションサンタエレーナと同じく、宿泊者はネットもコーヒーもFREE!なのですが、なんと無線LANアクセスポイントも設置してあるのです。

なのでこうやってほかの旅行者でPCが埋まっていても、僕のVAIO type U-ZEROでそのままネットアクセスが可能、もちろん日本語がどうこうとかの問題もありません。このエントリーもVAIOで書いています。

ついにこういう宿がコスタリカレベルの国でも現れるようになってきたんですね。こうしてブロードバンド+無線LANが世界中の安宿に普及していけば、僕のような旅Blogもどんどん書いていけることになりますし、高画質動画をアップロードするのも夢ではなくなってきます。あとは編集するためのPCのバッテリとプロセッサパワーか?

明日から行く今回の旅最後のツアーの申し込みもすんだので、夕食を食べに街の中心に行きます。

行ったのは一週間前にサンホセにいたときに目をつけた、鶏料理屋「POLLO A LA LENA」。地元民にも好評のようで店内は混雑していました。

ここの料理の特徴はとりあえず大盛りなこと。中米風チャーハン「Arozz Frito」に1/4フライドチキンがついたセットを頼むと、

1/4と言いながらえらく巨大なフライドチキンが…これが機械じゃなくて、薪の熱で炙った本格的なフライドチキンですから旨いこと!コーラの缶がついたこのセットで日本円換算500円弱、サンホセでおなかがすいたらここはお勧めです。

店内ではコスタリカリーグのダイジェストをやっていました。さすがにコスタリカリーグだと、競技場もこれぐらいのレベルなんですね。

この状況からあれだけのチームを仕上げてくるんですから、コスタリカという国のサッカーのレベルは侮れません。


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 14

Virgo

焼き鳥、フライドチキン、どちらも余分な油が綺麗になくなってるんでしょうね。美味そう。

よーし、私も焼き鳥、買いにいこーうと。
by Virgo (2007-02-12 14:00) 

Riever

焼き鳥は世界共通・・・なんですかね。
炭火焼きというのが重要な気がします。

安宿でもAPがあるのは非常に心強いです。これで先日のようなこともなく、快適にできますね。

ここのチャーハンのお米も、やはり粘りけが少なめな種類だったんですかね。チャーハンならそこまで気になるものではないかとは思いますが・・・。
それでも500円弱というお値段は、旅の心強い味方ですね。
by Riever (2007-02-12 14:43) 

arkstar

無線LANポイント、下がってる提灯って漢字ですよね(^_^;)

無線LANが全世界で標準になったら、地球上の時間格差はなくなりますよね。
by arkstar (2007-02-12 16:13) 

mineja

僕のロンボク島の旅行記でも焼き鳥を記事にしたのでTBさせて頂きました。
僕が食べたのに比べて肉片が大きくておいしそうです。
焼き網の上で一緒に焼いている丸いものはトルティーヤでしょうか?
だとしたら包んで食べるのかな? それもステキ。

インドネシアでもそうでしたが、放し飼いされている鳥を炭火で焼いて
食べるとホントにうまいですよね。
by mineja (2007-02-12 21:12) 

かつぽん

ウホ!このスタジアム、萌え~♪

凄いなぁ、ココからワンチョペが出てくるんだもの。
by かつぽん (2007-02-13 00:37) 

Sakura chan no PaPa

良い写真を撮りますねー!
あーー、お腹空きました。自分も今日は焼き鳥が食べたくなりました。大好きなコーラと合うでしょう!
健康に気をつけて良い旅を!
by Sakura chan no PaPa (2007-02-13 20:32) 

sundayblue

焼き鳥にフライドチキンにチャーハン。
どれもじゅるるるるる。

私も日曜日に友人と焼き鳥屋さんでたらふくいただいたところです。
それにしても焼き鳥の肉が大きいですね!
by sundayblue (2007-02-14 14:28) 

akoustam

>Virgoさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

まぁ中南米は鶏料理ぐらいしか安定した味の料理がありませんから(^^;)これぐらいは美味しくないと。
by akoustam (2007-02-15 21:58) 

akoustam

>Rieverさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

ここのチャーハンは強めに火が通っていてそれなりにしゃっきりした感じですね。でもタイの屋台のチャーハンは一皿75円相当ですから、コスタリカの飯は高いんですよねぇ。
by akoustam (2007-02-15 22:02) 

akoustam

>arkstarさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

世界的に漢字は流行ですが、ここも微妙な漢字が宿中に氾濫してまして。

無線LANとWiMAXが普及すれば、PCの使い方はさらに変わってきそうですね。
by akoustam (2007-02-15 22:06) 

akoustam

>minejaさん
コメント&ナイス投票&TBありがとうございます。

おお、さすがですね。あれはトルティーヤです。なぜかおっさん串の最上部に一枚だけ傘のように刺してくれましたが、これ包んで食べるものだったのでしょうか、それにしては数が足りない…
by akoustam (2007-02-15 22:09) 

akoustam

>かつぽんさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

地方クラブ同士の戦いだったんで、競技場もコスタリカの片田舎だったようです。いちおうサンホセの競技場は立派なのを一つ見ましたが。
by akoustam (2007-02-15 22:11) 

akoustam

>パパ
コメントありがとうございます。

え~まもなく帰ります。直前に帰るんで仕事初日はかなりきつくなりそうですが…
by akoustam (2007-02-15 22:13) 

akoustam

>sundayblueさん
コメント&ナイス投票ありがとうございます。

このおじさん、日本の焼き鳥を知ったら「ペケーニョ!(スペイン語で「小さい」)」と言って驚くのかなぁ。
by akoustam (2007-02-15 22:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る