So-net無料ブログ作成
検索選択

秋VAIO、まずは第一陣 [Sony・VAIO]

秋VAIOの第一陣が発表されました。フルモデルチェンジしたのはtypeC。その他typeSZ、typeFZ,typeR master,VAIO TP1はマイナーチェンジ。typeTZは店頭モデルに一モデル追加のみということで、まずは地味なスタートになりました。

パーソナルコンピューター“VAIO” 6シリーズ 計34モデル 発売
カラーコーディネートが楽しめるプライベートノート 4色の新『type C』登場
- 充実のオリジナルソフトウェアを搭載し、パソコンをさらに楽しく -

また久々に大きな新開発アプリケーション、簡単ムービーメーカー“VAIO Movie Story”がリリースされています。

VAIOの楽しいソフトウェアを新商品に搭載
写真・動画・音楽を使って、手軽にショートムービーを作成
ハイビジョンにも対応した“VAIO Movie Story”

typeCは、すでにアメリカ版をお伝えしてありますが、日本版もコンパクトボディながら、大きな14.1インチ液晶と、カラーコーディネートによるお洒落さをアピールする入門機となっています。

typeFZはBDドライブ搭載機が増加。特に、あえてBD記録ドライブではなく、DVDマルチ+BD-ROMという構成にして、BDビデオを楽しむためのマシンとして、安価なモデルが出たのは面白いです。

typeSZはこの前の予想通り、日本版ではHSDPAユニットが外されてされてしまい、何の変哲も無いモデルチェンジとなりました。これだから三馬鹿キャリアは…

typeTZは、店頭販売モデルが一つ追加。オーナーメイドモデルに、SSD64GBオンリーのゼロスピンドル機は追加となりませんでした。期待してるのはその一点なのに(-_-;)

VAIO TP1は、意外なことにIntelのViiVロゴを取得してきましたね。いまさらViiVロゴにどれほどの価値があるのかはよくわかりませんが。

 

で、僕にとっては購入候補の大本命。VAIO typeR masterは…

Core 2 Quad Q6600が市場で大幅に値下げになっているのにあわせるように、Quad機が大幅拡充。店頭販売モデルもQuad機になり、オーナーメイドモデルでも、Duo E6850→Quad Q6600で25,000円差なので、どちらを選ぶか大いに悩みそうです。

その他の機能も含めるとねらい目はこんな感じでしょうか。

かなり希望から削ってますが、それでも532,800円。購入までの道のりはまだまだ遠いです。でもうちのVAIO GRもはや虫の息…


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る