So-net無料ブログ作成
検索選択

Rolly SEP-10BT Review クレードル篇 [Sony・Audio]

実はRollyのオプション、これだけは同時購入していました。

充電用クレードルCDL-SE10です。Rollyはオプションのパッケージもデザインされており、クレードルのパッケージは、本体のパッケージのちょうど半分の高さになるようになっています。

中を開けるとまずは保証書といった紙類。

一段目にACアダプタとめがねコード。

二段目にクレードルが重なって入っています。

ACアダプタの電圧は5.2Vタイプ。

いい加減こういうのって統一できないんですかね。似たような電圧のACアダプタが家中にゴロゴロしていて、邪魔くさいんですよ。

左上の5VはWalkmanのクレードルに付いてきたモノ。右上の6VはVAIOのBluetoothアダプタのモノです。他にもPSPやVAIOのGPSユニットのACも我が家にはあります。

というわけで実際にRollyが載るクレードル部はこれ。

接点が真ん中左右二つあって、これで本体に給電します。

付属の置き台とは、根本的なお金のかけ方が違いまして、

この写真だと分かりにくいですが、別売クレードルがRolly本体と同じパール塗装なのに対し、付属品はABS樹脂の白い色そのままになっています。Rollyロゴも色づかいが違うのが分かりますね。

(↑しかし埃を寄せ付けやすい素材だ…)

これがひっくり返すと、その違いは一目瞭然。

付属品はほんと「置き台」ですね。

ちなみにWalkmanのクレードルと並べてみたら、大きさは同じような感じでした。どちらも下の部分は鏡面仕上げ、持ちあげるたびに指紋が付きまくってしまうのが気になります。

ACアダプタはL字プラグになっており、差し込んだ後クルッと回してコードを固定します。

形状は付属品と変わらないので、踊らせずに音楽を聴くときなどは、Rolly本体を置いてスピーカースタンドのように使えます。

これだと付属品と違って、クレードル側もパール塗装が、サイドランプの光を綺麗に反射するので、より美しいオブジェのような感じで良いです。

で、これが果たして3,980円の価値があるかというと…正直お高いかなと思います。

なにせ本当に充電しか出来ないクレードルで、Rollyに音楽やモーションデータを流し込もうと思ったら、結局背面のフタを開けてUSBケーブルをつながねばならず、あんまり便利とは言い難い状態です。接点端子が増えて信頼性がさがってしまうのでしょうけど、充電だけじゃなくてデータ端子もクレードルに置くだけでつながるようにして欲しかったです。携帯電話のこれのように。


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 1

Takkun

ほんとACアダプターって場所とりますよね。
by Takkun (2007-10-05 21:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る