So-net無料ブログ作成
検索選択

安ければそれでいいのだろうか… [Sony・PlayStation]

欧州で発表済みだった廉価版PLAYSTATION 3が、日本にも39,980円で投入されることが正式に発表されました。

新「プレイステーション 3」(CECHH00シリーズ)2007年11月11日発売 希望小売価格39,980円(税込)
40GBのHDDを標準搭載し、2色で登場 クリアブラック(CECHH00)/セラミック・ホワイト(CECHH00 CW)

また廉価版の発売に先駆けて、現行の20GB版が49,980円→44,980円、60GB版が59,980円→54,980円に価格改定されるそうです。

廉価版PS3は、PS2ゲームの互換、USBポート、メモリーカードスロット、SACD再生機能が省かれ、より「PS3のゲームを楽しむための機械」に集中したマシンとなっています(PS1のゲームは走る)。

39,980円であればPS1/PS2の発売時の価格と同じであり、PS3ソフトも徐々に充実してきたことから、おそらくそれなりに人気になるでしょうが、僕にはSCE(というより久夛良木さん)の高かった理想が、すっかり骨抜きにされつつある状況が残念でなりません。

強力なコンピューティングパワーを使って、あらゆるエンターテインメントを取り込む、この理想があったからこそ、専用プレーヤすら凌駕する高音質SACDや、DVDアップコンバート機能が実現したわけで、このままPS3がただのゲーム機になってしまうのでは、それこそ僕にとっては無用の長物になってしまいます。

廉価版PS3が「とにかく今は安かろう悪かろうでも、売るのが先決。」という、一時的な方針転換であることを願っています。


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 11

コメント 4

りょうじゃん

そうですよね~。以前久夛良木さんが言っていた「互換性はPSの文化」っていう信念はどこへやら・・・。それがあればこそPS2はライバルに打ち勝てたと言っても過言ではないのでは?(まぁDVD再生とか他にもありますが)
今回のPS2互換切捨ては明らかにEE+GSチップの省略が原因でしょうね。PS1はソフトウェアでほぼ完全互換性が出せてるらしいですからこのような判断となったのでしょうけど・・・。
ソフトウェアでのPS2互換実現も研究しているそうですから、可能な限り早急にファームウェア更新でPS2互換を実現するべきですね。それができなければ「次世代ゲーム戦争」はXbox360の勝利でほぼ確定では?どれだけの多くのユーザーがどれだけ多くのPS2専用タイトルを持ってると思ってんだか。
平井は頭悪いんじゃない?
by りょうじゃん (2007-10-09 20:47) 

Doyo

負け犬根性=SONYとは。
あっと驚くPS3の底力! SONYブランドの輝き!所有する喜び!
私たちSONYシンパが待ちこがれるのは。
価格ダウンの単なる高性能ゲーム機ではありません。
夛良木さんとか平井さんとかに左右されるのではなく。
SONY 「えすおーえぬわい」 の光輝く伝統。
PS3は単なるゲーム機なら、あんな値段のモノはかいません。
人よりも早く、人が持つよりも秀逸なモノを!ホームエンターテインメント
コンピュータ!それに投資しました。

有機ELも前会長が他を押しのけて未来ののTVの姿と描き続けた夢。
それを実現しようとする研究者たち。
だから、先日の世界初!!の有機ELであった訳です。
目先の売り上げ優先? 勘弁してください。

我が家のSONY製品群、色褪せさせないでください。!!
SONY βマックス F1 肩からぶら下げ、子供の運動会撮りました。

未来に夢を!!
by Doyo (2007-10-09 23:36) 

かつぽん

まぁ、もうPS2持ってるしぃ~っていう人には
良い選択かもなぁ・・・なんて思っちゃったんですけどね(^^;;;
現状のPS3(高い方)だって、我が家にあるソフトは問題ないものの
互換性が100%補償されてるって訳じゃないようですし・・・

ま、今回のはきっとシェアを広げるための戦略的な商品なんでしょう。
次のモデルではソフトウェアで100%(に近い)互換性を取り
HDD容量もケチなこと言わないPS3が出てきますって!
by かつぽん (2007-10-10 12:55) 

通りすがり

横から失礼します。

>次のモデルではソフトウェアで100%(に近い)互換性を取り
>HDD容量もケチなこと言わないPS3が出てきますって!

HDDはともかく、ソフトウェアで100%(に近い)互換性は無理ですね。EEは何とかなっても、GSはエミュレートできません。

SCEは、PS3について、とにかく機能をそぎ落として低価格化を実現したモデルと高機能・高性能・高価格モデルとの二分化を狙っているんじゃないでしょうか。シンプルな機種を投入することで、逆に高級機が投入しやすくなったんじゃないかな、と思います。平井体制になってからそういう話が聞こえてこないのが気になりますが、少なくとも欧州ではそういう機種が発売されるはず。来年Play TVのサービスが展開されるというのに、40GBモデルオンリーというのはあり得ないですから。

一般ユーザ向けには新40GBモデル程度の機種で十分。別途、久夛良木氏が言っていたようなAVマニア向けのPS3を出して欲しいですね。シャーシや電源、アナログ系を改良し、HDMI端子を2個搭載して10万円とかなら、買う人は多いんじゃないでしょうか。

ただ、平井氏が"ゲーム機"としてプッシュしているはずのPS3がPS2互換性を棄てるなんて、迷走としか思えません。無線LANを棄てる方が先でしょう。

久夛良木氏が退いてから、SCEはほんとにおもしろくない会社になってしまいました。
by 通りすがり (2007-10-11 02:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る