So-net無料ブログ作成

有機ELテレビ XEL-1 Review リモコン篇【追記あり】 [Sony・TV]

有機ELテレビXEL-1レビュー、今日はリモコン篇をお送りします。

XEL-1に付属するリモコンは、パネルの薄さとデザインをあわせた専用設計。外観や持った印象は、リモコンよりも薄型携帯電話のような感じです。

BRAVIA X2500のリモコンと比べると、ボタン数はほぼ同じながら、かなり小型されているので、場所をとらないという意味では良いかもしれません。

厚みは全然違います。

裏面を見ると、なんと左右5本ずつ計10本のY字ネジで固定されており、変にコストがかかった構造になっています。

電池はボタン型電池CR2032。取り出すにはピンで押しながら、電池トレイを引っ張りだす必要があります。

リモコンは最も電気を使わない電気製品ですから、これでも相当持つとは思いますが、単3型電池2本のBRAVIAリモコンよりは、電池交換の頻度は高いのではないでしょうか。eneloopのような電池も使えないし、あまり環境にはよろしくないリモコンですね。

デザイン的な特徴は、毎度恒例と言っていいテカテカのグロス塗装。

サイドも同じ塗装なので、指紋がやたらとつきます。

これも毎日拭き拭きの対象ですか?とうんざりしてきますが、よ~く考えて見るとSonyのリモコンの信号は統一されているので、BRAVIAのリモコンでXEL-1を動かせるはず、X2500はXMBじゃないけど十字キーも持ってるし…

「ホーム」が「メニュー」、「オプション」が「ツール」という違いになっているらしいので、X2500リモコンの「メニュー」を押してみると、

はいXMBが立ち上がりました。

あとのキーもほとんど一緒ですし、これはXEL-1のリモコンはコレクションとして箱の中にしまっておき、BRAVIAリモコンで動かしたほうが良さそうです。

肝心のリモコンの操作性ですが、薄型の割にはキーストロークも結構あり、携帯電話のシートキーなんかよりはクリック感があります。キーもタイル状な分、一つ一つが大きいサイズになっており、押し間違えることもありません。惜しむらくは打鍵感が安っぽいところ。もうちょっと堅めのメンブレンにして、重厚な打鍵感だとより高級な感触になったのかなと思います。

【11/29追記】

29日になって、Sonyからカスタマー登録特典が届きました。いちおう「オリジナルリモコンホルダー」がもらえるとのことだったのですが、まぁおまけ程度のモノかなと思っていたのです。

でも届いてみるとやけに重い…

箱を開けるとこんなパッケージに包まれています。

おなじみの緑色のリボンですね。

蓋を開けてみると中には重厚な塗装を施されたリモコンホルダーが。

まるで文鎮のようにずっしりと重いそれは、前面がメッキ仕上げでXEL-1のロゴが彫り込まれています。

スリットの部分にリモコンを立てるとこうなります。

横から見てもなかなかのたたずまい。

このホルダーが重い理由はこれでした。

なんと亜鉛合金ダイカストによる全金属製、前面はクロムメッキ仕上げに、黒い部分はアクリル塗装、重量が391g!こんな高級なモノをただでもらっちゃっていいのでしょうか(^^;)、いやいやさすが1号機だけあって、特典一つとってもお金かかってます。


nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 13

コメント 3

ショウヘイ

これっておき楽リモコンではないのですか?
あれ便利だと思いますが、画面が小さいので必要無いのでしょうか?
by ショウヘイ (2007-11-29 16:31) 

店員佐藤

緑色のリボンがおしゃれですねぇ~。
ちょっと感動しちゃいました。
あのとき、ホームページで見たのと一緒だ!
by 店員佐藤 (2007-11-29 22:59) 

かつぽん

後悔また一つ・・・
やっぱTZ505よりもコレだったか。。。
by かつぽん (2007-11-30 00:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る