So-net無料ブログ作成
検索選択

SonyEricssonからWindowsMobile機“XPERIA”登場!! [Sony・MobileCommunication]

今日からスペインのバルセロナで、世界最大の携帯電話・モバイル業界のイベント「Mobile World Congress 2008」が開催されますが、それに合わせてSonyEricssonより新機種が一挙7機種発表されました。

中でも驚きなのが新シリーズ「XPERIA」。

一号機のX1は、480×800のWVGAタッチパネル液晶に、スライド式QWERTYキーボード、GPS/Bluetooth/W-LANなど、機能満載のWindowsMobile機となっています。まさかここでSonyEricssonがフラッグシップ機にWindowsMobileを持ってくるとは!(注:ここからあとのSonyEricssonの各ページは現在世界中からアクセスが集中しており、サーバーが落ちて開けないことがあります。)

Mobile World Congress 2008

Sony Ericsson marks the launch of its new brand XPERIA with the unveiling of the XPERIA X1 (英文プレスリリース)

SonyEricsson XPERIA X1 (英イメージサイト)

SonyEricsson X1 (英SonyEricsson)

 
 

WindowsMobile機ではありますが、“XPERIA panel interface”という画面に9つのパネルが出てきて、指先で操作するというSonyEricsson独自のインターフェースが仕込まれており、明らかにiPhoneのUIに対抗しようというコンセプトが見てとれます。

QWERTYキーボードは弓なりに出てくる“Arc-slider design”。キーボード面はアルミヘアライン加工になっているようで、押しやすいように斜めに山が入っているキートップとあいまって、高い質感を実現しています。

携帯電話としても超弩級の無線部を持っていて、UMTS/HSDPAが初の850/900/1700/1900/2100の5バンドに対応、GSM/EDGEが850/900/1800/1900の4バンド対応となっているだけでなく、アップロード方向も高速化するHSUPAにまで対応しています。

ここで重要なのがUMTS/HSDPAが1700(1.7GHz帯)に対応していること。これはつまり日本ではX1をDoCoMo/SoftBankだけでなく、EMobile回線で使える可能性があるということを示しており、まもなくEMobileの音声サービスも始まることから、来年あたり日本導入もありえるのではという期待が出てきます(海外でのX1の発売は今年後半を予定)。

BluetoothはもちろんA2DP対応なのでステレオヘッドフォンもOK。Wi-Fiはおそらく802.11b/g対応、GPSにFMラジオも搭載していますが、残念なのはメモリーカードがM2ではなくmicroSDとなっているのと、ジョグダイヤルが無く“Optical joystick”という謎の操作系が採用されているあたりでしょうか。内蔵メモリは400MBありますけど、拡張するのはやっぱりM2が良かったなぁ…ちなみにカメラはオートフォーカス320万画素CMOSで、VGA(640×480?)で30fpsの動画撮影と動画再生が出来るようです。

これだけの高機能でありながら、大きさは110 x 53 x 16.7 mm 145gと小型軽量なのは好印象ですね。参考までに他機種と比べても、

・SO905iCS 113 x 50 x 24mm 150g(暫定値。正式値は多少軽くなる予定)
・EM・ONEα 140 x 70 x 18.9mm 250g
・X03HT 106 x 51 x 19.4mm 150g
・アドエス 135 x 50 x 17.9mm 157g
・iPhone 115 x 60 x 11.5mm 135g

ということで、スライドQWERTYキーボード搭載機ではもっとも薄く、高さもiPhoneやSO905iCS以下と完全に「普通の携帯電話」サイズを維持しています。

iPhoneが発表されてから1年、携帯電話の開発にはだいたい1年~1年半かかるものなので、このX1は「iPhoneショック」後に開発が始まった最初の機種ではないかと思われます。SonyEricssonに限らず、世界No.1メーカーのNOKIAもS60プラットフォームのタッチパネル版を開発中など、iPhoneが業界に与えたインパクトは相当なものがあり、今年の後半はこれらiPhoneショック後の各社のスマートフォンと、本家iPhoneのUMTS/HSDPA対応版「3G iPhone」が正面からぶつかることになります。

SonyEricssonが新たに打ち出してきたスマートフォン「XPERIA」が世界でどこまで戦えるか、今年はスマートフォン市場から目が離せませんね。そしてその世界の流れに日本のキャリアも是非乗ってほしいです。特にEMobileが日本に導入してくれることに期待!

 

続いて残りの機種を、まずはいつものSymbian+UIQ3機、G700/G900から。

Sony Ericsson takes touchscreen mainstream with two phones set to simplify your life (英文プレスリリース)

SonyEricsson G900 (英SonyEricsson)

SonyEricsson G700 (英SonyEricsson)

UIQ3機はP990iやP1i、M600iなどQWERTYキーボード機が多かったのですが、今回は普通の10キーに2.4インチQVGAタッチパネル液晶がつくタイプになっています。残念なことにP1iに続いてHSDPAは未対応のまま、UMTSも2100のみなので、日本ではDoCOMo/SoftBank回線での使用ということになります。

そのかわり薄さ13mmに99gの質量という薄型コンパクトな携帯電話となっていて、今までのUIQ機よりも気軽に使える端末として、新たにGシリーズという型番を与えたのでしょう。

G900は500万画素のカメラを搭載(AF&デジタル手ブレ補正付き)、このサイズでありながら802.11b/g無線LANとBluetoothもあり、タッチパネルを活かしてCyber-shotのように、タッチした被写体にピントを合わせるという芸当もやってのけます。

G700は320万画素のパンフォーカスカメラ(デジタル手ブレ補正はあり)。無線LANが無いのでG900よりもかなり安い価格設定で発売されると思われます。ちなみにメモリーカードは安心のM2対応(笑)。ポジション的にはM600iの後継といったあたりでしょうか。

 

続いてWalkman Phone W980i。

Sony Ericsson puts music first in the W980 Walkman phone to deliver a clear audio experience (英文プレスリリース)

SonyEricsson W980i (英SonyEricsson)

このW980i、実はなにげに3G対応Walkman Phone初の折りたたみ型だったりします(今まではストレートかスライドしかなかった)。

8GBのメモリを内蔵しており(M2スロットによるメモリ拡張は非対応)、Clear Stereo/Clear BassというWalkmanらしい高音質化回路を搭載。既に発売済みのW910iに続いて端末を振ってコントロールする“Shake Control”、音楽解析(Sonyお得意の12音解析?)“SensMe”もあって、FMラジオ/FMトランスミッター/Bluetoothヘッドフォン対応(同梱されるのはワイヤードのヘッドフォン)と、音楽に関しては至れり尽くせりの仕様となっています。

閉じたときの背面液晶は176 x 176ドットの26万色大型液晶で、閉じたまま全ての音楽のコントロールが可能。カメラは320万画素、携帯電話としてはHSDPA2100/4バンドGSM対応です。発売は7~9月期を予定、全身ブラックの外観もかっこいいですし、なにやら背面側は外装がアクリル透明板になっているようでかなりオサレ。

折りたたみタイプの人気が高いアジア(not日本)での切り込み隊長としてがんばってくれそうです。

 

同じくアジア市場を意識したと思われるのが、薄型折りたたみタイプがZ770i。

Sony Ericsson puts ‘your life in a clamshell’ with the new Z770 web-enabled phone (英文プレスリリース)

SonyEricsson Z770i (英SonyEricsson)

注目のサイズは折りたたみ時で93 x 48 x 15.5mm 91g。極端に薄型化した日本のN705iμ/P705iμにはかないませんが、100gを切る軽量でSonyEricsson機には珍しいメタル系(ステンレス?)シートキーを採用しています。

携帯電話部はHSDPA2100/3バンドGSM。SonyEricssonとしてもこういう軽くて小さい携帯電話で、HSDPAによる高速アクセスが出来るというのを売りにしているようです。NOKIA N76の好敵手となれるでしょうか。

 

最後はCyber-shot Phone二機種。今までのKシリーズに変わってC702/C902という中途半端な型番となっています。

Sony Ericsson strengthens Cyber-shot phone range with two models that take photos further (英文プレスリリース)

SonyEricsson C902 (英SonyEricsson)

SonyEricsson C702 (英SonyEricsson)

902/702どちらも薄型タイプで、特にC902は500万画素のAF/デジタル手ブレ補正/動画手ブレ補正/顔認識/オートローテーション/キセノンフラッシュまでついていながら、薄さ10.5mm(!)の超薄型となっています。その薄さの秘密は日本のP704i/810Pに似たフラットスライド機構。写真を撮るときには、C902の頭の部分を持って少しだけスライドさせると、レンズが出てくるという仕組みなのです。

携帯電話としても手抜かりはなく、HSDPA2100に4バンドGSM/EDGE対応。Cyber-shotですからどこかの国のようにmicroSDではなくM2に対応です。あと液晶の左右を見ると、カメラ使用時にアイコンが浮かび上がるようになっているのが気になりますね、これはタッチコントロール対応だったりするのでしょうか。

一方のC702はオーソドックスな320万画素カメラのCyber-shotですが、こちらはC902に無いGPSを搭載し、撮影地点を写真にメタデータとして埋め込む機能があります。またどちらもBluetooth(A2DP)にFMラジオもありますので、機能的にはWalkmanPhoneにも劣りません。

 

以上今回発表の7機種を見てきましたが、これはもう言うまでも無くXPERIA X1に大注目でしょう。

WindowsMobile機でありながら、それを意識させないようなUIをSonyEricsson独自に開発し、今もてる技術の全てを注ぎ込んだようなオールインワンの高機能。それでいて普通の携帯電話レベルの小型軽量化を達成しているなど、気合十分。登場はまだまだ先ですが、これはWindowsMobile嫌いの僕でも「欲しい!」と素直に思いました。今から海外のWindowsMobile機を日本語化する勉強しておかないとなぁ。

でもこれが(今のところ)日本で普通に手に入らないって客を馬鹿にするにもほどがあります。やっぱり三馬鹿キャリアの支配は意地でも打ち倒さないといけないですね。EMobileかSoftBankが何の制限も無く早期に導入してくれることを強く望みます(血迷ってDoCoMoが持ってきても面白いけど)。au?ローカル規格でガチガチな会社には期待しません、っていうかそもそも無理だし。


nice!(22)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 22

コメント 12

蔵三

EMobile に頑張って欲しいものです。
by 蔵三 (2008-02-11 11:15) 

Riever

この時間は現地の方はもう満足できるほど見たのか、難なくプレスリリースのページは開けました。
QWERTYキーボード、HSDPA、Wireless LAN、Bluetoothがあるだけで素晴らしいです。ジョグでなくてOptical joystickというのが気に掛かりますが、どういった感じでしょうね。詳しく情報が出るまで分かりませんね。

ただ・・・・・・国内は(^^;;;
非常にもったいないと思うんですけどね。この「鎖国状態」、何とかならないものかなと思います。
by Riever (2008-02-11 11:18) 

arkstar

Optical joystickがどういったものだろう?という感じですね。
ジョグ機全滅っぽいですね(^_^;)
X1の表面下の十字キーっぽい所も無くして全部タッチで良かったのにって思ってしまいました(^_^;)

auの方式はCDMA2000 1xでも世界唯一の日本国内専用規格ですから絶対導入できないと思いますしねぇ。
by arkstar (2008-02-11 13:03) 

Drilliant

W980i、魅力がありすぎです。
・・・SoftBankが持ってきてくれたらなぁ。
by Drilliant (2008-02-11 13:48) 

かつぽん

X1・・・完全にノックアウトされました。
いやぁ、コレがイーモバで来たら万々歳っすね!
・・・待てよ、イーモバのSIMには変な縛りがないから
ひょっとしてこのまま日本語化してSIM挿せば・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
WM機の日本語化は彼方此方でノウハウが確立してますしねぇ。

日本に持ってきたら¥12諭吉ぐらいですかね?
もし使えるんなら、心して2台個人輸入させていただきますm(__)m
by かつぽん (2008-02-11 15:16) 

Virgo

うーん、海外は赤色端末、多いですねぇ。

なんか、一昔前のNikeの日本政策を思い出します。
意味はちょっと違いますが。

日本人は、赤嫌いではないはずなのに。


“XPERIA”,イメージ的に折り紙を意識してるのは、アレに対する揶揄なのかもしれませんね。
by Virgo (2008-02-11 15:27) 

パセリ

X1は欲しいですね。
DoCoMoかイーモバイルに来てもらえればいいですね。
by パセリ (2008-02-12 02:05) 

tio

今からすごく楽しみです。
by tio (2008-02-12 09:34) 

あるば

X1、すごいですね。
是非日本導入を!!って期待してしまいます。

ですが、近々905iCSに手を出しそうなんですが、ちょっと待って動向を見てみたくなりますね。
by あるば (2008-02-12 11:49) 

通りすがり

engadgetにこんな記事が載ってました。

ソニー・エリクソンXPERIA X1、実はHTC製
ttp://japanese.engadget.com/2008/02/10/xperia-x1-htc/

100%オリジナルってわけではないんですね。
でも欲しいなあ。
by 通りすがり (2008-02-12 13:33) 

cato

うわ~、めちゃくちゃ欲しいな。
EMobileやドコモに頑張って採用してほしい所です。
昔からソニエリの携帯って海外モデルが優秀だと思うんですよね。
日本の製品はどことなく比べてしまうと・・・・と思ったり。
by cato (2008-02-12 15:16) 

kozy

これはいいですね!
実はこの手のって触ったことないので、実際に使ってみたいモノです。

typeUの新型って、こんな感じになりませんかね?(笑)
by kozy (2008-02-12 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る