So-net無料ブログ作成

EMOBILE H11Tを動くホットスポットにしよう! 開梱・設定篇 [携帯電話・EMOBILE]

(昨日より続く)さて、イーモバイルをデータ通信にしか使う気のない僕が、何でH11Tなんてしょーもない端末を買ったのか、その答えはこいつとつなぐためです。

DSC03968.JPG

PHS300 Personal Hotspot (CradlePoint Technology)

このPHS300、米CradlePoint Technology社の開発した「無線LANルータ」です。

ただしタダの無線LANルータではなく、リチウムイオンバッテリーを内蔵し、搭載されているUSBポートに各種携帯電話を接続することで、携帯電話の電波を使ってインターネットとつながるようになっています。つまり携帯電話のエリア内であれば、いつでもどこでもそこがWi-Fiホットスポットになるという優れものなのです。

これを使えば、VAIOに限らずPSPでもmyloでもiPod TouchでもMacBook AirでもNOKIA N95でもPS3でも(笑)、Wi-Fiを搭載している全ての情報機器が携帯電話感覚でネットにつながるようになり、フルプロトコル定額制のEMOBILEならどれだけ使っても完全定額ということになります。

このPHS300をどうにかEMOBILEにつなげないか、多くの先達の方々(ヒトバシラーとも言う)が解析と検証を行った結果、ついにつなげる方法が判明し、そっち方面では静かなブームになりつつありました。

そこに持ち上がったD02OP回収騒動。

これは逝くしかないと判断した僕は本格的に情報収集を開始し、「Today's E90」のnaoさんの導入記を見つけたことで今回の購入となったわけです。

一応簡単な購入の流れをお話しておくと、入手するにはeBayの即決オークション(Buy it Now)が一番手っ取り早いのですが、出品している販売業者は全て「アメリカ国内のみ発送」となっており、日本には送ってくれません。

そこで登場するのがeBay代行業者。

Google検索をかけると様々な業者が出てきますが、要はこれらの会社(個人でやっている人もあり)はアメリカに事務所を持っていて、出品者にはまずそのアメリカ事務所に発送してもらい、そこから依頼人である日本の僕のところに再発送することで、日本にいながら簡単にeBayの買い物が出来るようになっているのです。

早速探してみるとPHS300が何点か出品されており、アメリカ国内発送料や代行業者の代行手数料も勘案しながら注文を行います。その後代行業者に代金を支払い本入札、一週間弱でアメリカ事務所に届き、そこから三日で我が家に届きました。

かかった金額を詳述すると、

・PHS300本体(1台) $159.99=16,551円
・代行業者手数料(3台分) $86.39=8,938円
・アメリカ国内配送料(3台分) $ 11.39= 1,179円
・日本への配送料(3台分) $32.54=3,367円
・国内消費税(3台分) 2,300円

で、一台当たり21,812円となっています。なお、何で3台買っているかは突っ込まないでください(^^;)このルータに約2万円の価値があるかは人それぞれでしょうが、僕としては良い買い物だったと思っています。

というわけで箱を眺めていくと、表面にはPHS300の特長が、

DSC03969.JPG

裏面にはPHS300の仕様が記載されています。

DSC03970.JPG

箱の中身はいたってシンプル、

DSC03971.JPG

入っているのは、本体・充電用ACアダプタ・リチウムイオンバッテリー・マニュアルのみです。

DSC03972.JPG

ACアダプタは100V-240Vのマルチボルテージ対応のAタイププラグ。出力は5V-2.5Aとなっており、PHS300が比較的大きめな電力を必要とするのがわかります。

DSC03973.JPG

出力の大きさもさることながら、問題はプラグが日本では見かけないタイプなこと。

DSC03974.JPG

昔はこれぐらい径のプラグを使う機器もあったと思いますが、日本の電器製品はもっと小さな径のものに変わってしまったようです。

PHS300の最大の弱点はバッテリの持ちなので、増設用のデカバッテリを導入したいところですが、そのためにはまずこのプラグを入手しなくてはいけないようです(秋葉では簡単に手に入るそうです)。

付属のバッテリは1880mAhというかなり大容量なもの。

DSC03975.JPG

これで連続駆動は2時間というのですから、やはりかなり電力をくう機械みたいですね。

紙のマニュアルは一枚紙でほとんど気休め程度にしかなりません。

DSC03976.JPG

続いて本体。

DSC03977.JPG

ルータといってもRJ-45のLAN端子があるわけではなく、本体には三つのインジケータとUSB端子/ACアダプタ端子、電源スイッチがあるだけです。

DSC03978.JPG

裏ブタをあけて、

DSC03980.JPG

バッテリーを取り付けます。

DSC03981.JPG

これがいかにもメリケン製品な精度をしてまして、はめ込んだらそう簡単に抜けない状態になってしまいました。

本体は比較的大きめで、携帯電話より一回り大きなサイズとなっています。

DSC03982.JPG

ACアダプタを接続するとバッテリーインジケータが赤点灯し充電開始。

DSC03983.JPG

電源スイッチを入れるとWi-Fiインジケータが緑点灯して、Wi-Fi電波を飛ばし始めます。

DSC03984.JPG

ここで無線LANを内蔵しているVAIO T-ZERO505を起動しWi-Fi検索をかけます。するとまだセキュリティがかかっていないPHS300の電波が見つかるので、これと接続を行います。

WS000000.JPG

そのままブラウザを立ち上げると、自動的にローカルネットワーク内でPHS300にアクセスするようになっていて、画面には設定画面が出てきます。

WS000001.JPG

ここの「Personal HotSpot Setup」をクリックすると、管理画面にアクセスするためのパスワード入力を求められるので、初期値である自分のPHS300のMACアドレス下6桁を入力します。

WS000002.JPG

これで管理画面に入りました。

WS000003.JPG

続いてSetup Wizardへ。

WS000006.JPG

STEP1は管理パスワードの変更と、タイムゾーンの設定。

WS000007.JPG

STEP2はセキュリティ設定。

WS000008.JPG

自らフリーホットスポットになりたい人(笑)は、ここの「Enable Advanced Security Configuration」にチェックをいれず、「Require User Login」のチェックも外せばOKです。僕はセキュリティをかけるので「Require User Login」だけチェックを外します。

WS000009.JPG

ここでセキュリティレベルがWEP/WPA/WPA2から選べるなど、ルータとしてのPHS300は至極全うな製品となっています。

WEPを選択したら13桁のキーを自分で設定します。

WS000010.JPG

これで初期設定は完了。PHS300を再起動させて、

WS000011.JPG

今度はVAIO T-ZERO505も再探索をかけて、セキュリティありのワイヤレス接続を作り直します。

WS000012.JPG

続いてダイヤルアップ設定。「BASIC」タブの「WAN」メニューを開いて、EMOBILEおなじみの「Username : em」「Password : em」を入力。

WS000013.JPG

ダイヤルアップの電話番号は、「ADVANCED」タブの「MODEM SETTINGS」メニュー「SCRIPT」に、以下のATコマンドを設定します。

AT
AT&FE1V1X1&D2&C1S0=0
AT+ipr=230400
ATDT*99#

WS000015.JPG

なおこれはH11T用の設定で、同じUSB接続でもD01HW/D02HWの場合は、ダイヤルアップ番号は「ATDT*99***1#」となります。

この設定を保存したところでH11Tを用意して、

DSC03985.JPG

PHS300のUSBポートに接続します。

DSC03986.JPG

するとH11TがUSB接続を認識し、液晶画面に接続モード選択メニューが出てきます。

DSC03987.JPG

ここで「通信モード」を選択すると、最初はPHS300のWAN接続インジケータが赤点灯となるのですが、

DSC03989.JPG

しばらく放っておくと、PHS300のATコマンドスクリプトが自動的に動き出し、H11TがダイヤルアップしてEMOBILEのネットワークにつながり、パケット通信が開始されます。

DSC03990.JPG

ここでWAN接続インジケータは緑点灯に切り替わって、

DSC03988.JPG

動くホットスポットの完成です。

DSC03991.JPG

こうなってしまえば、VAIOは自宅やカフェで無線LANを使っているのと全く一緒。休止してもスタンバイしても、復帰したら自動接続されますし、PHS300もEMOBILEの接続が圏外などで切断してしまっても、自動で再度ダイヤルアップして接続を常に維持し続けるよう動作します。これは快適。

スピードを計測してみても、

WS000016.JPG

全く速度低下が見られないですね。

ちなみに同じ場所でD02OPにSIMを入れ替えて接続してみましたが、

WS000017.JPG

PHS300と変化無し。逆にパソコンとEMOBILEの通信機を離せるので、H11Tだけ電波状態がいい場所におくことで、より速度を向上させることさえ期待できるかもしれません。

そしてつながるのはVAIOだけではありません。無線LANを搭載しているNOKIA N95(SoftBank X02NK)も、これで月額4,980円でデータ通信し放題。他にもPSPなど続々とつながるモバイル機器は増えています。

DSC03992.JPG

動くホットスポット、次は外でのテストをやってみないといけませんね。果たしてバッテリはどれほど持つのか。


nice!(17)  コメント(9)  トラックバック(2) 

nice! 17

コメント 9

Riever

これにLa Foneraを繋げば移動するFonスポットの出来上がり…
…ですがさすがにアホですねそれは(笑)
by Riever (2008-04-30 12:17) 

かつぽん

おー凄い!!
最高じゃないですかぁ、やっぱりコレはっ!!

・・・で、なんで3台も(爆)
by かつぽん (2008-04-30 12:51) 

そよかぜ

おお!
これでバッテリーの持ちと重さが何とかなれば
買いたいです。。。ただでさえ持ち歩くVAIOがFZと重いので。。
(って、自分にはハードル高すぎますけど・笑)
by そよかぜ (2008-04-30 13:42) 

およ?

イーモンスターならこんなことせずに出来ると思うのですが、、、
なんか理由あるのでしょうか?
by およ? (2008-05-02 02:01) 

ぱらら

EMONSTERとWMWifiRouterの組み合わせで出来るWiFiはアドホック接続ではなかったでしょうか?確か・・・
by ぱらら (2008-05-02 20:37) 

およ?

EMONSTERとWMWifiRouterの組み合わせのWiFiはアドホック接続できますね
それどころかWalkinghotspotでN95単体でもWiFiできるのに???
by およ? (2008-05-06 23:49) 

kozy

こういった商品があるなんて、すごいですね。驚きです。
でも、これを2個買う人がいるなんて、もっと驚きです(笑)
by kozy (2008-05-26 11:25) 

choochoo jeejo

Cradlepoint PHS300
Amazonで買ったやつですが、すごい便利ですよ。
あまり売ってないみたいだけど、、


http://www.amazon.co.jp/CradlePoint-PHS300-Portable-Personal-Hotspot/dp/B001212ELY/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=electronics&qid=1224038645&sr=8-1
by choochoo jeejo (2008-10-15 12:41) 

osmyism

通信できる端末は1度に1台のみ。また、アドホック通信に対応していないPSPなどの端末では利用できない。
ok?
by osmyism (2008-11-12 08:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る