So-net無料ブログ作成

意気込みは買うけれど… [携帯電話・NTT DoCoMo]

auSoftBankと来て、今日はNTT docomoの年末・来春商戦向け新機種・新サービスの発表がありました。

WS000000.JPG

新たな端末シリーズ向けに22機種をラインナップ
-お客様のライフスタイルに合わせて端末を選択できる豊富なバリエーション-

4つの新しいドコモ (NTT docomo)

新シリーズ・新商品発表会資料 (NTT docomo PDF)

今回最も大きく変わったのは、端末でもサービスでもなく型番のつけ方(笑)。

1995年12月の“デジタルムーバ101シリーズ”以来、13年に渡って続いてきた3桁型番(初期FOMAの4桁など一部例外あり)がついに消滅し、50x/20xや90x/70xのようなハイエンド/スタンダードというヒエラルキーも無くして、「P-01A」「SH-04A」というように、機種の搭載している機能や対応サービスに関係なく、単純に開発順で数字を割り振っていくルールとなりました。

ちなみに「A」は開発年度を示していて、2009年の年末商戦機以降の端末が「B」、2010年の年末商戦機以降の端末が「C」となるようです。

 

そして新たに設定されたのが「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」という四つの端末カテゴリー。

それぞれが、

WS000002.JPG

WS000003.JPG

WS000004.JPG

WS000005.JPG

というように分かれていて、これにらくらくホンを加えた「五つのカテゴリーでお客様のニーズにこたえていく」戦略だそうです。

というように、「これからはお客様本位の端末とサービスを提供する会社に変わっていくぞ」、というdocomoの意気込みを買わないでもないですが、よ~く見てみると何だか今までとあまり変わってないような気が…

「SMARTシリーズ」は明らかに先代まで「μシリーズ」と呼ばれた薄型化重視の機種群ですし、今回わざわざ「大人のインテリジェントケータイ」という変なコンセプト縛りを設けたせいで、このシリーズはモノトーン中心のカラー展開になってしまいました。

一方の「STYLEシリーズ」は、どちらかというと先代の「70xシリーズ」の後継の意味合いが強く、「選べるファッショナブルケータイ」ということで、機能は満載にせずカラーもパステルカラーばかりの色展開に偏っています。

そして「PRIMEシリーズ」は、「ギミックシリーズ?」と言いたくなるような端末群となっていて、サイクロイドに2WayOpenに回転+スライドと、まぁどうみても奇抜なギミックで目を引くことが目的の「90xシリーズ」後継ポジションシリーズです。

最後の「PRO」シリーズは、インターネットマシンdocomo版と言うべきSH以外は、海外スマートフォン直輸入シリーズ。現時点ではとりあえずラインアップに並べただけで、HTC/BlackBerry/NOKIAの機種はiモードメールにも対応しておらず(ソフトウェアで対応させる計画はあるらしい)、このシリーズ専用でiモードメールの変わりに世界標準のMMSを提供するというような気概さえ無かったようです。

てなわけで「変わろう」という姿勢や掛け声は見えたけど、まだ変わりきれずに昔のdocomoが色濃く残った印象を持つ今回のdocomoの発表でした。それでも時代が変わって今までの路線が通用しなくなっているのに、過去の延長でしか発想出来ないauに比べればはるかにマシなんですけど。っていうか年末商戦はau一人負けが決定的だなぁ(^^;

 

それにしてもdocomoの経営陣、「お客様の多様な声を聞いていく」とおっしゃるんですが、

WS000001.JPG

マーケットリサーチやユーザーヒアリングに反映されているのは所詮は「過去」でしかありません。

本当に「未来」を先取りするようなプロダクト・サービスを提供しようと思っているなら、マーケティングデータばかり追いかけるのではなく、「俺がこういう携帯電話が欲しいんだ」というメーカーの企画者・技術者の「想い」を妨げずに製品化させるのが一番近道ではないでしょうか?WalkmanもiPodもマーケットインではなくプロダクトアウトで生まれた製品であるという歴史を考えればね。


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 16

コメント 4

Riever

>今回最も大きく変わったのは、端末でもサービスでもなく型番のつけ方(笑)。
以前から話はありましたが分かりにくいこれには驚きました(爆)

今回でも機種・サービス的に「そそられるか」と言われれば否としか答えようがないので、もっともっと変わっていって欲しいところです。
by Riever (2008-11-06 08:20) 

ショウヘイ

う~ん、期待はずれでした。
何でこうも似たり寄ったりのデザインしかないのでしょうか?
そもそもパナソニックの横開き携帯が人気なのが理解出来ない僕ですので。
あのデザインが売れるというのがほんとよくわかりません。
DoCoMo様には、防水携帯期待していたのですがあの富士通のデザインは?
CASIOの携帯でないかな。
マジでつぎ何にしようか悩みますね。
iphoneももうちょいハード何とかならないものでしょうか?
モデルチェンジまで気長に待つしかないですかね。
今のD905iで充分ですので、スポーツするときに必要な防水携帯の良いのが欲しいなぁと、auにはしたくないので困ったものです。
by ショウヘイ (2008-11-06 09:38) 

kozy

今回は明らかに今までの延長戦で作っていたのを型番変えて誤魔化した感じですが、来年以降からメーカーリードの端末が出るんでしょうかね?

山田社長のソニエリに関するコメントだけがインパクトあったのですが、どこまで信じて良いのやら...でも期待しちゃう自分が居るのですが(汗)
by kozy (2008-11-06 10:37) 

dg

はじめまして。

型番もデザインの一部だという事をドコモは知らないのでしょうかね・・・?

わかりにくくて困ります。
by dg (2008-11-24 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る