So-net無料ブログ作成

Entertainment Unlimited [Sony・MobileCommunication]

16日から携帯電話の祭典、毎年恒例のMobile World Congressがスペインバルセロナで始まります。昨年はWinodws Mobile機XPERIA X1を発表したSonyEricssonでしたが、今年もまたすごいものを用意してきました。

コンセプトは“Entertainment Unlimited”

Sony Ericsson launches Entertainment Unlimited, Reinforcing its Position as the Communication Entertainment Brand (SonyEricssonのプレスリリース)

そのEntertainment Unlimitedコンセプトの第一号機の名前は“Idou”。まだ正式な型番すら発表されず、細かいスペックも謎のまま、外観と断片的な情報だけがサイトに載っているという、ティザー感たっぷりのサイトが公開されています。

Idou (SonyEricsson)

とりあえず現時点でわかっていることは、

・ストレート型 136g 厚さ18mm
・1200万画素カメラ搭載
・キセノンフラッシュ搭載
・3.5インチ16:9画面(1600万色液晶?解像度 360×640ドット)
・全面タッチパネル
・Turbo 3G(HSDPA?HSUPA?HSPA+?)&無線LAN搭載
・microSDスロット?
・OSはSymbian Foundation Platform!
・2009年後半発売

Idou_comp_1009_BLACK_02.jpg

Idou_BACK40H_OPEN_BLACK.jpg

Idou_FRONT_ANGLED_VERTICAL_BLACK_02.jpg

プレス発表後の会場のビデオも徐々に流れてきています。

タッチパネルの動きなんかはなかなか良さそうですね。

そして日本人として最も注目すべきは、1200万画素カメラでも、タッチパネルでもなく、OSがSymbian Foundation Platformなこと。

このSymbian Foundation Platform、それまでベースとなるSymbian OSにNOKIAの「S60」、SonyEricssonの「UIQ」、docomoの「MOAP」と、異なるUIプラットフォームで展開されてきたものを、NOKIAが音頭をとって、N97などに採用されるタッチパネル対応版「S60 5th Edition」をベースにしたものに統一することで、iPhoneやAndroidやWindows Mobileに対抗できるOSに発展させたもので、

Symbian Foundation、統一プラットフォームの見通しを説明 (ケータイwatch)

impressの記事にあるように、このSymbian FounationにはNOKIAを中心に、SonyEricssonやNTT docomo/SoftBank、+J for S60の管理工学研究所なども参画しています。

特にdocomoは、iモードなど世界に通用しないいわゆる“ガラパゴス”仕様な自社の機能を、オペレーターパックという形で一つにまとめ、グローバルなOSであるSymbian Foundationの上に、一アプリケーションとして載せる方向で動き出しているので、その当初のもくろみ通りに計画が進むのであれば、この“Idou”をSonyEricssonが簡単な手直し程度で日本市場に投入する(しかもiモード対応で!でもおさいふは?(^^;))ことが可能なはずです。

そういえばdocomoの山田社長、昨年秋の発表会で「ソニーエリクソンさんはグローバルなものを日本に投入するやり方になるのでは?」、なんて話でメディア側の質問をかわしていましたが、もしかしたらSymbian Foundationのことが念頭にあってしゃべったのかもしれないですね。

どちらにしてもこのSymbian Foundation Platform採用によって、“Idou”の日本投入の可能性(すでに開発チーム・生産ラインが消滅してしまったdocomo-SonyEricssonのグローバル機投入による復活?)、それが無理でも個人輸入による日本語化の可能性(+Jの対応版に期待)は相当期待出来そうな気がします。

もちろん僕は購入決定(笑)、もしdocomo版が出るならN705iμからの機種変更先はこいつになることでしょう。まぁ出なかったら出なかったで、いつも通り日本語化してSoftBankのSIM挿して運用するだけのことですけどね。最近元気のなかったSonyEricssonにようやく明るい兆しが見えてきたMWC2009、他社もどんな面白いモノを出してくるか、今週は目が離せません。

p.s. それにしてもNOKIA N97のデザイナーは日本人だし、Idouも開発コードが日本語起源なのでわかるように東京チームが開発の中心だし、同時に発表されたW995も開発コード“Hikaru”だし、日本人が世界に通用する携帯電話端末を作ることって十分可能なんですよね。それなのに日本国内の携帯電話のていたらくときたら…やっぱり三馬鹿キャリアがよけいな口出しするのが最大の癌としか思えないです。


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 4

Riever

タッチパネルの具合はWalkman X Seriesにも通じるのではと思い、動画をじっくりと拝見しました(笑)

でも・・・うーん。タッチパネルだとすんなり受け入れられないのは私だけでしょうか・・・
by Riever (2009-02-16 10:01) 

かつぽん

急にS001が陳腐化して見えてきました(^^;;;
ホント日本市場はオマケなんだなぁ・・・
by かつぽん (2009-02-17 16:26) 

sundayblue

>「ソニーエリクソンさんはグローバルなものを日本に投入するやり方になるのでは?」

この発言を聞いた時、もう質問は終わりです的なバタバタ感もあったので
あぁその場凌ぎの言かと思っていたけど
かなり期待できそう!

そうそう、このBluetoothヘッドフォン、
欲しいなぁ~って思って売ってるところもみつけた☆
お値段も良かったけど手に入れたい!
by sundayblue (2009-02-20 10:50) 

あおえび

日本でidouが発売できるなら、XPERIA X1も発売できるのではないでしょうか?
by あおえび (2009-02-21 20:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る