So-net無料ブログ作成

今日を生きるということ [日記]

先日急病を患って入院していたakoustamですが、本日無事退院いたしました。

このたびは読者の皆様に多大なご心配をおかけしましたことを、ここにお詫び申し上げると共に、入院エントリに温かい励ましとお見舞いのコメントを寄せていただいた方々、コメントは無くともPVというかたちで無言の応援をしていただいた全ての読者様(あんな私的な入院エントリに閲覧数1,300!)に心より感謝いたします。

本当に本当にありがとうございました。

さて、その問題の「急病」というのが、いったい何の病気だったのかというと…

突発性難聴(Wikipedia)

といういつぞや浜崎あゆみがかかったことを告白して話題となった、原因不明の難病でした。

Wikipediaにあるとおり、この病気は発症した時間が明言できるほど突発的に訪れ(僕の場合は4月15日の午前10時)、いきなり片耳が水泳後の耳に水が入ったときのように聞こえなくなってしまうので、当初は「いったいどうなってるんだ?」とかなり戸惑いはしたのですが、どうも僕が鈍感なのか、生まれつきの楽天家だからなのか、

>健康体からの突然の発症からくるショックや、耳の異常を常時自覚せざるを得ないため、深刻なストレスと精神的苦痛を常に強いられる。

なんてことはなく、「ま、人生なるようにしかならないから」とお気楽に構えてたりしてました(^^;

実際「後遺症が残るかもしれない」「聴力が一生戻らないかもしれない」という情報を知ったときも、人生に絶望した!な~んてこともなく、思いついた感想は、

「4ヶ月前に折角ホームシアターセットをそろえたばかりなのに、機械より先に俺の耳が故障かよ。どうせなら買う前に発症してくれれば、α900とか耳と関係ない別のモノが買えたのに~。」

だったり(爆)いやはやデジモノ好きというのは変なヤツですねぇ(お前だけだ)。

なお、今日退院したのは難聴が完治したからではなく、“発症から2週間が勝負”という初期の治療がとりあえず完了しただけなので、現在も僕の右耳は高音域の聴力が戻っておらず、「キュイ~ン」という高周波の耳鳴りが右耳から聞こえ続けています(今日からは飲み薬で徐々に徐々に時間をかけて治していく段階)。完全復調宣言まではいましばらくお待ちください。一生復調しないかもしれませんけどね(笑)。

 

ま、そんなこんなで会社にも休みをもらって、去年の北海道旅行以来の長期休暇を満喫させていただいたのですが、入院中の食事はこんな感じ、

RIMG0121.JPG

RIMG0115.JPG

RIMG0116.JPG

質素でしょ?こうして一日三食で1800Kcal~2000kcalほどしか口にせず、後は毎日点滴中に本でも読みながらノンビリ寝っ転がってるだけで、筋肉も落ちてしまったからなのか、この10日間で2kgも痩せてしまいました。

問題の治療薬(難聴の原因がウィルスと考えられる場合のステロイド剤と、血流障害が考えられる場合の血流改善剤の二種類)点滴ですが、10日間で合計17本!とにかく朝起きて、朝食食べたら、昼過ぎまで点滴の繰り返しでした。

そうなると点滴のたびに針を打ち直してなんていられないので、一度点滴用の針を打ったら、針の部分は3日間そのままつけっぱなし、

RIMG0120.JPG

ちょっと血が逆流してるのでグロ画像となってますが(^^;、こうやって自分の体にチューブがつけっぱなしだと、なんだかサイボーグにでもなった気分でしたね。

 

以上akoustamの発病と入院の様子はこんな感じです。

今回健康だけがとりえだった僕が生まれて初めて、後遺症が残る可能性があったり、入院治療するほどの大病を患ったわけですが、やっぱり一番感じたのは「『明日出来ることは明日やればいい』という生き方ではダメなんだな」ということ。毎日毎日人間が生きていくうえで、“明日”が何事もなく無事に訪れることが、どれほど幸せでありがたいことか!

「明日やればいいや」といって今日をおろそかに生きていると、その明日がやってこなくて悔いを残すことになるというのは、生命体に死というものが平等に訪れる以上、別に誰にだって起こりえるわけで、「自分だけは特別」といった感覚に陥っていた自分がいかに傲慢だったかつくづく思い知りました。

前述のオーディオ一つとったってそうです。「どうせいつでも聴けるから」と真剣に向かい合うことなく、音楽をなんとなく聴き流していたのが、今となっては普通に聴くことすら出来ない状態で、「あ~あのCDちゃんと聴いておけばよかった。どんな音が詰まっていたのだろう。」と悔やむことしきり、これからの人生、もうちょっと“今日”という時間を無駄にせず、大切に使って生きていこうと思います。

 

しかし神様ももうちょっと発症のタイミングを考えてくれれば良かったのに、

RIMG0122.JPG

何もこんなに“音を楽しむモノ”が届く予定だった週に、僕の耳を故障させなくてもねぇ(^^;(^^;(^^;


タグ:blog
nice!(19)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 12

店員佐藤

大切な時間を失った代わりに得られたものもあったようで
なによりです。時間をかけてゆっくり治していきましょう。
これからも応援しています。

まずは、ウォークマンXのレビューを観たいんですが。(^_^;)
by 店員佐藤 (2009-04-28 00:01) 

bar07

welcome BACK!
わたしも2年半ほど前に入院して、当時、最悪の事態も...という医者のコメントがあったことを思い出しました :)
経験としては、ムリせずゆっくりと、というのがいいんじゃないかと思います。


by bar07 (2009-04-28 00:35) 

朋パパ

突発性難聴なら、治る可能性がそれなりに高いので良いですね。
ただ、突発性難聴から別の症状に移行する事もあるので、病状が変化したら、再度病院に行かれる事をおすすめしておきます。

また面白いエントリー期待してます。
by 朋パパ (2009-04-28 00:38) 

かつぽん

おかえりなさい♪

・・・まぁ、そうでもしないと休まない人だから
神様が強制的に・・・ってのもあるかもしれません。
お大事に。そして、そんなとき心の支えになってくれる(ry
by かつぽん (2009-04-28 03:50) 

Virgo

おかえりなさいませ。

そうそう、神様が与えてくれた特別休暇だったんですよ、きっと。
なので、退院していきなり全開レビューしちゃ駄目ですよ(^_^;;

それにしても点滴の針って、3日もそのままなんですね、今は。
私が入院した20年前は、毎日だったなぁ。
まぁ、刺されるの嫌いじゃないから良かったけど。

とにもかくも、お大事にして下さいね。


by Virgo (2009-04-28 08:04) 

Riever

突発性難聴なら十分治る可能性がありますから、今はあまり酷使なさいませんよう。
頑張ってください。
by Riever (2009-04-28 10:34) 

Santa

人の振り見てなんとやら。
人間おろかでなかなか自分ことのように
思えないものです。

だから失敗を繰り返すのでしょうね。
どうぞお大事に。

by Santa (2009-04-28 14:10) 

モーリタイザー

生還おめでとーございます!これからも生きる希望の歌声をぼくらにきかせてくださいね なんちて 冗談ですが
ほんと他人事じゃないんですよねー
腕のあとが痛々しくて;;;
お大事になさってください
体は1つ
耳は2つ!
by モーリタイザー (2009-04-28 14:26) 

ななし

退院おめでとうございます!
なんで点滴の血は逆流するのだろう。
入院したときにいつもそれが恐怖だった・・・
by ななし (2009-04-28 17:26) 

K

おじゃまします
 退院おめでとうございます^^。いろいろ不自由もあるようですが、体を大事にしてゆっくり直していって下さい。

 気になっていたホームシアター関連の続きも楽しみにしております^^。
by K (2009-04-28 20:03) 

arkstar

お帰りなさい。
病院食やっぱり質素ですね(^_^;)
ただ、バランスはかなり考えられているので、
健康の為には良いですよねぇ。

点滴針、一旦刺さっちゃうともう痛くないので、
挿しっぱなしの方が良いですよねぇ。
私の左腕には針が刺さらなくなった血管が有りますが、
針の抜き差しのし過ぎですからねぇ。

皆さん書いてますが、いきなりの全開レビューはダメですよ(^_^;)
by arkstar (2009-04-29 16:10) 

as

おかえりなさい。これからしばらく闘病生活とのことですが、精神的に強い人は、必ず病気も快方に向かうはずです。頑張ってください。皆さんがコメントを寄せているように、絶対に行き成り全開エントリーはダメですからね。徐々に徐々にです。

皆がakoustamのことを心配しています。だからゆっくりとakoustamさんのペースで頑張ってくださいね。いつまでも応援しています!!
by as (2009-05-02 14:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る