So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone 3G Review iPhoneOS3.0篇 [携帯電話・iPhone]

日本時間6月18日午前2時過ぎ、待望のiPhoneOS3.0のダウンロードが開始されました。僕も早速インストールしてみたので、使用感など簡単な概要をお伝えします。

どうも世界中から一斉にアクセスが集中したからなのか、2時のタイミングでは配信サーバが非常に重くなっており、FTTHの我が家でもダウンロードに約30分、その後のインストール作業を含め40分ほどの時間がかかったのには参りました。

で、今回の2.2.1→3.0で強化された機能は多岐にわたりますが、まずぱっと見で最初にわかるのがホーム画面。

IMG_0013.jpg

このように新アプリ「ボイスメモ(ボイスレコーダー機能)」が、ホーム画面の1ページ目右下に追加されます。そのため自分でホーム画面1ページ目右下に置いていたアプリが、2ページ目に自動移行し、2ページ目はそのアプリだけのページ、今までの2ページ目が3ページ目に、3ページ目が4ページ目にと1ページずつ増加してしまうので、再度自分でアプリの並びを整列させる必要があります。

そして最下段ホーム画面のページポジションを表す白いポイント群の左隣に、Spotlight検索機能の虫眼鏡アイコンが追加されているのもおわかりいただけるでしょうか。これでホーム画面を右へどけるようにフリックすることで、今度は左側からSpotlight検索の画面が出てきます。

IMG_0035.jpg

このSpotlight検索を使えば、iPhone内のアプリ・写真・音楽など全データに対する検索をかけることが出来るので、なかなか便利です。

 

次に大きく変わったのが「SMS」が「SMS/MMS」になったこと。

今まで電話番号で文章をやりとりできる携帯電話メール機能「SMS」と、POP/IMAP対応で標準的なEメール機能が使える「メール」の二種類しかなかったiPhoneに、SMSを写真やデータのやりとりを出来るように拡張した「MMS」が追加されたのです。

幸いなことに日本ではSoftBankがVodafone時代から、携帯電話メールに世界標準のMMSを(現名称:S!メール)採用しているので、端末側のiPhoneが対応したことで、他のSoftBank端末と同等の携帯電話メール機能を持つことになりました。

そう考えると、iモードメールなどという世界中のどこも採用しなかった不便なメールサービスに、未だに固執し続けるdocomoが、日本のiPhone提供キャリアにならなくてつくづく良かったと思います。

というわけで既にiPhoneを持ってるユーザーは、IMAP4メールである「Eメール(i):i.softbank.jp」だけでなく、「S!メール:softbank.ne.jp」のアドレスもとれるので、さっさと取得してしまいましょう。

まずはPC版のMySoftBankにログインします。

WS000003.JPG

ここで真ん中三段目にある「メール設定」をクリック、メール設定のログイン画面が出てきます。

WS000004.JPG

ここでのログインIDは自分のiPhoneの電話番号、パスワードはiPhoneを買ったときに「940001」という番号から届いた、システム登録完了確認SMSに記載されているので、それを入力します。

WS000005.JPG

ログインが完了するとこの画面に遷移し、適当な英数字@softbank.ne.jpという仮アドレスが発行されているので、「変更する」をクリックします。

WS000006.JPG

後は他の携帯電話と一緒、早い者勝ちで自分の好きなアドレスをとることが出来ます。

続いてiPhone側の設定。ホーム画面→設定→SMS/MMSとたどり、MMSメールアドレスに先ほど取得した自分のMMSメールアドレスを入力しておしまいです。

IMG_0012.jpg

auのCメール/Eメール、docomoのSMS/iモードメールに慣れていると、「電話番号でやりとりできる短文メール」と「写真やデータを添付できる長文メール」は全く別物のメールシステムのように使い分けないといけないように感じますが、先ほど書いたとおり本来MMSはSMSを拡張したもので、シームレスに使うのが世界標準の使い方です。

ですので、iPhoneのMMSもSMSと同じ吹き出し型で処理され、添付した写真もその吹き出しの合間に挿入されて表示されます。

IMG_0014.jpg

で、実際に僕が通常SoftBank回線で持っているNOKIA N95とやりとりしてみたところ、何の問題もなく電話番号だけでMMSを受信し、iPhoneに返信することが出来ました。もちろんSMSと同じシステムなので、メールが届いた瞬間に着信音が鳴動します。

Screenshot0032.jpg Screenshot0033.jpg

こうなれば、iPhoneも普通のSoftBank携帯電話と全く同じ感覚でメールが使えますから、SoftBankユーザーの機種変更への抵抗感は大幅に薄まったのではないでしょうか。

後は今日SoftBankからMMSの詳細が発表されるので、新たにメールアドレス取得するのではなく、今までユーザーが使用していたsoftbank.ne.jp/○.vodafone.ne.jpアドレスも、そのまま変更無しで機種変更可能となっていればいいですね(システム的には可能なはず)。

【追記】 SoftBankより正式な発表がありました。やはり通常のSoftBank端末から機種変更の場合は、softbank.ne.jp/○.vodafone.ne.jpとも、そのままメールアドレス変わらずに利用可能だそうです。それと長時間MMSを受信できない状態にあったときに、受信操作を行うための「新着MMS受信」というアプリをSoftBankが提供するようです。相変わらず力入れてるなぁ、SoftBank。

 

続いて大きなトピックスは、カット/コピー&ペーストに対応したことです。

これは今まで出来なかったこと自体がおかしな話で、iPhone最大の弱点とも言えたのですが、どのようなカタチで実装してきたのか見てみましょう。

個人的に僕が最もコピー&ペーストを使いたいのは、twitterのつぶやきにURLを貼りたいとき。今まではそれがあまりに面倒だったので、iPhoneから投稿するときはほとんど文章オンリーとなっていました。

URLをコピーするには、まずSafariでアドレス入力画面を呼び出し、アドレスバーをなぞって始点となるところに青いカーソルを持って行きます。

IMG_0027.jpg

始点まで着いたら、一度指を離すことで「選択/全選択/(クリップボードにデータがあるのなら)ペースト」という吹き出しが表示されます。

IMG_0028.jpg

ここで「全選択」を選べば、次に「カット/コピー/(クリップボードにデータがあるのなら)ペースト」の吹き出しが出てくるので目的の操作を選択して完了ですが、「選択」を選ぶとテキスト上に青い丸が出てきます。

IMG_0029.jpg

この青い丸がちょうど画像系ソフトのハンドルみたいなもので、指でハンドルをつかんでスライドさせることで、想像以上に直感的に範囲指定出来るようになっています。範囲指定が終われば、後は「全選択」と同じく操作を決める吹き出しが出てくるので、それを選んで終了です。

で、アプリをまたいで今度はTwitterFonを起動しつぶやき入力画面に行きます。

ここでテキスト入力部を指で長押しすると「ペースト」の吹き出しが出てくるので、

IMG_0031.jpg

これを選ぶと、見事に先ほどコピーしたURLが貼り付けられました。

IMG_0032.jpg

いやいやこれでTwitterの投稿もかなりやりやすくなって、これからはURLで元ソースに言及したつぶやきが増やせそうです。

なお、このカット/コピー&ペーストに限ったことではないですが、このOS3.0から「本体を横にシェイクすることによる一つ前の操作取り消し機能」というものがつきました。たとえばコピーするはずが思わずカットしてしまった時などに、「やべ、今の間違いだよ、間違い!」とばかりにiPhone本体を横に振ると、

IMG_0034.jpg

このように一つ前の動作を取り消すことが出来ると、そういうわけです。地味だけどこれかなり便利だし、よく考えてあるなぁと思いました。

 

続いてのトピックはBluetoothのオーディオ系プロファイル対応。

今までBluetooth搭載と言いつつ内実はHFP/HSP系プロファイルのみで、実質的にはBluetoothハンズフリーキットをつなげるためだけの存在になっていたiPhoneのBluetooth機能も、これでようやくワイヤレスヘッドフォンをつなげるようになりました。

で、さっきのMMSの写真にあるように、どうせなら「マスコミが勝手にiPod対抗機に仕立て上げたおかげで、消費者に本当の楽しさが伝わらないまま、その存在が忘れ去られようとしている悲運の名機(笑)」“Rolly”をiPhoneの外部スピーカーにしてみました。

まずはホーム画面→設定→一般→Bluetoothとたどり、Bluetooth機能をONにします。すると機器の自動探索を始めるので、ペアリングする機器も同じく探索モードにします(Rollyは再生ボタン7秒押し)。

これで目的の機器がiPhoneに出てきたら、タップして登録を始めます。

IMG_0016.jpg

Bluetoothのペアリングにはつきもののパスコードは、iPhoneだとPINと表記されます。Rollyは「0000」なのでiPhoneにそれを入力。 

IMG_0017.jpg

これでペアリング作業は完了。iPhone-Rolly間が接続中の状態となりました。

IMG_0018.jpg

接続中はiPod画面の下のほうに出力されている機器が表示され、Bluetoothマークも上下に接続状態を示しています。

IMG_0019.jpg

リモコンなどのコントロール信号を受けるAVRCPにも対応しているので、RollyからiPhoneの再生・停止、音量調整を行うことも出来ます。

DSC05163.jpg

おお、ちゃんと音が出てる出てる(^o^)。ただ残念ながらプロファイルが適合しないのか、曲送り/曲戻しがRollyから出来ないのは残念です。

 

最後ユーザーにとって意外に大きな変更となるのが、Apple標準アプリの横表示対応拡大ではないでしょうか。

今まではSafariぐらいしか横画面表示が出来ず、メールやメモも横幅が広くてミスタッチが少ない横型QWERTYキーボードで打ちたい、という要望は相当あったようですが、今回の3.0から、

IMG_0025.jpg

連絡先(いわゆる電話帳)、

IMG_0020.jpg

SMS/MMS、

IMG_0022.jpg

メール、

IMG_0021.jpg

メモ、

IMG_0023.jpg

電卓(読者のJJさんよりご指摘いただきました。電卓は前のバージョンから横表示もあったそうです。そういえば、電卓の時に横に向けるという発想が無かったなぁ(笑))

IMG_0024.jpg

株価、といった標準アプリが横画面に対応しました。残念ながらマップ/カレンダー/App Storeなどは横画面対応しなかったので、次こそは対応して欲しいとこです。

 

以上駆け足でiPhone OS 3.0の変更点を追いかけてみましたが、上であげた点だけでも大幅に便利になっており、他にもSafariの速度向上とID/パスワード保存、日本語入力機能の強化といった、目に見える使い勝手の向上はかなりのものになります。

昨年7月11日の発売当初は「あれが無い」「これが不便」「よく落ちる」と色々と言われたiPhoneも、ソフトウェアのアップデートで携帯電話としても優れた機能を持つようになってきていて、今後はアプリからDockコネクタにアクセス可能となったことによる周辺機器の拡大など、目に見えない部分のアップデートによるユーザービリティの進化も期待できる状態にありますから(個人的にはバッテリジャケットのようなカタチでのFelica対応、その名も「おさいふケータイジャケット」をSoftBankがやるのではと予想)、この勢いだと来週のiPhone 3G S発売によって本格的にブレイクするかもしれませんね。

それにしてもこれだけのアップデートを無料でやることで、お客さんを逃がさないですむし、一度設計したハードウェアを長いサイクルで売ることが出来るしで、Appleは自分達が儲かるようにちゃんと考えてるなぁとつくづく思いました。

あれこれ行き当たりばったりで機能を実装したり拡張したりのおかげで、アップデートとは名ばかりのバグつぶし追われ、さらに半年おきに大幅モデルチェンジと、仕事ばっかり増えて消費者からは飽きられる一方となっている日本の携帯電話は、赤字垂れ流しの中でいったいどうやって対抗していくのでしょうか…心配です。


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 17

コメント 10

Virgo

国産の巻き返しは、今回ばかりは、相当なばねを必要とするでしょうね。

この筐体をあまりいじらずに、内なるものを磨くだけでいつまでも新鮮に使える機体構築って、たぶん、電子立国日本の生産サービスにはなかったものでしょうから。
by Virgo (2009-06-18 09:15) 

aiho

素朴な疑問なんですが、iphoneてPCみたいに画面のキャプチャできるんですか?
by aiho (2009-06-18 09:31) 

ショウヘイ

わかりやすい解説ありがとうございます。
いつでも変えれるようにiTunesインストールして、safariも使い始めました。
後は、outlookのアドレス帳の整理かな。
準備は万端です(笑)。
でもあわてませんよ。
キャンペーンは9月まであるし、それ以降も何かしらありそうですからね。
それにしても正直、sonicstageの方が使いよいと思うのは単に慣れだけですか?
この前、あるスポーツのイベントで、イベント会社の人が音楽流すのですが、すべてipodでした。
いろいろ聞いたら、すべてipodで管理しているそうです。
流したい曲があればipodを貸してくれれば流しますよって。
walkmanは駄目ですって。
車の中もそうですが、至る所で互換性という部分で違いを見せつけられています。
それと、あまり言えませんがsonyの関連会社の人も、会社の景品でwalkmanが当たって、ブーイングの嵐だそうです。
何でipodじゃないのって(笑)。

なんか近い将来携帯電話(iPhoneはそう言って良いのか別として)もそうなるような気がします。
間違いなく、DoCoMoの考え方じゃ衰退する一方でしょう。
いまのシステムじゃ、末端メーカーが損するだけで、通信会社は痛くもかゆくもないですからね。
こんなところに新しい考えなど出てくるはずはありません。
by ショウヘイ (2009-06-18 10:00) 

JJ

はじめまして。

アプリの横表示のところですが、電卓は結構前から横表示に対応してましたよ。
(確か1年近く前からです)
by JJ (2009-06-18 11:08) 

店員佐藤

電話帳が女の子の名前ばっかりで
うらやましいです♪
by 店員佐藤 (2009-06-18 11:58) 

arkstar

以前と変わらず連絡先は女性の名前ですね(^_^;)
横画面対応が増えたのは良いですねぇ。

アンドゥがiPhoneのシェイクっていうのがAppleらしいなぁって思います。
モーションセンサー忘れないでね。って言ってるみたいです。

ボイスメモは長時間録音ってやっぱり厳しいですかねぇ
会議を丸ごと録音出来たら、
別でボイスレコーダー買わなくて良いよなぁって思ったりしてます。

by arkstar (2009-06-18 11:59) 

arkstar

>aihoさん
iPhoneの画面キャプチャーって、ホームボタン+電源ボタンで簡単にキャプチャー出来ますよ。
by arkstar (2009-06-18 12:03) 

かつぽん

相も変わらず素晴らしい記事、脱帽ですm(__)m

ホントOS3.0アップデートは素晴らしかったですね。
何気にヨドバシ行ったら予約できちゃったので
ついうっかり3G S予約しちゃったんですが(爆)
ココまでのアップデートなら「本日分の予約は完了〜」
とか言われちゃっても余裕で待てますからねぇ!!

by かつぽん (2009-06-18 17:17) 

as

今回も渾身のレビューですね。本当に参考になります。しかしこれだけのバージョンアップを無料で行うとは・・・国産メーカーの路線とは一線を画す展開に、どれぐらい勢力を拡大していくのか楽しみですね。
by as (2009-06-18 20:42) 

Takkun

iPhoneの電卓は、関数計算ができるので、とっても使いやすいんですよね。

個人的に、Bluetoothの電波が弱いように感じます。
by Takkun (2009-07-08 01:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る