So-net無料ブログ作成
検索選択

走ってみた [スペイン・フランス自転車旅行記]

昨日の大失態を取り返すべく今日は朝6時前に起床、さっそく牛追いのスタート地点に向かいます(え?走らないんじゃ無かったのかって?いやいやこんなチャンスもう二度とありません、人生後悔の無いように生きないと(笑))。

今日は昨日に比べると参加者もギャラリーも少なめ、一見さんは昨日走ってしまったと言うことでしょうか。

気候の話をしていなかったのですが、パンプローナは標高480mの場所にあり、海から離れた内陸部のため、7月でも朝はかなり冷え込みます。6時過ぎの段階だと気温は10℃ちょっと。白いTシャツ一枚ではちとつらい感じです。

走る距離は800mほどとはいえ、いざというときに全力を出せないと命に関わるのですから準備運動は入念に、一応僕も高校生の時は陸上部で長距離走をやっていた身ですので、昔を思い出しながら体を温めていきます。

朝7時過ぎに各見物場所のバリケードが閉じられ、その段階でルートに入場していたメンバーが走る権利を持ちます。周りの人たちも徐々にウォーミングアップを開始し、盛り上がってきました。

開始15分ほど前、冷やかし組がバリケードの外に出て一気に人数が減り、周りのスペースが大きくあきました。これなら将棋倒しにはならなくて済みそう。

そしてスタート時刻午前8時、一発目の号砲とともに雄牛が放たれます。

僕はスタート地点から200mほど先でスタートを迎えたためまだ牛は見えませんが、いきなり追い抜かれたら興ざめなので、ジョギングペースぐらいで走り出します。

初日に僕が撮影ポイントにしていた市庁舎横を通過。後ろを振り返りながら出来るだけ壁沿いを走ります。すると大きな人の波とともにたくさんの雄牛が!遠くで見てもかなりの迫力です。

牛が近づいてくると、周りのランナーも半パニック状態に。後ろから横から「どけ!」とばかりに押されます。周りで転んでいる人もいましたが、かろうじて僕はバランスを保ちながらスピードを上げていきます。

ここでアクシデント!後ろの人にかかとを踏まれ靴が脱げかかってしまったのです。

ところが何故か僕も落ち着いていて、冷静に靴を整えて真後ろを振り返ると、斜め後ろには黒い牛が走っていました。「大きいなぁ」と感嘆する余裕すらあったのは、牛が明らかに僕を見ていなかったから(笑)何事もなかったかのように雄牛の集団は僕の横をすり抜けていきました。

エスタフェタ通りの長い直線では冗談半分に全力疾走。すると後ろから遅れてスタートした去勢牛がやってきました。

彼らはおとなしいですし、スローペースで走っていくので追い抜かれたところでおしりについて今度は僕が追いかける番です。

そして無事ゴールの闘牛場へ。

この間たったの5分ほどのこと。でも一生の思い出に残る最高に楽しい5分間でした。ホント走って良かった。

その興奮も冷めやらぬまま、朝食を食べ宿に戻って出発の準備。ここからは本題の自転車旅のスタートです。

RIMG0395.jpg 

午前10時にパンプローナを出た後は15分ほどで市街の外へ、パンプローナもそれほど巨大な街ではないので、すぐに田舎道のような風景になります。

30分ほど走っていくと前方に一面黄色い丘が出てきました。

はい、皆さんおわかりですね。夏の南欧名物ひまわり畑です。

RIMG0400.jpg

走っていればこんなひまわり畑が次々と出てきます。

気温は23℃ほどなのに、日差しが強いので「暑いなぁ」と感じながら走っていきますが、自転車こぎは常にエネルギー補給をしていかないと、簡単にハンガーノックを起こしてしまうので、チョコレートなどを食べながら進んでいきます。

RIMG0406.jpg 

途中斜度9%という登りに遭遇したり、

RIMG0408.jpg 

四苦八苦しながら走ること3時間少々、Yesaという街で昼食をとることにしました。

RIMG0409.jpg 

ここのレストランは何故か「ヤマグチ」という名前。ちなみに日本食レストランではありません。パンプローナにも「ヤマグチ公園」があるし、何の関係なんだろう。

RIMG0410.jpg 

運動するのにこの昼飯は重すぎたか?(笑)

RIMG0411.jpg 

再出発するとその先にはダム湖である「Yesa湖」が出てきます。

RIMG0414.jpg 

しばらくは右に湖面を見ながら走行(僕の右腕が映っちゃってますね、お見苦しいものをすみません)。

その後も暑さに参りながらも淡々と進んでいきますが、左前方にはピレネーの山々が、

RIMG0417.jpg 

あれを越えなくてはいけないのか…

結局今日は120Km弱を走ってJacaという街へ。案内板にしたがってキャンプ場「Ain Jaca」を目指したのですが、

RIMG0419.jpg

これが街から2Kmほど離れた丘の上にある、とんでもないロケーション。

RIMG0422.jpg 

でも何故か無線LANはあるし、

RIMG0423.jpg 

プールやホットシャワーも完備といたれりつくせり。さっさとテントを張って、

RIMG0420.jpg 

動画のエンコードを始めてしまいました(笑)

RIMG0424.JPG 

8年前に旅をしたときも思いましたが、ヨーロッパのキャンプ場って設備が整ってるから便利なんですよね。これで600円ほどなんですから安いもんです。

明日は途中世界遺産の一部であるピレネーのアニスコロ渓谷を見ながら、さらに東の街を目指します。


タグ:旅行
nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 16

コメント 3

かつぽん

楽しそう♪満喫してますね〜(^O^)
by かつぽん (2009-07-10 09:32) 

店員佐藤

ビデオを横向きに撮影するのってありですねぇ。
それと、そうか、日本ではないから右側走行に
なるんですね。

バッテリーの補給はこのキャンプ場でできるん
ですかねぇ。
by 店員佐藤 (2009-07-10 10:05) 

Virgo

キャンプ場の受付の壁、チェレステグリーンでいいですねぇ。

やっぱ、映る景色がいいなぁ。
by Virgo (2009-07-10 13:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る