So-net無料ブログ作成
検索選択

いつでも微笑みを [スペイン・フランス自転車旅行記]

バルセロナ空港を出発するのは昼の12時。チェックインの時間なども考えて、宿の朝食を急いでかき込みます。

RIMG0641.jpg

8時半に宿を出ると、朝は車も少なく40分ほどでバルセロナ空港に到着。

RIMG0643.jpg

さっそく分解して輪行袋につめこみます。

RIMG0644.jpg

行きの成田ではあれだけもめた自転車のチェックインも、「自転車?」「うん、自転車」「そう」のやりとりでおしまい。これが後々問題を引き起こすことに…

12時過ぎ、飛行機はスペインの地を離れ2時間かけてオランダ・アムステルダムへ飛んでいきます。

RIMG0645.jpg

機内食またサンドイッチかよ。

行きの時のような乱気流もなく、アムステルダム・スキポール空港に到着。

RIMG0646.jpg

ここで成田行きに乗り換えるわけですが、時間はわずか50分しかなく、急いでEUからの出国手続きを行います。

あとは日本に帰るだけ。機内食はやっぱり箱詰め型、KLMはこういうノリなんだなぁ。

RIMG0647.jpg

「チキンorパスタ?」で「チキン」選ぶとこの通り、

RIMG0648.jpg

つまり鶏肉の筑前煮と(笑)。あいかわらずこの蕎麦つゆの容器がカブトムシの餌としか…

Walkman Xのノイズキャンセリング機能のおかげで機内では静かに過ごせますから、長時間フライトの割にあまりストレスを貯めずにいられました。

シベリア上空で「スープ?アイスクリーム?」とおやつタイム。「んじゃスープ」と選んだら、

RIMG0649.jpg

カップヌードルかよ!(笑)しかも「NUDELN」ってドイツ語?容器はプラ製だし、なんだか不思議な感じです。

日本到着1時間半前、朝食が出てきましたが、

RIMG0651.jpg

ホットツナサンドと、

RIMG0652.jpg

ムース・フルーツ・ケーキとデザート詰め合わせが入っていました。

フライト時間10時間少々、僕の2週間の旅はあっという間に終了し成田に到着です。

RIMG0654.jpg

あとは自転車受け取って、自宅に帰って、ゆっくり寝て、仕事復帰に備えないと…そんなことを考えながら成田空港を歩いていたのですが、最後の最後にまたまた大事件が待っていました。

預け荷物の受取場で待てども待てども、僕の自転車が出てきません。

まぁベルトコンベアーに載らない大きな袋ですから、世界中どこの空港でも別窓口から手渡しされることが多く、今回もそのパターンだろうと余裕で構えていたんですけど、30分ぐらいで「全部出ました」と言われた段階でも袋はどこからも出てこない。

はい、ロストバゲージ(荷物紛失)です。

初海外から13年、何十回と飛行機に自転車を載せてきた僕も、これは初めての経験。KLMの係員にコンピュータで追跡してもらったところ「バルセロナで載せた記録が見つからない」という回答でした。お~い、あのバルセロナのスムーズなチェックインはなんだったんだ~(笑)

というわけで追跡して見つけ次第、日本にやってきて僕の自宅に配送してくれるそうです。

係員のお姉さんは「申し訳ございません」としきりに謝っていましたが、逆に僕は「自宅まであの重い自転車一式を持って帰らなくてすむならラッキー!」と笑顔であっさり成田を後にしました。旅をするならこれぐらい余裕をもった心構えでいかないとね。何か起こるたびにいちいち気にしていたらやっていられません。旅は“いつでも微笑みを”の精神で!

 

以上自転車が還ってきてないのでちょっと中途半端ですが、今回の「スペイン・フランス自転車旅行記」はこれにて終了です。

今回の旅も色々なことがありました。楽しいこと、怖かったこと、きつかったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、驚いたこと、みんないい思い出。僕にとっては8年ぶり二度目のスペイン・フランスでしたが、ラテンヨーロッパらしい陽気で明るい人々とのたくさんの出会いがありました。それにしてもピレネーの峠の連続はつらかった(^^;

でもやっぱり自転車旅はいいですね。

バスや電車の旅と違って、その国の道端の小さなこともちゃんと見えてきて、ノンビリと時間が進んでいくのは素晴らしい体験です。いきなり海外ではなく近所の小旅行でもいいので、皆さんも是非やってみてください!

 

さて、この旅ではe-sonyshop COLORTEC店員佐藤さんのサポートがありました。VAIO type Pによるハイビジョン動画のアップロードノウハウを教えていただき、VAIO type PのLバッテリとHandycam HDR-TG5V用のバッテリも貸与していただくなど、今回は佐藤さんのサポートがあってこその旅行記となっています。その節は色々とお世話になりありがとうございました>佐藤さん

そしてこの旅のメインテーマは、もちろん「ツール・ド・フランスの日本人選手二人を現地に応援しにいく」だったわけですが、僕の中には「VAIO type PやHandycamで旅はこんなに楽しくなる、という使用法を僕自身がモルモットになって体現する」というサブテーマもありました。

最近のモバイル分野はiPhoneとネットブックが流行り(ちょうど旅の最中にSonyからもVAIO Wというネットブックが発表されていましたね)で、今年頭に華々しくデビューしたはずのVAIO type Pも、ネットブックのように安いわけでもなく、iPhoneのように手軽で軽快でもない、中途半端な存在になっている部分があります。

また、Handycamも未だに「子供の成長記録を撮る」以外の用途がなかなか浸透せず、新入学シーズンと運動会シーズンに集中的に売れる季節商品として、市場規模が横ばいのままになってしまっているのが現実です。

でも、スマートフォンよりハイパワーで、ネットブックの半分の重さで画面の広いVAIO type Pと、最軽量ハイビジョンHandycam TG5Vを組み合わせなら、あとはネットワーク次第で、世界中どこからでもこれだけの情報の記録と発信を行うことが出来るんだ、UMPCもHandycamも持ってみたら色々と面白いかも、とこの旅行記を見てくださった読者様が少しでも感じてくださり、製品がもっと売れるようになるなら僕の目論見は成功です。

だってどちらのシリーズも、売れなくてSonyが匙を投げてしまうようなことになったら、僕が困りますから(爆)

RIMG0655.jpg

それにしてもダウンヒル撮影で風圧にさらされ、常に強烈な太陽光線を受け続け、これだけ傷だらけになりながら、全く故障することなく動き続けたTG5Vと、フロントバック内で高温状態に置かれ、キャンプ場に着くやいなや動画エンコードでCPU100%連続動作を行うという、過酷な使用環境を完璧に乗り越えたVAIO type P、こんな素晴らしい製品を作ってくれたSonyの方々には感謝です。

 

では、最後になりましたが、二週間この旅行記につきあっていただいた全ての読者の皆様

本当にありがとうございました。


タグ:旅行
nice!(26)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 26

コメント 8

とおりすがり

nice!をやろうとおもいましたが、やりかたがわかりませんでしたので(笑)
長旅、おつかれさまでした。臨場感溢れる文体ときれいな写真の連続で、数日間毎日楽しみに拝見させて頂きました。
最近sony製品からは離れてしまっていますが^^;未だにデジタル機器を購入するときにはsonyから見ています。
最近のsonyは一時期よりも(自分の評価で)魅力的な製品が出てき始めていると思うので、そろそろ転びそうですけど(笑)
by とおりすがり (2009-07-20 02:08) 

Riever

ひとまずお疲れさまでした。

>何か起こるたびにいちいち気にしていたらやっていられません。旅は“いつでも微笑みを”の精神で!
荷物紛失なんていうことは実際にあるんですねぇ。それでも動じない先生は流石です。
というより大切な自転車なのに・・・大物ですね。あ、荷物がじゃないですよ(^^;;
by Riever (2009-07-20 04:44) 

mapion

初コメ失礼いたします。
実は以前から拝読しておりました。旅のお話だけでなく、スタイルも提案していらっしゃって、今回の旅の模様も楽しく読ませていただきました。個人的にはSIMフリーXPERIA X1がかなり使えるというのが一番の驚きでした。

なにはともあれ、楽しいブログをありがとうございます&お疲れさまでした&自転車出てきますように・・・
by mapion (2009-07-20 09:12) 

ajisai

ツールドフランスの時にコメント入れさせていただき2回目となります。

本当にお疲れさまでした。
本当に楽しく拝見させていただきました。
なかなか、私自身、自営をしておりますもので、こういった旅行は、出来ないので、その場にいるような感覚で読ませて頂きました。


私も今年皆様の情報で欲しくなり、HDR-XR500V を購入。
なかなか、休みが取れないので、使えないのですが、生活の一部をちょっとずつでも、撮りだめていきたいと思っております。

本当に、貴重な体験を一緒に感じさせていただき、ありがとうございました!!

自転車が無事出てくるといいですね。
by ajisai (2009-07-20 12:05) 

arkstar

お帰りなさい。
湿度の高い日本の夏は結構過酷かも?って思います。
相棒の自転車、速く手元に戻ると良いですね。

ハンディーカム、私はスチルのデジタル一眼は買ったり、買い換えたりしてますが、
動画のビデオカメラは元々食指が全く動かないという状態です。
SD画質では見返す気にもならず、HDではハンドリングがラクではないと言うのがその理由だったりします。
でも、先日iPhone3GSで遊びで動画撮影した時にノンストップでYouTubeへアップロードした時に、
この手軽さだったら、良いかも?と感じたのは、「撮る・見る・揚げる」が一つの製品で完結しているからでは無いかと思うんですよね。
今の製品群は、撮影はこれで、編集はこれで、アップロードはこれでと分かれてしまっていて尚且つシームレスじゃないって言うのが、
特に目的は無いんだけど使ってみようかな?という層を発掘出来ない理由ではないのかなぁって思います。

by arkstar (2009-07-20 12:19) 

Virgo

お疲れ様でした。

いやぁ、ハンディカム、いい傷の付き方ですね。
旅の相棒の細かい傷にも、いちいち気にしてたら、せっかくの旅行が楽しくありませんものね。

後は無事、自転車が届く事を祈っております。
by Virgo (2009-07-20 18:11) 

U3

わたしのtype Pはまったく活躍していない。
by U3 (2009-07-20 21:40) 

かつぽん

お疲れさまでした!!

いやぁ、ウチのハンディカムももうちょっと使ってやらないとな!!
サイバーショットの動画機能もだけど・・・(^^;;;
by かつぽん (2009-07-21 16:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る