So-net無料ブログ作成

スペイン・フランス自転車旅行記のおまけ [日記]

昨日ロストバゲージで行方不明になっていた自転車ですが、予想通り一日遅れで日本にやってきて、今日の夕方我が家に還ってきました。

これで旅も無事終了、と思ったら無事でなかったものが…

RIMG0657.JPG

輪行袋をあけて愕然!フロントフォークが見事に曲がり前輪が嵌められなくなっていたのです。

僕の数十回に及ぶ飛行機輪行の中でもこんなことは初めて、どんなに乱暴に扱っても壊れないのがMTBの良さだと思っていたのに、それがここまで見事に曲げられてしまうとは、いったい彼らはどんな扱いをしたのか…

フロントフォークは前輪のジオメトリー全体に関わってくるので、曲げを元に戻せばいいというモノでもありませんし、これはパーツ交換するしかないと思われます。最近は昔の南米旅行のころように、前輪にもキャリアとバッグを取り付けて走る「6バックシステム」での旅をやってないので、この機会にサスペンションフォークに取り替えてしまうのも手かもしれません。ま、とりあえず今は損害賠償してくれるのかKLMオランダ航空に問い合わせ中の段階です。

ただ13年/20カ国/17,000Km以上を共にしたコイツも、確実に色々な部分でガタが来ており、思い切って廃車にして新車を買おうかという物欲もあったりします(同じSCOTTのこれなんかだと、後ろの荷台取り付け用のネジ穴がちゃんとあるし、700Cタイヤだから今までより軽快に旅出来て幅も広がりそう…って既に探してるのが(笑))。

 

ついでに今回の旅の裏話を少々。

・実はブログ更新にはまるで役に立たなかったXPERIA X1(笑)

行く前は、「ブログの更新はSIMフリーのXPERIAに現地のプリペイドを挿して、VAIO type PとWi-Fi接続してどこでも出来るだろう。」という心づもりだったのですが、実際は全くその通りにはなりませんでした。

まずスペインには、

・Telefonica Movister (スペイン資本、日本で言えばdocomo)
・Vodafone (イギリス資本、昔はAIRTELという名前だったが買収されて名前が変わった)
・Orange (フランス資本、大元の親会社はフランスのNTTに当たる会社)
・yoigo (3Gになって新規参入した第4のキャリア、日本で言えばEMOBILE)

という4つのキャリアといくつかのMVNOが存在するのですが、この中で僕が期待していたのがyoigo(“ジョイゴ”と呼ぶらしいです)。

ここはプリペイド契約でもデータ定額を用意しており、それがなんと1日1.2ユーロで使えるというのです。新規参入なのでデータ通信を安価に提供して顧客獲得を目指すって、いかにもEMOBILEみたいなキャリアでしょう?

ところがこれがエリアやショップ展開もEMOBILE並(笑)

初日のバルセロナは夜遅かったので電話屋にいけず、パンプローナのyoigoショップは「サンフェルミン祭り中は休みます」という有様。電気屋に行っても「yoigoは取り扱ってねぇよ」と言われ、その後の小さな街では既存3キャリアのショップは見かけても、yoigoは全く見かけませんでした。

RIMG0559.JPG

(これはアンドラを抜けて最初の街la sau d'Urgellにあったyoigoショップ。隣にOrangeのショップがありますね)

しかもHSDPAエリアは都市部のみで、僕が旅していたピレネー山中などは良くてW-CDMAか、最悪の場合TelefonicaのGSM/GPRSローミングに頼らないといけない状態なので、とても動画アップロードできるようなスピードは期待できません。チャージ用のカードも都市部以外では手に入りにくいし、完全にあてが外れた感じです。

RIMG0634.jpg

(バルセロナのカルフールではレジでチャージ用カードを売ってた)

一方のフランスは、

・Orange (フランス資本、日本で言えばdocomo)
・SFR (Vodafone系、完全には買収されてないので名前は変わってない)
・Bouygues Telecom (新城選手の所属するチームのメインスポンサー、docomoと提携してiモードフランス版を提供している)

の3キャリアとMVNOという構成になりますが、こちらの国は「PCを使ったデータ通信は公衆無線LANを使え」というアメリカ型のネットワーク思想らしく、どこのキャリアもプリペイドでのデータ通信は、携帯電話によるWAPしか出来なかったり、PC利用だと定額がない(ブイグの1MBで2ユーロが最安?)など、これまたXPERIAにVAIOをつなげてのブログ更新には不向きな状態でした(その代わり日本で言うところの「BBモバイル」「Mzone」に相当する、“携帯電話キャリアがユーザーに提供する公衆無線LANサービス”が充実していて色々な街で使えるのが印象的)。

で、結局どうやってブログの更新をしていたかというと、

1.宿提供の公衆無線LANを利用

バルセロナでの合計3泊とスペインJacaのキャンプ場がこのパターン。経済の原則通り需要のあるところには供給があるもんです。

2.街角の無料公衆無線LANを利用

パンプローナとフランス最後の街Ax-les-Thermesがこのパターン。パンプローナではツーリストインフォメーションオフィスが、無線LANを無料開放していて自由に使えたので、宿で記事書きと動画のエンコードをしてからオフィスに通う毎日でした。

3.町中の無線LANのセキュリティキーを教えてもらう

実は意外に有効だったのがこのパターン。スペイン・Telefonica/フランス・Orangeの両社とも日本で言えばNTTに当たる会社ですが、固定通信部門がADSL契約者に無線LANルータをばらまいているらしく、どこの街に行っても、スペインでは「WLAN_××」、フランスでは「LiveBox_××××」と言う電波がそこかしこに飛んでいる状態でした。

これらはさすがにWEPやWPA-PSKでセキュリティがかけられてるのがほとんどなので、街角でいわゆる“野良無線LAN”として利用するのは困難ですが、ホテルやキャンプ場のフロント、バーのカウンターなどにこれが設置されている場合などは、従業員に「使わせてくれないか?」と交渉する余地があります。

実際スペインでは「インターネットサービスは提供していない」と言われても、自分のVAIOを立ち上げて「この○○という電波ってここのでしょ?良かったら使わせてくれないかなぁ」とお願いして成功した時もありました。こういう時はスペイン語が出来て良かったとつくづく思ったものです。

なお、スペイン生まれなので期待していた公衆無線LANサービス「FON」は、結局一つとして見つかりませんでした。やっぱりキャリアが無料でばらまくのに比べて不利なのかな?

あとこの旅で、iPhoneが無線LAN探索機としてかなり有効であることがわかりました。なにせ無線LAN電波の受信能力がかなり低いので、「iPhoneで表示されるほどの電波状態=VAIOだと安定通信可能な強さ」ですから(笑)

ことデータ通信にかんしてはこんな感じで、以前のようにネットカフェに行くことすら無くなったので、あれだけの大量のデータをアップロードしていながら、データ通信費は限りなく0に近いという結果となりました。

 

・海外旅行に現金はいらない?

13年前初めて海外に行った頃はトラベラーズチェックを多用していたものですが、今やヨーロッパのような先進国では現金もT/Cも不要です。スペイン・フランスとも、かなり小さな商店であってもクレジットカードが使えますし(バルセロナのランブラス通りの似顔絵描きなどは、携帯CAT端末を持ち歩いているらしく「クレジットカード払い可」の掲示も)、いざ現金が必要な時もインターナショナルキャッシュカードで、24時間現地通貨で現金が引き出せます。

ヨーロッパはユーロで統一されたことで、「この国を出るまでに使い切らないと」という苦労さえ無くなりましたから、あのバルセロナの両替商たちも商売あがったりなんだろうなと思います。

RIMG0482.JPG

(フランス・サンラリースランのクレディアグリコル(通称:農協)にあったATM。もちろん僕のキャッシュカードも対応)

 

・良いところも悪いところも見えてきたRICOH CX1

自転車旅のような過酷な使用環境だと、やはり使ってるデジタル機器の真の姿が見えてきます。

VAIO type PやHDR-TG5Vが結構丈夫で全く壊れなかったのは昨日書きましたが、同じく過酷な使用にさらされたデジタルカメラRICOH CX1も、ノントラブル・追加充電無しで二週間の旅を乗り切りました。

旅で使用してみて改めて良かったと思ったのは、CX1の28mm~という広角レンズ。

旅の写真はごく一部TG5Vの静止画撮影モードが混ざっている以外、全てCX1で撮られたモノで、風景写真を中心に今まで38mm~だったCyber-shotでは、フレームに入りきらなかったものまで写りこむようになったので、かなり楽に撮影が出来ました(サグラダファミリアあたりはかなりデカい建物なので、もっと後ろに下がらないと一枚に収まらなかったはずですが、適当に思いついたところでカメラを取り出してフレーミングしても、ちゃんと収まるので、撮影のための移動がかなり減った)。

一方弱点も見えてきまして、とにかくCX1は全ての動作が一歩遅い。

普段はポケットや自転車のフロントバックに入れておいて、チャンスが来たら電源ON→シャッターという流れなのですが、沈胴レンズという不利もあって電源ONしてから撮れるようになるまでが遅く、いくつかシャッターチャンスを逃したことがありました。その点行くとTG5Vは液晶を開いてから撮れるまでが非常に速く、今回の旅で動画での撮影が増えた原因ともなっています。あと電源OFFから実際に電源が切れるのも遅いし>CX1

それと、レリーズタイムラグがかなり大きいのが気になります。

RIMG0526.JPG

これはフランスで自転車に乗っていて、後ろから走ってきたフランス国鉄の電車を撮ろうと、シャッターを切ったものですが、見事にシャッターを押してから辞意際に切れるまでが遅れてしまって、先頭車両が入ってません(笑)。

Cyber-shotを使っていたときは全く気にならなかったレリーズタイムラグがこんなに気になるようになったのは、明らかに「遅い」ということでしょう、本来読み出しが速い素子であるCMOSを起用していながらこうなってしまうのは、処理プロセッサのパワー不足に起因するものと思われるので、RICOHの技術者さんには次回作は動作スピードにこだわったモノを作って欲しいです。

 

以上裏話としてはこんな感じでしょうか。他にも表に出てこない小さな事件がいくつかあるのですが、それは秘密と言うことで(^^;


nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 19

コメント 6

かつぽん

酷い話ですねぇ>自転車
無事に保証して貰えることを祈ってますm(__)m

あと、この手のデータ通信に絡む話は
事前に調べていっても現地に着かないと
わからない事情ってやっぱりあるんですね!!
僕もFonは国中に広がってるモンだとばかり(^^;;;
by かつぽん (2009-07-21 16:54) 

Riever

スペインにFONはあまり浸透していないんですか。意外でした。

自転車ですが、骨格となる部分は相当強度があるにもかかわらずそこまで激しく曲がっているのを見ると、相当な扱いをされたんだろうなぁと感じます。それを考えてもずれすぎではありますが・・・
by Riever (2009-07-21 17:22) 

as

おかえりなさい!!無事のご帰還何よりです。でも、自転車は災難でしたね。しっかり保障してもわないと、腹の虫が収まりません!!(私が怒っても仕方ないんですが)

電波の飛び具合は参考になりますね。やはり現地に行った方のリアルな情報ってすごく重要ですからね。スペインにフランス・・・良いですね。
by as (2009-07-22 20:13) 

FA

>・実はブログ更新にはまるで役に立たなかったXPERIA X1(笑)

実際はWifiでアップされていたということですから、
VAIOでもXPERIAでも変わらないでしょう。
つまりはWifiならVAIOを使わずともXPERIAで間に合うわけで。

現地プリペイドは空港がキモですが、念のために現地(欧州ならEU)で安く使えるSIMを予め用意しておくのが常です。
最近では日本においても海外キャリアとの契約は容易ですから。
使うとき(渡航)だけオプションでデータパックを付ければ良いだけです。


by FA (2009-07-28 02:23) 

U3

そういえばロンドンに行った時ヒースローで待てども待てども荷物が出てこない。なんとハンブルグに行っていました。ルフトハンザだから安心してたのに。
by U3 (2009-07-28 18:10) 

akoustam

>FAさん
コメントをいただいたのですが、最低限の礼儀として僕のブログをちゃんと読んだうえで、なにがしかのご意見を書いてもらえないでしょうか?

僕があの2週間どのようなデータを処理し、それをアップロードして記事を書いていたか知っている方なら、

>WifiならVAIOを使わずともXPERIAで間に合う

>使うとき(渡航)だけオプションでデータパックを付ければ良いだけ

このような的外れなことは書けないはずです。いつからXPERIAはAVCHD動画を扱えるようになったんですか?

前回のiPhone交換話の時もそうでしたが、どうもあなたは人の話には一切耳を貸さず、自分の言いたいことだけ吐き捨てていく方のようで、かような行動は人のブログを「荒らし」に来ているようにしか見えません。

どうぞ何か世の中に言いたいことがあるなら、ご自分のブログを立ち上げるなり、twitterでつぶやくなりお好きなようにしてください。正直申し上げて、こちらは迷惑しております。

なお、今後もこのような書き込みを続けられるようであれば、無条件にコメント削除の対象といたしますのでご承知ください。
by akoustam (2009-07-29 01:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る