So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone 4 日本は6月24日発売! [携帯電話・iPhone]

アメリカのサンフランシスコで始まったAppleのWorldWide Developers Conference 2010で、開幕を告げる基調講演が行われ、iPhoneの新型「iPhone 4」が発表されました。

WS000000.JPG

iPhone 4 (apple.jp)

2007年に登場したGSM版iPhoneから数えて四世代目にあたる今回のiPhone、「iPhone 4G」にしてしまうと携帯電話の「第四世代規格」とかぶってしまうため(W-CDMA=3G、HSPA=3.5G、LTE=3.9G、次世代規格=4Gというのが携帯電話業界の標準的分類)、単純に「4」というネーミングをつけたのはなかなか秀逸だと思います。

で、先代のiPhone 3Gから向上した部分を上げていくと、

・320×480ドット→640×960ドットへ2倍の超高解像度化(326dpi。Xperia X10が245dpi)
・iPadに続きIPS液晶(コントラスト比800:1)採用
・カメラ300万画素→500万画素に高画素化&5倍デジタルズーム
・Sony謹製(?)裏面照射CMOSイメージセンサー採用
・720p/30fpsのHD動画撮影対応&iMovieのiPhone版を$4.99で提供
・LEDフラッシュライト&30万画素フロントカメラ搭載
・3軸ジャイロセンサー搭載(加速度センサーと組み合わせ6軸検出も)
・無線LANに802.11n(2.4GHzのみ)追加
・HSUPAが5.8Mbpsタイプに高速化(キャリア側の対応が必要)
・ノイズキャンセリング機能搭載
・iPadと同じくApple開発のA4プロセッサ搭載(クロックは抑えめ?)
・3G通話時間2時間増、3Gネット使用1時間増、オーディオ再生時間10時間増のバッテリ改善
・SIMはiPad3Gと同じくmicroSIMに
・欧州や豪・タイの一部キャリアでサービスインしている900MHzUMTS(バンド8)対応が追加

と非常に多岐にわたります。

そして2008年のiPhone 3G以来2年ぶりのデザイン変更。それも事前に漏れて大騒ぎになったデザインが本当にそのまま出てきてしまいました。

WS000002.JPG

WS000003.JPG

WS000004.JPG

結果、3サイズは3GSから微妙に変化し、高さ0.3mm減、幅3.5mm減、厚さ3mm減(9.3mm!!)、質量2g増と、より薄く・より細く・でも少し重くなっています。

情報流出したとき、「およそAppleらしくないデザインだなぁ」と思っていたサイドフレームの継ぎ目ですが、これには意味があって、サイドフレーム自体が各種のアンテナを兼ねており、半分がBluetooth/Wi-Fi/GPS用、もう半分がUMTS/GSM用に別れているので、ああいうAppleらしからぬ継ぎ目が入っているというわけです。

apple-wwdc-2010-168-rm-eng.jpg

engadget.comより)

このアンテナがサイドフレームになったことにより、今までのように本体背面が電波を通すために樹脂製である必要が無くなったからなのか、各種の画像を見る限り背面も金属製パーツになったように見えます。

また今回のiPhone 4の目玉としてJobsがお得意の「One more thing…」で出してきたのが、

WS000001.JPG

IPビデオチャット機能「FaceTime」。日本人からすると「ええ~今更テレビ電話~」という思いがぬぐえませんが、現時点でこれはWi-Fiでの使用に限られてるようなので、Skypeのビデオチャットのように特別な通話料無料で出来るというのが売りとなっている模様です(ビデオ通話できるのはiPhone 4同士のみ)。

 

で、皆さんが気になる日本の発売はアメリカなどと同じく6月24日。iPhone 4の予約は6月15日開始。iPhone OS4(今回からiOS4に名称変更)の無料ダウンロードは6月21日スタート(iPhone 3Gはマルチタスク非対応)とスケジューリングされています。

またアメリカでの価格は、iPhone 4の16GBが$199、32GBが$299と、今までの3GS16GB/32GBと同じ値付けがされているので(AT&Tの縛り付き)、おそらく日本も1年前の3GS発売時と同じ価格が適用される可能性が高そうです。

ちなみに3GSの昨年発売時の価格は、

・16GB 新スーパーボーナス+everybody適用 本体一括支払い 57,600円(毎月1,920円割引)/ 分割支払い 480円/月 / 26ヶ月経過時の実質本体価格 11,520円
・32GB 新スーパーボーナス+everybody適用 本体一括支払い 69,120円(毎月1,920円割引)/ 分割支払い 960円/月 / 26ヶ月経過時の実質本体価格 23,040円

でした。今はeverybodyがなくなっているので仕組みは微妙に変わると思われますが、まぁ同じぐらいの価格に落ち着くでしょうね。

なおカラーバリエーションは今回もブラックとホワイトの二色展開。ただしホワイトはXperia X10のように前面もホワイトになりました。また6色の純正サイドバンパーも発売されて、それでカラーバリエーションを楽しむことも出来るようです(バンパー一個$29?)。

specs-bumper-hero-20100607.jpg

で、一体このiPhone 4が買いかどうかですが、少なくとも僕と同じく3Gユーザーで2年が経とうとしている組は100%「買い」でしょう。現地からのUstreamで動作してる場面を見ましたが、解像度が2倍に上がっているにもかかわらず爆速で動作しており、快適性はかなり高そうです。

3GSの人が割賦の残債や新スーパーボーナスの割引を放棄してでも機種変更する意味があるかは、高解像度ディスプレイと高速動作にどこまで価値を認められるかにかかっていると思います。実機を見てから要相談でしょうか。

僕?もちろん買いますよ、ソフトバンク版を。SIMフリーのスマートフォンはもう十分揃ってますから(笑)


nice!(29)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 29

コメント 5

店員佐藤

徹夜、お疲れ様でした。
すごいスペックアップですねぇ。
裏面照射CMOS搭載とは。。。
by 店員佐藤 (2010-06-08 08:01) 

ショウヘイ

初めて実況中継見ました。
3GSをあと一年持とうかと思っておりましたが、ぶっ飛んでしまいました。
これでNEXはやめにして、ドコモのガラケーの代わりにBBBにしようかと思っておりましたが、こちらも微妙です。
15日は銀座に並ぼうかとマジで考えております。
やってくれますねアップルは。
by ショウヘイ (2010-06-08 10:04) 

Riever

ドットピッチ2倍、ピクセル数4倍は思い切りましたね。確かに(Xperia含め)他のスマートフォンで高解像度にはなってきてはいますが。
個人的にはNC性能が気になります(笑)
by Riever (2010-06-08 12:46) 

as

今日の職場の話題もこれで持ちきりでした。みんなボーナスを注ぎ込んでも乗り換えるみたいです(笑)やっぱりApple党員の方には、新製品は魅力的なんでしょうね・・・。iPadも有給とって並んで購入した人に触らせてもらって、その凄さに驚いたので、この4にも期待したいと思います。
by as (2010-06-08 21:24) 

みも

スペック見る限り、この裏面センサーはOmni vision製みたいですね。なので、普通の5Mよりはいいけど、裏面のそれは期待できないと思います。
by みも (2010-06-16 12:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る