So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone 4 Review SIMカード篇 [携帯電話・iPhone]

iPhone 4レビュー、本日はSIMカード篇をお送りします。

2年前のiPhone 3G発売時、「SIMカードはiPhone専用」というアナウンスに驚いて、何よりも先にレビューを書いたiPhoneのSIMでしたが、結果は『iPhoneSIM(通称:黒SIM)はSoftBankの設備を利用して“iPhone”という別のキャリアを立ち上げた、MVNOのような仕組みになっている』と言うものでした。

なのでiPhone専用SIMと言いながらも、SIMフリー端末ならSoftBankSIM(通称:銀SIM)と同じように通話・SMS・(非定額)データ通信を行うことが可能で、今回もおそらくそういった仕組みは引き継がれていると予想されます。

しかし今回のiPhone 4はもう一つ別の問題が持ち上がりました。iPad 3Gに続いて今までのSIMより小型の「microSIM」という規格が採用されたのです。これはiPhoneSIMを利用して、Xperia X1/X10/X10miniといった各SIMフリー端末を運用している僕にとってはゆゆしき問題、早速どうなのかテストしていきましょう。

DSC05643.jpg

iPhone 4のSIM取り出し方法は3G/3GSと同じで、マニュアル類を収めた紙ケースの中に、SIMカード取り出し用工具が入っています。

しかしこの工具、毎度見る度に「こんなところまでデザインにこだわらなくても」と苦笑してしまいますね。

DSC05644.jpg

ちなみに3Gに付属してきたモノは、半年ほどで見事に紛失したので(笑)、その後はゼムクリップで代用していました。

iPhone 3G/3GSのSIMカードトレイは上面のヘッドフォン端子と電源ボタンの間にありましたが、iPhone 4では端末右サイド中央に場所が変更されています。

後はここの小さな穴に工具の先端を差し込んで、

DSC05645.jpg

グッと押し込むとトレイが出てくるというのも同じです。

DSC05646.jpg

ただし開梱篇でもお送りしたとおり、これが固い固い…かなり強い力で押し込まないとトレイが出てきてくれません。コンサルタント/ジャーナリストの林信行氏は、このトレイを「音までこだわった逸品」と評価していましたが、僕は×の評価を与えざるを得ませんね。SIMを頻繁に交換する人間としては使いにくくて仕方ない。

トレイが完全に引っこ抜ける構造なのも3G/3GSと一緒。4はトレイが金属製です。

DSC05647.jpg

通常SIMとmicroSIMの大きさの違いはこれだけあります。

DSC05648.jpg

一見ICチップの端子数も減少しているように見えますが、

DSC05657.jpg

むき出しになっているNOKIA N95(X02NK)のSIMトレイを見ればわかるように、

DSC05658.jpg 

端子は6個しか使われないので、そこは問題なしです。

とはいえ採用例がiPhone 4/iPad 3Gしか無い以上(microSIM自体はちゃんと業界内で定められた国際規格)、このままでは他の携帯電話への使い回しがききません。

しかし経済原理とは面白いもので、需要があれば供給は必ずあるもの。それを解決する手段は既に秋葉原に用意されていました。

DSC05650.jpg

microSIM変換カード(中古パソコンとアウトレットのイオシス)

通常SIMとmicroSIMも中のICチップは同じで、プラスチック部分の大きさが違うだけなので、その大きさを変換する下駄さえあればmicroSIMを通常SIMにすることが出来るというわけです(12cmCDとCDシングルの関係みたいなものですね。そういえば最近の若い人はCDシングルアダプターを見たことがあるだろうか…)。

DSC05651.jpg

この変換アダプタ、ただのプラ板ですし500円なんて価格ですから、造りも適当かなと思っていたのですが、はめ込んでみるとカチッとmicroSIMがはまり、結構良い感じです。

DSC05652.jpg

とりあえず最初のテストとして、このmicroSIMをiPhone 3Gのトレイに乗せ、

DSC05653.jpg

iPhone 3Gで使えるか試してみたところ、

DSC05654.jpg 

問題なくSIMを通常のiPhoneSIMとして認識し、

IMG_0083.jpg

通話・SMS・データ通信もきっちり動きました。

IMG_0084.jpg

アクセス解析からリモートホストを調べてみても、通常SIMと同じモノとなっており、ちゃんとiPhone専用の定額データ通信APにつながっているようです。

次に通常のSoftBank端末であるNOKIA N95(X02NK)に、このmicroSIMをさしてみると、

DSC05659.jpg

やっぱりSoftBankSIMじゃないということで、X02NK側のSIMロックが発動し認識してくれませんでした。これも通常iPhone SIMと同じ挙動。

最後にSIMフリー機の代表として、Xperia X10miniにmicroSIMをさしてみます。

DSC05655.jpg

こういう構造の差し込み口でもアダプタからSIMが落ちることなく、抜き差しをすることが出来ました。ちゃんと造られてますね>イオシスのSIMアダプタ

DSC05656.jpg

Xperia X10miniはSIMフリー機ですから、iPhoneSIMを正常なSoftBankSIMとして認識し、

device.jpg

通話・SMS・データ通信も問題なく稼働しています(このXperia X10miniは、最近は一部で知られるようになってきた秘密の呪文で、iPhone用定額データ通信を利用するように設定されていますが、それがそのまま動いています。本当に定額になるかは保証しませんので、秘密の呪文を知っている方もご注意ください。)。

device2.jpg

 

以上iPhone 4用microSIMのレビューをお伝えしましたが、テストしてみた限り今回のmicroSIMは、本当に今までの通常サイズのiPhoneSIMからサイズを変えただけで、中身は全く変わっていないようです。なので、サイズ変換アダプタさえあれば、この二年間に蓄積されたiPhoneSIM運用ノウハウはそのまま使えると考えて良さそうです。

変換アダプタはイオシスだけでなく各社から出てきつつあるので、僕のようにiPhoneSIM一枚で色々と遊んでみたい方は、一枚手に入れておくと良いでしょう(問題は無くしそうなことですが、海外携帯の巨匠・山根さん監修のこんな便利なものもあるので、僕も買っておこうかなと思います)。

 


nice!(30)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 30

コメント 5

Riever

X10 miniでSB SIMとして認識するんですね。SIM周りは(日本が)かなりガチガチなので未だに覚えきれません(^^;;

あ、それと8cm→12cmCDアダプタは見たこともありますし、実家にありますね。私など間違いなく参考にするサンプルとしては間違っていますが(爆)
by Riever (2010-06-27 01:53) 

モーリタイザー

逆をいえば
http://www.vintagecomp.com/shop/shopexd.asp?id=3066
これをつかって今もっているSIMをmicroSIMにぶったぎればiPhone4でもつかえる可能性があるってことですね。検証ありがとうございました。
(カッターナイフや包丁を使う方法があるのは存じておりますがやはり不安でw

by モーリタイザー (2010-06-27 03:05) 

かなりの素人です。。。

とても分かりやすかったです☆

お分かりであれば教えて頂きたいのですが、
もしも日本でiPhone4を購入し、アメリカの携帯会社と通信の契約をしたら、そのままiPhone4を使うことは出来るのでしょうか???


この問題が解決されれば、直ちにiPhone4購入に行きます♪
by かなりの素人です。。。 (2010-09-03 01:34) 

Lucky Strike

今晩は、iPhone4のシム、取り出せなくて困っていたところで、こちらにたどり着きました。力、必要だったんですね。今までずーっとNOKIA派だったので、初歩的なこともわからずでしたので、助かりました。

私もシムフリーのものを買って、ちょん切って使ってます。それでも、切線あるのか、市販のアダプタではだめで、元の枠とともに入れないと通常のサイズとしては認識されないようです。。それでも、Docomo&海外シムでも認識していますので、OKということで。^^);
by Lucky Strike (2010-10-03 19:45) 

iphone連絡先 mac

iphoneの連絡先、sms、写真、動画などのデータが消えてしまった場合、iSkysoft「iPhone データ復元 for Mac」で簡単に取り戻せます。
by iphone連絡先 mac (2013-10-23 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る