So-net無料ブログ作成
検索選択

iPadはより薄く、より軽く、2倍速く [携帯電話・iPhone]

日本時間3月3日深夜3:00より、新iPad「iPad2」の発表が行われました。

WS000000.JPG

iPad2 (apple.com/jp)

高解像度になるとか、SDカードスロットを搭載するのではないかとか、7インチ版を出すのではないか、といった噂が長期間に渡って数々飛び交った第二世代iPadは、名前もオーソドックスに「iPad2」となり、中身もごく正常な進化で、ある程度予想の範囲内に収めてきました。

ipad_front_20110302.jpg

ipad_back_20110302.jpg

まず変わったのが本体デザインとサイズ。

・iPad (WiFiモデル) 242.8mm×189.7mm×13.4mm 質量680g
・iPad2 (WiFiモデル) 241.2mm×185.7mm×8.8mm 質量601g

初代iPadに比べ、縦が1.6mm減、横が4mm減とフットプリントは一回り小型化し、厚みがほぼ3分の2の8.8mmまで薄くなりました。それに合わせデザインも変化し、事前に中国ルートで流出していたボディの噂に近い感じのデザインとなっています。

iPhone4では様々な問題から発売が見送られているホワイトボディが、今回iPad2に加わり2色ラインアップになっているのもちょっとした驚きでしょうか。

 

中身で特筆すべきフィーチャーは、

・CPUがシングルアのA4からデュアルコアのA5に変更

動作クロックこそ1GHz据え置きですが、コアが2コアになり、GPU周りも強化されたことで、初代iPad比で処理能力は2倍、グラフィックの処理能力は9倍に向上ということになっています。

しかし消費電力はA4と変わらず、その結果バッテリは、初代と同じ25Whの電力容量でありながら、あの気にすることなく使える駆動時間10時間というレベルを維持しています。

なお、メインメモリは現時点で不明ですが、最低でも512MBは間違いないでしょう(初代は256MB)

・前後カメラ搭載でFaceTime/iMovieに対応

FaceTime用にフロントにVGA(30万画素)クラス、ビデオなどの通常撮影用にバックに720pHD動画(1280×720の100万画素クラス?)が撮れるカメラが付きました。ちょっと仕様を見るとマイクが見あたらないので、どうやって音を拾うのか不明ですが、裏面下部に大きなスピーカーがあるので、FaceTimeの通話はそれを持ったまま快適に出来そうです。

・米国はVerizon向けCDMA2000 EV-DO版あり

年明けのiPhone4に続き、iPad2も3GにCDMA2000 EV-DOユニットを搭載したVerizon向けモデルを用意し、AT&T独占からAT&TとVerizonの二キャリア供給になっています。ちなみにAT&T向けのUMTS 3G+WiFi版より、Verizon向けのCDMA2000 3G+WiFi版のほうが多少軽く出来ていたりします。

しかし日本の仕様表にCDMA2000版の記載は無し、UMTS版も対応周波数が(850/900/1900/2100MHz)と表記されていて、公開仕様上はFOMAプラスエリアにも非対応となっていることから、iPad2もiPadに続いてSoftBankのみの供給で、ドコモSIM拒否機能がかかったモノになりそうな気配です(SoftBankからは今日中に何かアナウンスあるかな?)

【3/3追記】

SoftBankよりプレスリリースがありました。

「iPad 2について」(ソフトバンクモバイル)

iPadに続いてWi-Fiモデルを含め全てSoftBankが取り扱いを行うようです。これで3Gモデルのドコモ回線利用の線もほぼ消えましたね。

・画面サイズ、画面解像度は維持

高解像度のRetinaディスプレイになるのではないか、7インチの小型版が出るのではないか、とさんざ噂されてきましたが、蓋を開けてみればAppleらしく9.7インチという画面サイズも、1024×768というドット数も全てそのまま。おかげで今あるiPad向けアプリ(Apple公称65,000本)は、ほぼ問題無く全てがiPad2でも動くことになります。

・iOSは4.3に

これはiPad2に限らずiPad/iPhone(3GS以降)/iPod touch(第三世代以降)にも供給されますが、iOSが4.3になりSafariのJavaScript処理速度が2倍、iPadの側面スイッチがミュート/画面回転禁止のどちらにも設定出来るようなったりします。ダウンロードは3/11開始予定。

その他、PhotoBooth、iMovie、GarageBandのiPad版がリリースされるのも発表会では取り上げられてましたね。ほんと「大抵のことならPCじゃなくてiPad2だけで出来るよ」と言いたげ。

なお4.3からiPhone4にいわゆるテザリング機能「パーソナルホットスポット」が付きますが、日本国内用プロファイルではその機能は出てこないようになっているようです。こればかりはSoftBank回線では無理でしょうし、バッテリの保ちを考えると、あまり意味のある機能とも思えないので(好きな人は好きなんでしょうが)こんなもんかなという感想です。

 

 

一方、発表会では本体並みにアクセサリが取り上げられ、特にiPad2用の新しいカバーが話題となっています。

hero_20110302.jpg

このiPad Smart Cover、発表会のスクリーンに登場した瞬間、日本から「風呂の蓋かよ!!」と一斉にツッコミが入ってましたが(笑)上記写真左側のポップな5色はポリウレタン製、写真右側のシックな5色は革製となっていて、三角形に折りたたむとキーボードスタンド的に使えたり、

move_keyboard_20110302.jpg

そのままフォトフレーム的にiPad2を立たせたりすることも出来るようになっています。

また初代iPad用の純正カバーのように全体を覆ってしまわないため、iPad2の薄型を損なうことなく、iPad2側の磁石でヒンジが本体とくっつくなど、なかなかよく考えられた逸品だと思います。

でも、どうみても風呂の蓋だよなぁ…(笑)

relationship_20110302.jpg

あと周辺機器としては画面をハイビジョンで出力できる、Dock-HDMIアウトアダプタ(充電しながら使用することも可能な設計)なんかも出るそうです。

 

以上iPad2を見てきましたが、日本での発売は3月25日の予定。価格も北米では据え置きとコメントされていたので、日本もiPadの発売時と同じ価格になるでしょう(今日の段階でAppleStoreでは未発売。今並んでいるのは初代のほうです)。

内容的にはiPhone3G→3GSのような順当進化で、今iPadを持っている人が慌ててiPad2を買いに走らなければ行けないほどの差は見あたらない感じなので、大きな進化を望む人は来年まで待ちがいいかなと思いました。

逆に今持っていない人なら、9.7インチで600gジャストとタブレットとしては最軽量クラスになりましたし、動作もさらに高速化、アプリも出たばかりのAndroid3.0とは比べものにならないほど充実していますので、「タブレットコンピュータが一台欲しいな」というのであれば買って損はないでしょう。

先日ドコモスマートフォンラウンジでOptimusPad L-06Cを触って、Android3.0はなかなか面白いOSだと感じましたが、なにせ対応アプリが全然無いので、まだ待ちの感は否めません(今年の年末商戦あたりから買いか?)。進入学や新生活の開始で

「携帯電話のように瞬時スタートで、PCのようにWebブラウジングが出来、アプリで楽器になったり、コンパのネタになる楽しいコンピュータが欲しい」

というのであれば、iPad2はまさに最適だと思います。すぐに予約しましょう(笑)

 

で、お前は買うのかって?(笑)う~ん、モバイルデバイスではなくホームデバイスとしてWiFi版が一台あってもいいかなとは思うのですが…それよりはPCのほうが色々いじれて楽しいだろ、と思いとどまらせようとするもう一人の自分もいたりです。3月25日って前日にあっち(笑)が出ますしね。

それにしてもiPadを見ると、PCメーカーはホント危機感持たないといかんよなと思う。普通に「Webとメールが出来れば」なんて人は、起動が遅くて手軽さに欠けるPCを買わなくなっちゃうんじゃないかなぁ。実際若い人は携帯電話の“電源は常時起動&メールはプッシュで来る”というスピード感が当たり前で、「パソコンなんてとろくて面倒なモノ」と言って、家では使わなくなってきてるんだから。

 

AG折りたたみフタ 70×120cm用 [風呂フタ]

AG折りたたみフタ 70×120cm用 [風呂フタ]

  • 出版社/メーカー: 風呂 ふた
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

 

 


nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 30

コメント 2

店員佐藤

1000記事目の達成、おめでとうございます。
せめて1001記事目がソニーネタになることを
願っています。(^_^;)
by 店員佐藤 (2011-03-03 08:33) 

Santa

青が風呂ふたイメージを助長したかも(^_^)
いつも丁寧なレポートで参考になります。
by Santa (2011-03-03 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る