So-net無料ブログ作成

ray & active [Sony・MobileCommunication]

現在シンガポールで開催されているアジア最大の通信業界イベント「Communic Asia 2011」で、SonyEricssonの新型携帯電話が発表されました。

Androidを搭載したスマートフォンXperiaの新シリーズが2機種、SonyEricssonが昔から展開しているA2プラットフォーム採用のフィーチャーフォンが1機種ですが、Xperiaのうち一つは日本でも発売されることが決定しています。

Sony Ericsson debuts new Xperia Android smartphones and Smart Extras (英文プレスリリース)

まずはその日本でもNTT docomoより「SO-03C」として近々発表されることになるであろう、Xperia rayから。

WS000002.JPG 

Sony Ericsson stuns with Xperia ray (英文プレスリリース)

Xperia ray (英SonyEricsson)

このXperia rayの存在は、mini/mini proが発表されたときの記事で予告していましたが、その予告通りの3.3インチ480×854ドット液晶を採用、

“Xperia miniより一回り大きく高解像度、Xperia neoよりは小さい”

というポジションに収まりました。実際にサイズを比較すると、

・Xperia mini ST15  88 × 52 × 16mm  94g
・Xperia ray ST18   111× 53 ×9.4mm 100g
・Xperia neo MT15  116× 57 × 13mm 126g

と、見事にneoとminiの中間に入り込んでいます。ただこれだとminiやneoが発売されない日本では大きさのイメージがつかみづらいので、日本で最もrayに近いサイズのスマートフォンとなると、auが発売しているIS05になります。

・Xperia ray 111×53×9.4mm 100g
・au IS05    112×55×14.1mm 130g

このようにXperia ray(SO-03C)は、IS05をより薄く軽くした感じの、docomoのラインナップの中では一回り小さなAndroidケータイとして、売られていくことになると思われます。

その他の性能は、

・CPUはMSM8255(1GHz)、RAMは512MB
・Exmor R for mobile採用810万画素カメラ
・Xperia arcなどと同じくMOBILE BRAVIA ENGINE採用の美麗なディスプレイ
・本体ボディには薄型化のためにアルミフレームを採用
・このサイズでありながらneo/proと同じ1500mAhのBA700バッテリパックを採用

と小さくても妥協なしな高スペックを実現しており、夏の終わりから秋口になるであろうdocomo版が出たときには、人気機種になりそうです(ワンセグやおサイフケータイが無いことが、実は購入障壁とならないというのは、SO-01BやSC-02Bが証明済み)。

そして日本でも発売になると言うことは、開発も品川チームが中心だったわけで、全世界に向けたプロモーションビデオにも、日本の風景が登場。

久しぶりにSonyEricsson日本らしい、「小さくてハイセンス・高性能」な端末が出てきたことは素直に評価したいです。色はdocomo版だけの独自色とかあるかなぁ。

 

もう一つの機種は、Xperia miniをベースに防水/防塵機能を搭載したXperia activeです。

WS000001.JPG

Get fit with Sony Ericsson Xperia active (英文プレスリリース)

Xperia active (英SonyEricsson)

こちらのactiveはXperia miniがベースなので、3インチ320×480ドット液晶、CPUにMSM8255(1GHz)、RAM 512MBといった基本構成はそのままです。しかし防水機構による大きさ・質量の増加は最小限に抑えられており、

・Xperia mini ST15     88 × 52 × 16mm   94g
・Xperia active ST17  92× 55 ×16.5mm 110.8g

というサイズに収まっています(あの下のストラップホールの出っ張りは含むのか?)。

防水性能は1mの真水に30分ですから、あのG'z oneなどと同じIPX7相当の強固なものであり、その防水性能のわりにあまりいかつい格好になっていないのは、最近の防水Cyber-shotでも見せた、いかにもSonyグループらしいデザインだなと思います。

その他の性能もminiに準じまして、

・バッテリはmini/mini proと同じ1200mAhのEP500
・カメラは500万画素
・X10mini以来伝統の「フォーコーナー」UI

というものになっています。ただしこちらのactiveは日本での発売は無し。どうもmini系の端末は日本とは縁がないままでいきそうです。

もうキャリアは気にせず、SonyEricssonが全機種直販で売るルートもあって良い時代になったと思うのですけどね。

 

以上rayとactiveという二つの新Xperiaを見てきましたが、日本でも発売されるrayは、Xperiaの国内でのブランド力と、他にライバルのいない絶妙なサイズ感もあって、かなり売れるだろうと予想しています。

ただ個人的にはactiveのほうにSonyEricssonらしさを感じるので、この夏から秋にかけては、mini proとactiveの二台購入にしようかなと考えております(笑)

 


nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 30

コメント 1

Riever

rayは日本向けに作ったんでしょうかね。動画も日本/日本語の部分が多々ありましたし、日本人が日本向けに作ったような気がします。
by Riever (2011-06-22 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る