So-net無料ブログ作成
検索選択

ベトナムコーヒー [ベトナム縦断自転車旅行記]

トゥイホアの街はロンリープラネットに「ビーチもないし。何も見所はない街」とまで言われたところですが、最近はリゾート地としての開発が進んできたのか、海沿いに行ったら相当な量のホテルが営業していました。

あれじゃ過当競争になって、7$なんてホテルが出てくるわけだ。

DSC07094.jpg 

というわけで僕も自分が泊まったホテルを8時に出発。海岸線沿いに北を目指します。

道は今日も平坦。

たまに丘に登ると、眼下に海が広がってなかなかの景色になりますが、それでも単調な風景が続いていきます。

DSC07095.jpg

2時間ほど走ったところで最初の休憩。

ここまでで40Km走り切っていて、今日は100Km走行の予定なので、 かなり時間に余裕があります。

なので休んだカフェで、のんびりとベトナムコーヒーを淹れます。

店によって抽出したあとの物しか出さないパターンも多いですが、いずれにしてもベトナムコーヒーの基本となるのが、このアルミで出来たフィルター『カフェ・フィン』。

DSC07097.jpg

頼んだのはカフェオレ『カフェ・スーア』なので、コップの底には甘ったるいコンデンスミルクが入れられています。

このアルミのフィルターを通してポタポタと少しずつコーヒーがコップに落ちていくため、最終的に出切るまで軽く5分はかかります。

その間は一緒に出される冷たいお茶でも飲みながら、気長に待つことに。

アルミフィルターに入れられるお湯の量は限られているため、全部出切ったとしても量としてはこんなもの。

DSC07098.jpg

なのでベトナムコーヒーはかなり濃い味になります。

ここにこれまた一緒に出されている氷を放り込んで行けばこの通り、

DSC07099.jpg

すっかり嵩上げされて(笑)結構な量のコーヒーを飲んでる気分になります。

しかしこれぐらい氷をぶっ込まないと、熱湯だったコーヒーがアイスコーヒーにはならないわけで、全てベトナムの理にかなった淹れ方だと言えるでしょう。

時間もたって体力も回復したので、さらに先へと進みます。

さらに2時間ほど走ったところで昼食(あまりに暑いとフォーかチャオ(お粥)じゃないと胃が受け付けなくなってくる)。

DSC07100.jpg

ここからは残り20Km少々。

先に見えているあの山の反対側が今日の目的地クイニョンになります。

DSC07101.jpg

登り坂では自分の自転車より遅く走る大型トラックの排ガスに悩まされながら、さらに走ること1時間ちょっと、クイニョンの街の裏山までやってきました。

ここからは街の様子が眼下に広がります。

DSC07103.jpg

坂を駆け下って街の中心部へ出たら、海岸沿いのホテルへ。

DSC07105.jpg

11$で地上5階からのオーシャンビューホテルがとれました(笑)

今日の走行距離は97Km。

明日からの行程がちょっと悩みどころ、次の休息地ホイアンまでの300Kmを100+100+100でいくか、150+150でいくか…

WS000000.JPG

100Kmだとかなり楽だというのは分かったんだよなぁ。 


タグ:自転車旅行
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 15

コメント 2

Santa

そういう本場のベトナムコーヒー飲んでみたいなぁ。日本で(^_^)

100kmごとの方が…良いんじゃないでしょうか。
って、私にはよくわからないのですが(^^ゞ
しかし、暑そうですね。
by Santa (2012-03-10 08:28) 

K

おじゃまします

そういえば以前、自動車のタイムアタックのイベント(アバルトカップ)の賞品かなんかで、ベトナムコーヒーを入れるキットをもらいました^^。

この記事を見て、豆を調達してきて、今度また飲んでみようかな?って思いました^^。




この景色を見ていると「Top Gear」という番組のベトナム特集を思い出しました^^。これからも体調や事故に気をつけてベトナムの旅を堪能してきてくださいね^^/。



by K (2012-03-10 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る