So-net無料ブログ作成
検索選択

THE世界遺産 [ベトナム縦断自転車旅行記]

昨日までの二日間で240Km以上走っていたので、残りは50Km少々。相変わらず曇りの天気ですが、慌てずタムキの街のホテルを出発します。

DSC07131.jpg

昨日ほどには風が強くないので、順調に進んでいって走ること1時間ちょっと、Ha Lamという小さな街で朝ご飯にベトナムサンドイッチとコーヒーをいただきます。

しばらくまったりしてると隣の席にいた男性が英語で話しかけてきます。

「どこから来たの?」
「ベトナムはどうだい?」
「自転車?どこまで走るの?ハノイ?ホーチミンから?おお~」

矢継ぎ早に来る質問に面食らいながらも、次第に仲良くなっていきました。

彼の名前はリン君。ダナンに住んでいる若者で、持っている携帯電話がDELLのAndroidスマートフォンで英語を話せることから、それなりに裕福か知識階級にあたる層の人だと思われます。

ひとしきり盛り上がったところで、Facebookのアカウントを教えあってお別れ。最後は記念撮影もしていきます。

DSC07132.jpg 

(何故か自転車旅行シリーズだと一度は顔出しする筆者(笑)相変わらず旅行中は汚ねぇ顔だな。)

あれ?そういえばベトナムの政府ゲートウェイはPCによるFacebookを遮断してるはずだけど、リン君はどうやってアクセスを…

おそらくベトナムではスマートフォンが普及して無くて、政府もスマートフォンアプリからのアクセスは遮断してないことから、彼はAndroidアプリからアクセスしているのでしょう。

リン君と別れた後さらに1時間ほど走ると、大きな河に出ます。

DSC07134.jpg 

河の向こうにかすかに見えるのが今日の目的地ホイアン。そこから東に9Km走ったところで世界遺産の街ホイアンに到着です。

WS000000.JPG

今日の走りは53Km。

DSC07135.jpg 

まずは宿探しですが、ホイアンの安宿でも定番中の定番「HOP YEN HOTEL」で決定。日本人に対してフレンドリーな宿でもあるので、まぁここでいいかなと。ちなみにホイアンでは珍しいドミトリー(5$)がある宿です。

DSC07137.jpg 

ひとしきりシャワーを浴びたり荷物を展開し終わったら、街に出かけてみます。

ホイアンは旧市街の古い町並みが1999年に世界遺産に登録され、ベトナム戦争でも破壊されなかった昔の姿をとどめています。

DSC07142.jpg 

また旧市街の近くを流れるトゥボン川には橋が架けられ、街の名産である提灯が飾り付けられています。

DSC07143.jpg

DSC07145.jpg 

提灯作りは観光客向けにお店でデモっていたり。

DSC07154.jpg 

旧市街の建物は黄色い壁に統一されていて、美しい町並みがこぢんまりとですが形成されています。

DSC07146.jpg 

トゥボン川を渡った側から旧市街を見るとこんな感じ。

パノラマ画像(PetaMap)

この画像の途中に写っているのが「来遠橋」。

DSC07159.jpg 

この来遠橋は1593年に日本人よって建築されたとされ、通称「日本橋」とも呼ばれます。

まだ鎖国前の朱印船貿易の時代で、この頃に日本人街も支那人街も形成されて大いに繁栄したようです。

入り口なんかを見ても、明らかに構造そのものは日本式ではないこの「日本橋」ですが、

DSC07161.jpg 

橋の中にこんなものがあったり、

DSC07163.jpg 

ベトナム・英・仏の三カ国語による説明文にも、はっきりと「日本による橋」表記があります。

DSC07164.jpg 

観光客が絶え間なく訪れ、

DSC07166.jpg 

西洋人に説明するベトナム人ガイドも「JAPAN!JAPAN!」と日本の橋であることをしきりに説明しています。

ここにも名産の提灯。

DSC07167.jpg 

橋は基本木製なんですね。

DSC07168.jpg 

来遠橋の表記。

DSC07172.jpg 

橋を抜けて西側に出ても旧市街は続きます。

DSC07170.jpg 

何故か服屋さんがやたらとあるホイアン。

DSC07171.jpg 

建物は古い町並みなのですが、中で営業する店は極めて現代的。お土産屋。服屋、靴屋、レストラン、カフェ、中にはネット屋まであります。

DSC07175.jpg 

ベトナムらしい菅笠をかぶったおばちゃんですが、みなすっかり観光業慣れしていて、英語で話しかけてきたりします。

DSC07176.jpg 

日本でもこういう小さな古い町並みがそっくりそのまま残ってる町がありましたね。どこだっただろう。

DSC07180.jpg 

日常と非日常が交錯する旧市街を一通り見終わったら、

DSC07182.jpg 

昼食を食べてなかったので、ホテル近くのカフェでホイアン名物第一弾「Banh Bao(通称:ホワイトローズ」を食べてみます。

DSC07183.jpg 

エビのすり身を米粉の皮で包んで蒸したものだそうです。ぷりっとした食感がなかなか。

昼の町並みは見終わったので、今度は夜のホイアンを見に行ってみましょう。

DSC07184.jpg 

来遠橋はこのようにライトアップ。提灯も電灯ですが風情が出て良いですね。

DSC07187.jpg 

トゥボン川の橋も綺麗にライトアップされています。

DSC07188.jpg 

街角でベトナム舞踊が見られたり、

DSC07192.jpg 

川岸に屋台が出てきて食事が出来るようになっています。

DSC07194.jpg 

ここでホイアン名物第二弾「カオ・ラウ」。

DSC07199.jpg 

ルーツは日本の伊勢うどんだと言われるもので、米麺がほとんどのベトナムでは珍しい小麦粉の麺です。これが本当に日本のうどんみたいにコシが強くて旨い!

街をぶらぶら歩きながら夜は更けていきます。

DSC07200.jpg 

明日は近くにある別の世界遺産「ミーソン遺跡」への7$ツアーに行ってきます。


タグ:自転車旅行
nice!(16)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 16

コメント 1

店員佐藤

akoustamさん、いい顔してますね。
きっと、これがakoustamさんの本当の顔なんでしょう。
だから旅行に行くと顔をだしちゃうだろうな。

残りの旅も楽しんでください。
私たちも楽しませてもらっています。
by 店員佐藤 (2012-03-18 11:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る