So-net無料ブログ作成
検索選択

試練は次々と [メキシコちょっと贅沢自転車旅行記]

リアディレーラーの故障でチェーンが後ろギアにかからなくなった自転車でどうするか、考えた結果出した結論は、

「直せる街まで移動」

でした。ということで、今日はグアナファトの南東50kmほどのところにあるイラプアトという都市を目指すこととなります。

一日半楽しんだグアナファトともお別れ。
 
_DSC6877.jpg 
まずは道が狭くてもともと自転車では走れそうもない中心街を、自転車を押して歩いていきます。
 
_DSC6878.jpg
しばらく西に進むと、二層構造の下、車が走れる道が見えてきました。
 
_DSC6879.jpg 
ここからは、アウター(前の外側のギア=一番重いギア)×4速(後ろで4番めに軽いギア)という組み合わせにして、自転車で走っていきます。何故かこの組み合わせの時だけはチェーンがちゃんとかかるポジションになっていて、変速さえしなければ普通に走れるんですね。

で、とりあえず街の郊外にあるバスターミナルまで走ってバスに載せればいいや、と思っていたのですが、1950mの高地にあるグアナファトの中心部から、
ひたすら道を駆け下っていくだけなんで、何も苦労せずに着いてしまったのです。

「これなら別にそのまま50km走れるんじゃね?」

目指すイラプアトまで下り基調が続くのはわかっていますし、峠越えがあるわけでもないので、わざわざバスに乗り換えるまでもないだろう。

結局そのまま走って行くことにしました。


で、途中道を間違えて高速道路に迷い込んだので、
 
_DSC6881.jpg 
(なぜ、スペイン語・英語「日本語」なのだろう…)

道を戻るのも面倒だし、Googleマップを見たら、本来の道にショートカット出来る田舎道もあるので、そこを使って本来行きたかった道に向かうことになります。

これが大失敗。

丘むこうにあるとなりの国道に行くだけ、のはずが、全く舗装されていない砂利&泥道を自転車を押して歩くことになり、しかも結構なアップダウンにさらされます。

丘の下にはさっきの高速道路が、
 
_DSC6883.jpg
たかだか1-2kmの移動のはずだったのに、上へ下へ、北へ南への大騒ぎ。結局1時間以上歩きに歩いて、目の前に目的の国道が近づいてきた…

というところで絶望的な状況が目の前に現れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
_DSC6884.jpg 
なんと橋がありません。

本来だったら歩いて渡れるほどの小川なんでしょうが、今は雨季。しかも夕方から夜は大雨になる時期です。増水すればこんなもの。

「今までの苦労は何だったんだー!」

一人で川に叫びます(笑)。

そんなことをしていても解決するでもなく、最初はビーサンに履き替えて渡河しようかとも思いましたが、流れが急で明らかに危険極まりない。

考えに考えた末、
 
元きた道を引き返すことにしました。
 
幸い完全に戻らなくても途中で国道に出られる道があったので、なんとかそこから30分で、目的の道に。
 
_DSC6885.jpg
ここまでは格好も自転車走行向けではなく、グローブもサングラスも付けずに走ってきたので、ここで服を変えます。

本来の国道に戻ってしまえば楽なもの。

交通量が多い以外は、丘による多少のアップダウンがあるだけの下り基調で、直線の広い路肩道なので、ペダルを漕いでいけばどんどんと進んでいきます。
 
_DSC6886.jpg
そんな中、道路脇にこういう看板の店が次々と出てきました。

「FRESA CON CREMA(直訳:クリーム入り苺)」

どうもこの道沿いは苺の産地のようで、ドライブイン的な店も全てこの看板を掲げています。

「どんなもんだろう…」

興味があったので、ひとつの店に行ってみました。
 
_DSC6889.jpg 
注文して出てきた「クリーム入り苺」はこういうもの。
 
_DSC6887.jpg 
苺を何かに漬けて柔らかくしたものに、冷えた生クリームと砂糖を、二段三段に重ねながらカップにぶっこんでいくというしろものでした。

激しい運動で糖分の欲しかった自分には、これは助かる。なお、この最大サイズのカップで30ペソ(≒240円)なので、ちょっと高かった?という印象も。

しかしあまりの甘ったるさに水分が欲しくなったので、そこからさらに30分ほど走ったところで、水を補給します。
 
_DSC6890.jpg
「OXXO」。メキシコ国内で最も見かけるコンビニエンスストアです。多分これから毎日のようにお世話になるでしょう。

ここで水をたっぷり飲んだら、後はスコール前の炎天下をイラプアトに向けて走るだけ。

合計3時間ほど走ったところで、イラプアトの街に到着です。
 
_DSC6892.jpg 
これといった観光地もなく、多分観光で来る人など滅多にいないであろうこの街ですが、中心部はそれなりに歴史を感じさせるところでして、

_DSC6893.jpg 
しかも何故か広場ではお祭りのようなことも。
 
_DSC6896.jpg
 
_DSC6897.jpg 
電器店に寄って製品チェックはいつものこと。
 
_DSC6894.jpg 
お祭りの屋台で15ペソ(≒120円)のこの旅初タコスを食べたら、250ペソ(≒2000円)の安ホテルで一泊です。
 
_DSC6898.jpg 
明日は自転車直せるといいなぁ…

nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 1

店員佐藤

自転車が _| ̄|○ になってる。。。
by 店員佐藤 (2015-07-20 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る