So-net無料ブログ作成
検索選択

SQUALL [メキシコちょっと贅沢自転車旅行記]

ホテルに着いた直後にあれだけ降っていた大雨と雷も、朝になると必ず止んでいいお天気になる気候。

今日はメキシコシティまで大きなップダウンもなく100kmほどなので、のんびりとホテルの朝食を注文してスタートです。
 
_DSC6972.jpg 
しかし、本当誰がここに泊まりにくるんだろうな…
 
_DSC6973.jpg 
1時間ほど走って行くと、高原だった風景に渓谷が現れて、少し山っぽい感じになってきました。
 
_DSC6974.jpg 
ということは一度下ったけど、登りです。メキシコシティ手前のテペヒという街で2000mまで下がった高度は、2200mのメキシコシティに向けて長い登りになります。
 
_DSC6975.jpg 
なんかの像があるところで峠。
 
_DSC6976.jpg 
ここで2時間40km走ったので、水分を補給し(メキシコにはサブウェイを備えたガソリンスタンドが意外とある)、
 
_DSC6977.jpg 
自転車走行禁止の標識をものともせず(地元のロードレーサーサイクリストもガンガン走ってる)、
 
_DSC6978.jpg 
あと30kmほどのところまでやってきました。
_DSC6980.jpg 
ここで昼食を取ろうと、道端の屋台でタコスを頼みます。
 
_DSC6981.jpg
元気なお兄ちゃんが手際よく作ってくれるこのタコスも、毎度恒例の一つ10ペソ。
 
_DSC6984.jpg
3つ食べてエネルギーを補給したら、ものすごい交通量の中を市内中心部に向けて進んでいきます。
 
_DSC6985.jpg 
市内直前に80mほどの丘を越えたら、あとはのんびり走るだけ…
 
_DSC6986.jpg 
のはずなのに、カオスな渋滞に次々と巻き込まれて、まるで前に進めなくなります。 
 
_DSC6987.jpg 
メキシコシティはとにかく車の量が半端無く、片道2-3車線の道路すら、立錐の余地もないぐらいに車で埋まります、一体何なんだ。

そうやって手こずっていたら最悪の状況に。

いつもの「夕方のスコール」が16時前にやってきてしまったのです。
 
_DSC6989.jpg
バケツをひっくり返したような大雨に落雷。これでは一歩も進めず、雨宿りするしかなく。20分ほど閉まっているお店の軒先に待機していたのですが、やはりスコールだけあって雲に切れ目ができて、降りが弱くなってきました。

ここしかない。

自分の進行方向を見ると(歩道橋から撮影)、しばらく雨は来そうもなく、
 
_DSC6990.jpg 
逆に振り返るとスコールの雨雲は少しずつ離れていってます。
 
_DSC6991.jpg 
日本のジトジト降り続く雨とは、やはり感覚が違うんですね。

小降りの雨の中、最後の10kmを走りきったら、メキシコシティで有名な二大日本人宿の一つ「サンフェルナンド館」に到着。
 
_DSC6992.jpg 
ドミトリーなら一泊140ペソのこの宿で、しばらく自転車旅はお休みです。

そして色んな人がいるのが日本人宿。変わらない風景ですね。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る