So-net無料ブログ作成
検索選択

修行から休暇へ [メキシコちょっと贅沢自転車旅行記]

今回の旅は当初予定より200kmほど距離が減って、800kmの走行になったわけですが、輪行で自転車を壊されるわ、5箇所もパンクするわで、暑さと湿気と向かい風に見舞われたユカタン半島もあって、ほとんど「修行」状態になってしまいました。

そんな修行も昨日で終了。今日から日本に帰るまでは、のんびりとこのリゾート都市カンクンを楽しむつもりです。
 
_DSC7087.jpg 
なので、今日は久しぶり何にも気にせずにゆっくり起きて、宿の朝食を食べます(パン2枚とコーヒーぐらいですが)。

で、どうしようか…

街を散歩しながら、他の旅人に勧められた「イスラ・ムヘーラス(ムヘーラス島)」に行ってみようという気分になってきました。

イスラ・ムヘーラスに行くとなると、フェリーの出ているプエルト・フアレス(フアレス港)に行かないといけません。

プエルト・フアレスは街の中心部から3-4km離れているので、普通はここでタクシーとか路線バスでパッと行くんでしょうけど、自転車野郎の弱点がここで顔を覗かせます。

普通の旅行者は、市内観光の移動手段がタクシーや路線バスや地下鉄になるため、そういったローカルな交通手段の使い方が上手いのですが、
自転車野郎は「自転車」という無料の近距離高速移動手段を持っているため、あまりローカルの交通手段を使わず、こういうのを利用する経験が圧倒的に少ないのです。

結局僕もどのバスに乗っていいかがわからず、タクシーを使うのも癪なため、

50分歩きました(笑)

なんだかんだと自転車でも歩きでも「自力」で開拓してくのが好きな性格なのです。

で、着いたのがプエルト・フアレスから船を運行しているウルトラ・マール社の桟橋。
 
_DSC7090.jpg 
ちょうど出航の時間だったので、あまり待たずに乗り込むことが出来ました。費用は往復チケットで146ペソ。
 
_DSC3399.jpg 
双胴の高速船は二階建になっていて、一階はエアコンの効いた快適な船内。二階は太陽にさらされますが景色のきれいなデッキ席になります。
 
_DSC3401.jpg 
青い海を見ながら出航。
 
_DSC3404.jpg 
で、周りはほぼ全員が観光客なわけですが、島までの15分の航行を飽きさせないように、デッキ上で音楽を流します。
 
_DSC3405.jpg 
生演奏で(笑)

昨日海沿いを走ってきた割に、全然海岸線を見てなかったので、結局今日が海を見る最初の日になってますが、綺麗ですね、さすがビーチリゾートになるだけの地であります>カンクン
 
_DSC3406.jpg
 
_DSC3408.jpg 
ここでついにこの旅のために購入したα99の円偏光(PL)フィルタが火を噴きます(ぉ
 
_DSC3412.jpg
 
_DSC3415.jpg 
こういう海をいい色で撮るのにフィルタは必須ですね。といってもまだ使い慣れていないので、うまく撮れていませんが。

距離は短いので、サッとイスラ・ムヘーラスに到着。
 
_DSC3417.jpg 
小さな島での観光客向け交通機関は「ゴルフ・カート」が主流だったりします。
 
_DSC3418.jpg 
もちろん僕は歩き(笑)

何百mか歩いて北側にある「プラヤ・ノルテ(北ビーチ)」に到着です。
 
_DSC3421.jpg
 
_DSC3422.jpg
 
_DSC3425.jpg 
そしたら何するか、
 
_DSC3427.jpg 
酒です(ぉぃ

自転車を離れて、ひたすら海を眺めながら一杯。「色んなことあったなぁ」と思い出します。
 
_DSC3433.jpg
 
_DSC3435.jpg 
夕方になったのでカンクンの街に戻りましょうか。
 
_DSC3437.jpg
 
_DSC3438.jpg 
帰りはバスのりばがわかったので、10分ほどR-1系統のバスに乗ってカンクンのセントロに戻ってきました。
 
_DSC3443.jpg
 
_DSC3444.jpg 
あ~暑さに耐える必要もなくのんびり出来るっていい時間だなぁ。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る