So-net無料ブログ作成
検索選択

寺(テラ)へ… [ミャンマーちょこっと自転車旅行記]

朝7時。暑い国で走るには、朝の涼しいうちに距離を稼ぐのが鉄則なので、サクッと走り始めることにしました。

_DSC7594.jpg

といってもやはりアジアの朝は早い。既に道路には屋台やら路線バスやらで人が溢れており、ヤンゴン市街を抜けるのにも一苦労します。

_DSC7595.jpg

橋を渡って行くときに既にここまで上がった朝日が、

_DSC7597.jpg

こりゃ、もっと早く出ないといかんか。

_DSC7599.jpg

ヤンゴンの市内に入ってくる道路、その周辺の道路など、車が一杯で、渋滞はとどまることを知りません。バイク洪水じゃなく、クルマばかりというのがヤンゴン的ですが。

_DSC7601.jpg

しかし20kmも走ると、ヤンゴン市街を抜け、郊外の緑の多い地区に出てきました。

ここまでくると周りは田んぼだったり、スラム的な家屋だったりで、ヤンゴンの都市風景は消えていきます。

そんな中で大きな外資の工場があったりするのは、いかにもこれから発展する国らしいところでしょうか。

_DSC7600.jpg

途中料金所があって、警官や軍人さんもいたのですが、みんな笑顔で「こっちを通りなさい」と指示してくれるなど、およそ元軍事政権国家と思えない優しさです。

_DSC7602.jpg

2時間で30kmちょい走って、小さな村に出てきました。

_DSC7603.jpg

喉が渇いたのでジュースを一品頼むと、店の親父さんが「これも食べてけ」とお菓子を出してくれたり。

50kmも走ったでしょうか、だんだん暑くなってくる中、ヤンゴン-マンダレーハイウェイに合流したので、水分を補給し、

_DSC7604.jpg

片側三車線の大きな道を走り始めます。

_DSC7605.jpg

しかしミャンマーの道路舗装状態はお世辞にも良いわけではなく、穴ぼこや補修跡によってガタガタ。途中「なんか空気抜けてる?」と思うような状況にもなってきます。

_DSC7606.jpg

目指すバゴーの手前は何故かリゾートホテル街。しかし、なぜ飛行機…

こうして暑さにやられそうな昼の炎天下の中、80kmを走ってバゴーという街に到着です。

_DSC7607.jpg

今日の宿は25,000チャット。朝食付きで設備も整っている、街道から離れた静かな宿ならこんなものでしょうか。

早速タイヤを点検。

_DSC7608.jpg

…パンクしてました。こりゃこの先も大変そうだ。

パンク修理が終わったので、バゴーの有名なパゴダをいくつか見に行きます。

_DSC7609.jpg

街の北西にある「ミャタリャウン寝釈迦」。

_DSC3870.jpg

これヤンゴンのチャウタッジーよりもさらにデカいな。

_DSC7611.jpg

足の裏もこのパターンです。

日本語で話しかけてくる土産物屋に辟易しながら、続いてはバゴーの中心部を抜け、東にある「シュエモードパゴダ」へ。

_DSC7615.jpg

ここも回廊を抜けたら、

_DSC7616.jpg

シュエダゴンパゴダよりさらに高い仏塔が出てきます。

_DSC7618.jpg

でけーなー

_DSC7625.jpg

裸足にロンジーでまた一周。

_DSC3881.jpg

今回はひたすら寺巡りの旅になりそう。

_DSC3878.jpg

明日もまた暑さに耐えながら走ります。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る