So-net無料ブログ作成
検索選択
スペイン・フランス自転車旅行記 ブログトップ

いつでも微笑みを [スペイン・フランス自転車旅行記]

バルセロナ空港を出発するのは昼の12時。チェックインの時間なども考えて、宿の朝食を急いでかき込みます。

RIMG0641.jpg

続きを読む


タグ:旅行

バルセロナにて [スペイン・フランス自転車旅行記]

皆さんに心配をおかけした宿問題ですが、結局夜22時半にダメ元で駆け込んだドミトリー宿で、「ネットやメールで予約したけど来なかった」組の空いたベッドが、僕らキャンセル待ち組に解放され無事にシャワーを浴びて眠ることが出来ました。

さすがに170Km走って手も足も動かなくなってる中で、野宿は出来ませんからね。夜のバルセロナは治安良くないし(笑)

で、その泊めてもらった「Gothic Point」ですが、ヨーロッパではよく見かける「自称ユースホステル」の一つになります。

いわゆる「ユースホステル」というのは、世界的な組織であるユースホステル連盟に加入し、会員に対して安価な宿を提供するのが目的ですが、そういう堅苦しい縛りがイヤなのか、連盟に属さず勝手に「ユースホステル」を名乗って、安宿を提供している組織や企業がヨーロッパには無数にあります。

正規なユースホステルで無い分、会員・非会員の差別が無く、BARが併設され夜まで騒いでいたりするなど、あまり堅苦しい雰囲気が無い現代的なノリのドミトリー宿ばかりなので、ヨーロッパでバックパッキングなどの貧乏旅行をする人々にはかなり重宝されているようです。

その代わり今の時期のような夏のバカンスシーズンはどこも人気が高く、ベッドはすぐに埋まってしまう(もちろん正規のユースホステルもすぐに埋まる)ので、旅行者がチェックアウトして移動を開始する朝に「今夜ベッド空いてる?」と受付に行くのが、最も確実にベッドを確保する手段だったりします。

8年前にモロッコ→スペイン→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコと自転車で横断したときは、マドリッド、バルセロナ、フィレンツェ、ローマ、ナポリといった街でこの方法でユースを泊まり歩いていました。本当は街に入れるのに、その直前で野宿して朝っぱらに街に入ってくるという荒技で(笑)

続きを読む


タグ:旅行

足よりも手が… [スペイン・フランス自転車旅行記]

前日思ったより距離が稼げなかったため、今日は170Kmという長い距離を走らざるを得なくなったわけですが、道も悪くないし、タイヤもオンロード用の軽量スリックタイヤにしてあるし、山の中から海の街バルセロナに行くのだから下り基調の道だし、まぁなんとかなるだろうと朝9時に出発します。

RIMG0563.JPG

続きを読む


タグ:旅行

アンドラ [スペイン・フランス自転車旅行記]

昨晩降っていた雨はどうにか朝までには止み、Ax-les-Thermesの街も曇りの状態となりました。もう降ることもなさそうなので、ノーマル装備で10時スタート。今回の旅での最高高度2408mを目指します。

しばらくは曇りなので気温も上がらず気持ちの良い感じ、街を出てから高度300m上がるごとに休憩を入れて、徐々に高度を上げていきます。

RIMG0529.jpg

続きを読む


タグ:旅行

 [スペイン・フランス自転車旅行記]

寝ているときから、テントのフライシートを打つシトシトとした音が…

「雨か…」

実は海外自転車旅行中に雨に遭うのも8年ぶり。あの時はアルプスでツールドフランスを見た後、イタリアに抜ける前の日のことでした。 どうも僕はフランスでは雨に縁があるようです。なにせその後の海外旅行では一度たりとも雨に降られなかったのですから。

出発するまでに止むことを期待したのですが、見事に雨はそのまま。こうなると濡れたテントをしまうのも一苦労ですし、長期旅行と違って「じゃあ今日は一日休むか」というわけにもいかないので、ちょっと憂鬱な気持ちになります。

それでもレインジャケットやバッグ類のレインカバーといった雨対策用品は完全に用意してあるので、走るのに問題は無し。逆に言えばただ重いだけで役立たずの荷物にならなかったぶん、良かったかもと切り替えて考えることにしました。

RIMG0517.JPG

続きを読む


タグ:旅行

フランス料理? [スペイン・フランス自転車旅行記]

長年の夢がかなった次の日は、ノンビリと東に向けて走る日になります。予定は100Kmちょっと、まずは準備体操代わりに20Kmほど走ったら、小さなパン屋でキッチュを補給。

RIMG0505.jpg

続きを読む


タグ:旅行

8年越しの夢 [スペイン・フランス自転車旅行記]

峠の頂上での野宿で迎える朝というのは、景色も良くて気持ちいいものですが、今日のアスパン峠は眠っている間に機材トレーラーがやってきて、知らぬ間にこんなものが出来上がっていました。

RIMG0501.jpg

続きを読む


タグ:旅行

トンネルを抜けたら [スペイン・フランス自転車旅行記]

今朝もまたまた9時半スタート。当初計画より30Kmほど距離が長くなってしまってますが、走らないことには始まらないので、とにかく黙々と自転車をこいでいきます。

RIMG0466.jpg

続きを読む


タグ:旅行

体力落ちたかな [スペイン・フランス自転車旅行記]

今地元スペインのテレビを見ていますが、今朝の牛追いで14年ぶりの死者が出てしまったそうです(T_T)。テレビ中継の録画を見る限りは、やはり危険性の高い市庁舎前の左コーナーで、アウトコーナー側の防護柵と曲がりきれなかった牛の角に挟まれたのが原因のようで、僕も下見の段階であそこのアウトコーナーはやばいだろうと思っていたのが、まさかの現実になってしまいました。

亡くなった方のご冥福をお祈りするととともに、僕もあくまで運が良かっただけなんだと、改めてこれからの旅の安全のために気を引き締めていこうと思います。

 

続きを読む


タグ:旅行

走ってみた [スペイン・フランス自転車旅行記]

昨日の大失態を取り返すべく今日は朝6時前に起床、さっそく牛追いのスタート地点に向かいます(え?走らないんじゃ無かったのかって?いやいやこんなチャンスもう二度とありません、人生後悔の無いように生きないと(笑))。

続きを読む


タグ:旅行

牛追い失敗(笑) [スペイン・フランス自転車旅行記]

今朝は朝7時に起床。見物と違って走る方は場所取りをする必要もないので、のんびりと準備運動しながらスタート地点方面に向かいました。ところがこれが間違いの元、やっぱりみんな僕と同じく「とりあえず初日の様子で走るかどうか決めよう」と考えていたからでしょうか、参加者が昨日の4~5倍増状態になっていて、ルート上には人があふれかえり、スタート地点にまともにたどり着くことさえ出来なくなっていたのです。

結局、警察側も「この大集団で走ったら将棋倒しになって危険」と判断したのか、後から来た何百人かはルートから排除され、参加者を減らすことになってしまいました。そして僕もその足切り組として、残念ながらルートから去ることになるとは、なんという大失態(笑)

というわけで牛追いへの参加こそかないませんでしたが、昨日の下見中に走行ルートを撮影してあるので、それを解説していきましょう。

ここがサントドミンゴ公園の近くにあるスタート地点。

RIMG0367.JPG

続きを読む


タグ:旅行

祭!祭!祭! [スペイン・フランス自転車旅行記]

なんたって“牛追い祭”というぐらいですから、おそらく皆さんの中には「期間中は一日何度も牛追いをやる」というイメージがあると思います。

ところが実際に牛追いの祭事「ENCIERRO(エンシエロ)」が行われるのは一日一回限り。なので開会式のある7月6日を除いて、7日~14日で計8回の牛追いが行われるということになります。

そしてエンシエロのスタートは毎朝8時となっていて、無料で良く見える場所がかなり限られるため、自然と朝早くから場所取り合戦が始まります。

僕も6時に起床して、昨日のルート下見の段階で決めていたポイントに一目散に向かったのですが、なにせみんな徹夜で飲めや歌えやしてそのまま流れ込んできているため、スタート1時間半前の段階ですでにこの人の波。

DSC00002.JPG

続きを読む


タグ:旅行

同じ阿呆なら [スペイン・フランス自転車旅行記]

バルセロナに着いてから半日もたっていないのに、今日もまた移動します。朝6時半に向かった先はバルセロナ・サンツ駅。

RIMG0347.JPG

続きを読む


タグ:旅行

初体験 [スペイン・フランス自転車旅行記]

旅のスタート、搭乗手続きですったもんだがあったものの、最終的には自転車の積み込みも無料でOKとなり、自分の飛行機にせっせと乗りこみます(そのボーディングの時にも、さっきのグランドホステスのお姉さんが、わざわざチェックインカウンターからボーディングブリッジまでやってきて「帰りの便も自転車持ち込みの予約をされてませんね?こちらでしておきますので、次回からは必ず事前にお申し込みをしてください。」と再度お説教をされてしまいました(^^;))。

RIMG0303.JPG

続きを読む


タグ:旅行

いつだってトラブル [スペイン・フランス自転車旅行記]

ツール・ド・フランス第1ステージの興奮もさめやらぬまま、3時間だけ睡眠して朝6時に家を出発し、今回の旅行もまずは最寄り駅での自転車分解で始まります。

一年前との違いわかりますか?

RIMG0299.JPG

続きを読む


スペイン・フランス自転車旅行記 ブログトップ
メッセージを送る