So-net無料ブログ作成
検索選択
Sony・Cyber-shot ブログトップ
- | 次の20件

Global Cyber-shot [Sony・Cyber-shot]

既報の通り、Cyber-shotに二つの新機種と、新たな周辺機器としてGPSユニットが発表されました。

昨年11月、低迷していたCyber-shot復活の切り札として、「薄型・光学三倍ズーム・光学手ブレ補正」という市場のトレンドに正面から取り組んだDSC-T9は、しばしば各種販売ランキングの上位に顔を出し、IT系ライター各氏からも高評価を得るなど、久しぶりのヒット作として、Sonyのデジタルイメージング事業の業績回復にも貢献してきました。

今年4月になって、T9をベースにバッテリ・液晶画面を大型化し、長時間撮影とさらなる高画質を実現したDSC-T30が登場、こちらも高い評価を得ますが、Tシリーズが持っていた軽快さ、デザインの良さが微妙にスポイルされ、T9ほどの話題作とまではいきませんでした。

それならこれでどうだ、と言わんばかりにT30の性能をT9サイズに詰め込んだDSC-T10が今回登場し、さらに初めて買う人の為のエントリーデジカメとして、地味ながらもCyber-shotのラインアップを支えてきたDSC-W30にも、上位機DSC-W50が出てきました。

米コダックがデジカメ製造から撤退するなど、厳しさを増す市場環境の中で、SonyがかつてのPシリーズ全盛時のような勢いを取り戻すことが出来るのか、今回の二機種を見ていきましょう。

 

デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-T10

続きを読む


速報!Cyber-shotに新製品&GPSユニット登場! [Sony・Cyber-shot]

先ほどSonyよりプレスリリースされました。人気のCyber-shot T9の後継T10と、Wシリーズの新型W50が登場です。

そしてCyber-shotやHandycamで撮った画像を、「Google Maps」に位置情報とともに貼り付けることができる、という何やら面白そうな「GPSユニットキット」なるものも出てきました。

有効720万画素CCD搭載「光学式手ブレ補正」機能と「高感度ISO1000」に対応した
“ダブルでブレない”スタイリッシュな“サイバーショット”発売

続きを読む


Cyber-shot T30 vs T7 比較撮影レビュー [Sony・Cyber-shot]

今日は休日です。

午後から晴れたので、Cyber-shot T30片手に、自転車乗ってミニサイクリングに出かけました。ついでに下取りで手放す前のCyber-shot T7も持って行ったので、この二つのカメラの比較をしてみました。

続きを読む


Cyber-shot T30 ファーストインプレッション [Sony・Cyber-shot]

今朝ソニースタイルから荷物が届きました。中身は4月21日発売のこれ。

Cyber-shot DSC-T30。僕にとってはDSC-T7以来、1年ぶりのデジカメ買い替えです。PORTERのおまけセットやケースも全てゲットしました\(^o^)/

続きを読む


Zoom-Zoom [Sony・Cyber-shot]

既報の通り、Cyber-shotの中で「カジュアルな高倍率ズーム機」という領域を担当する、“ズームサイバーショット”DSC-H1がモデルチェンジしてDSC-H5となりました。

デジタルスチルカメラ Cyber-shot DSC-H5

続きを読む


速報!光学12倍ズームCyber-shotに新機種! [Sony・Cyber-shot]

先ほどSonyよりプレスリリースされました。光学12倍のズームレンズを搭載した“ズームサイバーショット”に新機種が登場です。

ダブルでブレない 光学12倍ズームを搭載した“ズームサイバーショット”発売
~最大16mまで照らせる大光量フラッシュを内蔵~

海外ではすでに発表されていたDSC-H1の後継機、DSC-H5がようやく国内発表です。アメリカあたりでは、600万画素・2.5インチ液晶のDSC-H2も出てますが、高級志向の日本には720万画素・3.0インチ液晶のDSC-H5のみの導入になるようです。

先日発表されたDSC-T30と同じ、1/2.5インチ720万画素CCDを持ってきたので、ISO1000まで対応なのはそのまま、なにげに強化されているのがフラッシュで、ISO1000時最大16mまで到達する大光量と、後幕シンクロ機能を持つようになりました。

しかし、機能はともかくCyber-shotって毎月一つずつ発売していくんですか?まとめて発表して、大々的に発表会でも開いてくれた方がインパクトあると思うんですけど。

【追記】詳細レポートをこちらにアップしました。


Super Steady 第2章へ [Sony・Cyber-shot]

既報の通り、薄型&光学3倍ズーム&大型液晶という、今の日本のコンパクトデジタルカメラの主流となる市場に向けた、Cyber-shotの最量販シリーズ、Tシリーズの新機種、DSC-T30が発表されました。

デジタルスチルカメラ Cyber-Shot DSC-T30

続きを読む


速報!Cyber-Shot Tシリーズに新機種! [Sony・Cyber-shot]

先ほどSonyよりプレスリリースされました。薄型&手ぶれ補正のCyber-Shot Tシリーズに新顔が登場です。

有効720万画素CCD搭載「光学式手ブレ補正」と「高感度」に対応し、3.0型液晶モニターを採用した ダブルでブレない大画面“サイバーショット”発売

すでに噂は飛んでいましたが、4月21日発売ですね。僕は現在持っているT7から1年ぶりの買い替え予定です。

T9のISO640に比べ、さらに高感度なISO1000に対応。1/2.5インチの720万画素CCDとより狭小化してしまったので、どこまで高画質化できているのか気になります。

画面は2.5インチ→3.0インチとより大型化。このクラスは3.0インチが標準になりそうですね。

詳細レビューは毎度夜遅くにでも。

【追記】詳細レビューをこちらにアップしました。


速報!Cyber-Shot にISO1000の高感度機が登場! [Sony・Cyber-shot]

国内でも正式発表が来ましたね。Cyber-Shot Wシリーズがモデルチェンジ、ISO1000の高感度まで対応した「W30」が登場です。

 

有効600万画素CCD搭載、高感度ISO1000対応でブレに強いスタミナ“サイバーショット”『DSC-W30』発売
~初心者の方に簡単・便利な機能搭載~

最近のCyber-Shotは、小出しに発表する癖がありますが、今回も一機種だけですか。地味なWシリーズを、地味に発表しなくてもなぁ。

とりあえず、高感度CCDはつきましたが、光学手ブレ補正は無しです。やっぱり地味だ…

これから春商戦にむけ、一つづつ他の機種も発表していくのでしょうか?まとめて発表した方がインパクトあると思うんですがねぇ>Sony


Super Steady [Sony・Cyber-shot]

 既報の通り、Cyber-shotに2つの新機種が発表されました。

カシオのEXILIMが先鞭をつけた「薄型・大型液晶デジタルカメラ」というジャンルに、光学3倍ズーム・屈曲レンズ・2.5インチ液晶という機能で、Sonyが正面から挑んだ意欲作Cyber-shot DSC-T1が登場してから2年、ユーザーの求めるトレンドは「薄型・大画面」に加え「手ブレ補正による高画質化」という方向へ行き、「光学手ブレ補正」でヒットを飛ばすPanasonic、「高感度でシャッター速度を上げる」で挑むFUJI、「ポストプロセッシング」で手ブレを克服しようというCASIOなど、各社様々なアプローチで手ブレによる画質低下対策を施してくるなか、沈黙を保ち続けたSony主力のCyber-shot Tシリーズは市場からも存在感を失いつつありました。

Sonyも手ブレ補正の必要性は重々分かっていたはずなのに、何故動かなかったのか?内部の事情は不明ですが、満を持してこの冬商戦に手ブレ対策を施したカメラを投入してきました。

光学手ブレ補正とISO640の感度で手ブレに対抗するT9と、広角時F2.8の明るいレンズとISO800の高感度で手ブレに対抗するN1、今回の2機種を順番に見ていきましょう。

続きを読む


速報!Cyber-Shotに新機種。光学手ブレ補正搭載! [Sony・Cyber-shot]

10月いっぱいでソニースタイルのキャンペーンが終わったので、今日発表だとは思っていたのですが、ついに来ました。光学手ブレ補正搭載Cyber-Shotが。

 

 「光学式手ブレ補正」と「高感度」、ダブルでブレない高画質“サイバーショット”『DSC-T9』発売

有効810万画素CCD搭載、高感度ISO800対応のブレない高画質“サイバーショット”『DSC-N1』発売~高精細3.0型タッチパネル液晶を採用~

以前こちらでお伝えしたとおり、Sonyの人にはすっかり騙されたわけですが、さらにT9まであるとは・・・そりゃ確かに「屈曲レンズ+光学手ブレ補正をやりますよ。」って言ってたけどさぁ・・・

詳細は後ほど。

【追記】詳細インプレッションをこちらにアップしました。


ウソつき・・・ [Sony・Cyber-shot]

Sony Dealer Conventionのときあれほど「しばらく新機種はありません」って言ったじゃないか~、

Sonyの人の「ウソつき・・・(ガセビアの緒川たまき風)

米SonyよりDSC-N1が発表され11月中旬に発売になるようです。当然年内に日本にも投入されるよな・・・どうりでソニスタの秋のキャンペーンが10月31日までなわけだよ(;_;)

というわけで、僕のガセ情報に騙された皆様、心よりお詫び申し上げます。誠にもうしわけありませんでした。

 

Sony DSC-N1 (dpreview.com)

  • 1/1.8インチ 800万画素CCD搭載
  • ISO感度800の高感度CCD
  • 35mm換算38-114mmの光学3倍沈胴ズームレンズ
  • F2.8-5.4 と広角側で明るくなったレンズ
  • 3.0インチ大型タッチパネル液晶搭載
  • M2に続く「ポケットアルバム機能」搭載
  • バッテリーはNP-BG1とまたも別の形へ

結局光学手ブレ補正ではなく、高感度CCD+明るいレンズという王道のやり方でブレ対策してきました。3.0インチ液晶にスライドショー付きポケットアルバム機能ってM2の立場は・・・

沈胴レンズよりも屈曲で行くって言ってたのに~、Sonyの人隠してたな・・・


Sony Dealer Convention2005 リポート 「Cyber-Shot篇」 [Sony・Cyber-shot]

Sony Dealer Convention2005 リポート、第二弾はカメラ「Cyber-Shot」です。

今回年末商戦向けに、M2・R1の2機種を発表したSonyですが、展示もその2機種だけ。しかもM2コーナーだけモデルの女の子を二人配して、若い人たちの注目を集めるなど、やたらと力が入っているのに、主力となるはずのT5は、ミニコンポなどと同じ「その他製品」コーナーにひっそりと置いてあるという、ちょっと疑問符の残る展示方法でした。

一方のR1は、カメラ好きな年配の男性の興味をひくらしく、担当の皆さん常に質問攻めにあっていて、SonyらしいといえばSonyらしい、両極端な製品を象徴しているようでした。

では2機種のインプレッション、

続きを読む


MOVIE & PRESTIGE [Sony・Cyber-shot]

既報の通り、Cyber-Shotの新機種が発表されました。

動画機能をメインに据え、ギミックとデザインを売りにするDSC-M2と、イメージセンサーに大型のCMOSを採用し、高画質路線を突っ走るDSC-R1、この対照的な2機種が同時に発表されるのが、いかにもSonyらしいですが、それぞれ見ていきましょう。

続きを読む


- | 次の20件 Sony・Cyber-shot ブログトップ
メッセージを送る