So-net無料ブログ作成
検索選択
東南アジア自転車旅行記 ブログトップ
前の20件 | -

また、新しい旅立ちが始まる [東南アジア自転車旅行記]

旅の初日、バンコク空港からカオサン通りまで、2時間半もかかったエアポートバスは、帰りは1時間もかからずに空港に着いてしまいました。

さっそくチェックイン。

続きを読む


さあ、日本へ [東南アジア自転車旅行記]

バンコク・ドンムアン空港から飛び立つまで後5時間ほどになりました。暑い東南アジアともまもなくお別れです。

今日の仕事はなんと言っても自転車を分解・梱包すること。3ヶ月間、この帰りの飛行機のためだけに、ずっと持ち歩いていた輪行袋(自転車をいれる専用の袋)を使うときが、ようやくやってきました。

宿の前で、早速展開して作業開始です。

続きを読む


再会 [東南アジア自転車旅行記]

2月3日になりました。帰りの飛行機は明日です。

もうやることもなく、のんびり寝て・・・と思いましたが、蚊が多くてどうにも寝れず、朝がやってきました。

目が覚めて、宿の一階の食堂に下りていくと、そこに一人の待ち人が、

続きを読む


The Long and Winding Road [東南アジア自転車旅行記]

2005年11月8日、自分自身の32歳の誕生日に、最初の1mをこぎだしてから約3ヶ月、ついにこの旅最後の70Kmを走る朝がやってきました。

もうゴールのバンコクは目の前、道路は近代化され、何車線どころか、こんな道になっています。

続きを読む


まだまだ不思議なタイ [東南アジア自転車旅行記]

昨日の宿、さすが550バーツもするだけあって、朝食つきでした。

いや~、朝からコーヒーにトーストに目玉焼きを食べて、それから走行開始とはなんだかいいご身分って感じです。

今日は曇りがちだったので、昨日ほど暑くはなかったのですが、それでも走ると汗が乾いて、全身塩吹いた状態で・・・激しい運動が続きます。

でも道は6車線から8車線にまで広くなり、いまやすっかり大動脈の走行、田舎をボーっと走ってたころが懐かしいです。

さて、今日で旅は90日目。そのうち40日近くをタイで過ごしているのですが、いまだに初めて出会う飲み物なんかもあって、

続きを読む


何故かいいホテルに [東南アジア自転車旅行記]

暑さを避けるために、チャンタブリを朝8時に出てはみたものの、10時にもなると、日差しはカンカン照りになり、毎日続く体感温度35度以上の状態がやってきてしまいました。

額から流れ落ちる滝のような汗が、目に入ってきて沁みます。視界が・・・危ないところでした。

そんなこんなで昼は55km走ったところのドライブインで、

水に、コーラに、と水分をどんどん取ります。

続きを読む


Highway Star [東南アジア自転車旅行記]

タイに戻ってきて二日目、朝食も市場で好きなモノが選べるし、走っていればいつでも休める設備の整ったドライブイン、ガソリンスタンドがあるしで、すっかり便利な旅になってしまいました。

そして、道はついに4~6車線のハイウェイに、

続きを読む


帰還 [東南アジア自転車旅行記]

1月29日、台湾・中国・シンガポール・ベトナムといった支那文化圏、もしくは華僑の影響が強い国では、いわゆる「旧正月」の真っ最中です(日本でも中華街では盛り上がってるかな?)。

カンボジアでもその風習があるらしく、昨晩も街中で夜中まで爆竹が鳴らされまくっていたので、こっちは寝られやしませんでした(^^;)。今頃ベトナムにいたら大盛り上がりなんだろうな。

そんな寝不足の中、朝8時にココンの街を出発。

まずはこのココン大橋を渡って対岸に行きます。

続きを読む


航海 [東南アジア自転車旅行記]

今日の船の出発は12時の予定。朝はらくらくだったのですが、自転車を乗せるのにいくらかかるかわからなかったので、港のチケット売り場に行って、聞いてみることにします。

チケット売り場といっても、ここはカンボジア、なにか立派な建物があるわけでもなく、案内もこの調子です。

続きを読む


海だぁ! [東南アジア自転車旅行記]

ベトナムからカンボジアに戻ってきた僕ですが、正直に言うとカンボジアには来たくありませんでした。

ホーチミンでだらだらしていた頃、いかにしてベトナムからカンボジアを通らずにタイに戻るか、いっそ全日空に頼み込んで、帰国便をバンコク→成田を、ホーチミン→成田にリルートしてもらえないだろうかとまで考えました。

そこまでカンボジア嫌いになった理由は、ずっと読んで頂いてる読者さんなら、もうお分かりですね。

カンボジアの世界最低、殺人ドライバーに二度と会いたくなかったから。

に他なりません。

続きを読む


見つからず・・・(1月26日の日記) [東南アジア自転車旅行記]

タケオに一泊してわかったこと。

旅行者が行かないような、カンボジアの田舎町は泊まるべきではない、ってことでした。なんとかゲストハウスはあったものの、旅行者のための食堂やレストランが全くなく、なんだかデザートと飲み物で腹を満たして、朝を迎えます。

それにしても食べ物が燃料の自転車旅行者にとって、これはつらい。

空腹を必死にこらえながら、12Km西にある、タソームという街を目指します。

本来、タケオ州の州都はタケオなので、タソームよりも立派な街だという計算だったのですが、実際タソームに行ってみると、プノンペン⇔カンポットを結ぶ、国道3号線の通り道なので、ドライブインとかはこっちのほうが、よっぽど充実していました。

続きを読む


新ルート開拓?(1月25日の日記) [東南アジア自転車旅行記]

1月24日の夜は、ベトナム最後の夜。しかもベトナムドンを使うペースを間違えたので、お金は余りまくっています。ベトナムドンは国外に出たら、ほぼ紙屑同然。

で、どうしたか、

続きを読む


カンボジアが近づいてきた。 [東南アジア自転車旅行記]

カントーの街の夜は、まるで毎日が縁日のような雰囲気でした。

川沿いにでる観葉植物やお菓子の露店、そこを行きかうベトナムの人々、イルミネーションもライトアップされ、若いカップルが楽しげに語り合う夜の公園、それを見守るのが・・・

続きを読む


メコン川クルーズ by HVR-A1J [東南アジア自転車旅行記]

今日は朝6時起きです。こんな朝早くから何をやるか、メコンデルタ観光の目玉「メコンクルーズ」です。

何たってクルーズですから、乗り込む船と言えば・・・

続きを読む


橋がいいのか、船がいいのか [東南アジア自転車旅行記]

【追記】全て日本語に書き直しました。

さて、まずは昨日の夕食から、 屋台に行って、こんな麺を食べました。

 

続きを読む


暑い!暑いよ!ベトナムは。 [東南アジア自転車旅行記]

沈没からのサルベージの日。

走るのは70kmぐらいなので、朝10時にゆっくりと出発します。一週間、宿の洗濯屋稼業のための、物干し台となっていた(^^;)僕の自転車も、空気を両輪に入れなおして、いつもの状態に戻ります。

朝のホーチミンのバイクの洪水の中、目指すはメコンデルタの入口の街、ミトーです。

続きを読む


脱出の準備 [東南アジア自転車旅行記]

沈没中のakoustamです。

ホーチミンに来て一週間、とにかくな~んにもしないで、一人で(そういや日本人と誰とも会話してないや)のんびりする日々も今日で最後となりました。

明日出発しないと、バンコクまで自転車でたどり着くのに、大幅なペースアップをしなくてはいけなくなるリミットが迫っているのです。

でも、のんびりと「無」の時間を味わう贅沢は、日本に帰ったらそうそうできないので、この一週間もそれはそれで意味があったかなぁと思います。

で、今日は都合8泊も泊った宿のお話。

続きを読む


アジアンキッチン [東南アジア自転車旅行記]

ま~だホーチミンにいます(^^;)

今日もただゆっくり散歩して、ネット屋いって、市場いって、時間がゆっくり過ぎていく贅沢を満喫してしまいました。

こういうネタの無いときは、食事ネタ。

今まで夕食の話を全くしてきませんでしたが、実は毎日ここに行ってました。

続きを読む


ベトナムドン札 [東南アジア自転車旅行記]

今日もホーチミンにいます。ラオスのビエンチャンはそののんびりさが、カンボジアのシェムリアップは、たくさんの友人が出来たことが、沈没(その街で動かなくなってしまうこと)の原因でしたが、ホーチミンは自分でも良く分かりません。

街は今までお伝えしたとおり、人、人、人でせわしなく、バイクの騒音、クラクション、人々の喧騒など、決してのんびりできる環境というわけではありません。

人がいいか?確かにベトナム人は明るく、開放的で、こっちも元気になりますが、がめついやつ、意地悪なやつ、自分勝手なやつもたくさんいて、すご~く居心地がいいとも思えません。

でも、何故かここに居たくなる、それがベトナムの不思議な魅力です。

続きを読む


ホーチミン市街 by HVR-A1J [東南アジア自転車旅行記]

今日はホーチミン市内を自転車ではなく、歩いてまわってみました。もともと僕のいる安宿街から街の中心部までは、歩いて10分ほど。自転車で事故る可能性を考えると、結局歩いたほうがいいという判断です。

まずは中心部最大の市場「ベンタイン市場」へ、

続きを読む


前の20件 | - 東南アジア自転車旅行記 ブログトップ
メッセージを送る