So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

金太郎飴からの脱却なるか [携帯電話・全般]

auより2008年春の新モデルが発表となりました。ソニエリ機はCyber-shotケータイのau版W61Sと、au初のGSM対応機W62Sです。

au携帯電話の新ラインナップ10機種の発売について~ワイヤレスで楽しむ新しい音楽の視聴スタイルと、映像の美しさにこだわったラインナップ~ (KDDI)

「カメラでケンサク! ERサーチ」について~携帯電話のカメラで撮影した画像で検索が簡単に~ (KDDI)

国際ローミングサービスの料金改定及びサービス拡充について~国際ローミングサービスの名称を統一 大幅な料金値下げ、サービス内容の拡充により、ますます便利に使いやすく~ (KDDI)

携帯とPCを使ったスポーツサポートサービス「au Smart Sports」の提供開始について~スポーツを通じた自分磨きをauケータイがサポート~ (KDDI)

SonyEricsson W61S (SonyEricsson)

当初このラインアップ(特にW61S)の情報を得たときは、「ジョグダイヤル無し」「microSDカードスロット」「KCP+」「Bluetooth搭載」といったあたりから、「またもや東芝からの完全OEMか?」と思いましたが、一応カメラの撮像素子がExmorになっているなど、ある程度ソニエリの手が入ったカタチになってはいるようです。

それでもキー配置などは完全にKCP+準拠で、ソニエリの一つの伝統といっていいサイドの「マナー」「メモ」キー縦配列は採用されず、W54S/W56Tに続いて「マルチ」「マナー」という配列になっています。

ちなみに今回発表された新機種の中で、KCP+機は冬モデルに続いてまたもや東芝・三洋・ソニエリのみ。

カシオ・日立・パナ・京セラ・パンテックは今まで通りのプラットフォーム継続で、冬前に発表したはずのW54S/W56Tの発売がようやく2月1日に決定し、W54SAに至っては見通しも立たないという状況からみると、KCP+は開発を担当している東芝・三洋の外に供給できるほど、安定したプラットフォームには至っていないようです。

このKCP+という共通プラットフォームは、各メーカーの端末開発の負担を軽減し、コストを削減して「安く端末を供給する」ことを最大の目的としてauが推進しているわけですが、この共通化を進めすぎると、「auはどこのメーカーを買っても一緒」という金太郎飴状態を作り出し、ユーザーに「良いモノを選んで買う。」という実感を与えることが出来にくくなります。

実際W54S/W56T/W54SAは、画面構成もキー配置もほとんど同じとなっており、電話帳画面は旧三洋機の、メール画面は旧東芝機がベースになったようなUIをしています。またKCP+の標準的な機能として、BluetoothとATRAC/MP3対応なども必須に近い扱いとなっているようで、搭載機能や対応サービスまで金太郎飴状態。これではauのお客さんの端末を買う楽しみは、色と形を選ぶだけになってしまいかねません。

昨年末のDoCoMoのバリューコース+905iスタート後、量販店を中心に実質au一人負けという状況になっていることから、携帯電話のユーザーニーズは、

「端末が高くてもいいから毎月の基本料+通話料は安く。高く買って長く使う以上はお金のかかった良い端末を買いたい(しかも割賦なので高い割に初期投資は少ない)。」

に主流が移っているのは間違いなく、auが今まで通りの「多少電話料金が高くても、端末が安く買えて、短期間でまた機種変更する。」という路線を推進したこと、そしてそれに伴って「選びがいのない安っぽい金太郎飴端末」になってしまったことは、完全に裏目に出ています。

これを脱却することがauの急務のはずですが、Cyber-shotというブランドを使って、ある程度差別化を図ったW61Sが売れるかどうか、今後のauを占う意味でも重要な端末であると思います。

でも、個人的にはSO905iCSのほうが魅力あるなぁ。画面は16:9フルワイドだし…HSDPAだからRev.Aよりも安定して高速がでるし…ちゃんとソニエリUIだし…ジョグダイヤルだし…

一方のW62SはGSM対応となりました。

SonyEricsson W62S (SonyEricsson)

こちらはキー配置もUIもソニエリ型。でもBluetoothがなく、microSDにジョグも無しと「別にソニエリじゃなくていいんじゃない?」という、昨今の日本ソニエリ機おなじみの出来具合です。なんかこう中途半端なプロダクツが続きますね、ソニエリは。ってかM2を採用したW52Sの責任はどうとるつもりなのやら(苦笑)

 

au Smart Sports?そういうユーザーニーズってあるんですかね(^^;)。100gオーバーの大画面折りたたみ型携帯電話を身につけながら、ジョギングやサイクリングはしたくありません。60gぐらいの超軽量・ストレート・防水端末を開発したなら、この新サービスも意味あると思いますけど、ホントちぐはぐというか、ピンボケしてるというか、auどうしちゃったんでしょうね。


nice!(17)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 17

コメント 8

かつぽん

確かにauどうしちゃったんでしょうね?(爆)

んでもW61Sは、少なくとも僕にとっては
DoCoMo SO905iCSへのMNPによる移行を
阻止出来る端末なのかもしれません。

んでも・・・ホットモック触るか、
もうちょっと情報を見てみるまでお預けかなぁ??
KCP+、初期Vista同様の状態になってるんじゃないかと
心配で心配で・・・(ーー;)
by かつぽん (2008-01-28 13:53) 

arkstar

まだまだW21Sで頑張ります(^_^;)
W61Sはスライドなので私はスルーなのですが、
W62Sは言い感じに見えますね。ただ、ジョグなしメモステなしなら、
ソニエリを名乗る必要は無いのかも。
by arkstar (2008-01-28 14:13) 

Riever

DoCoMoの905iは何か異様に気合いを入れたラインアップと感じましたが、最近のauは対照的に何となく手抜き感が否めませんね。
量販店のコーナーを覗くと、auは昨シーズンの勢いが完全になくなっていると感じますし、この辺り料金形態を継続したからでしょうかね。

あまり縛り付けすぎるとバリエーションが無くなってしまう一つの結果なのでしょうね。
by Riever (2008-01-28 21:21) 

あおえび

NOKIAがあるせいかsoftbankの方が魅力的です。
by あおえび (2008-01-28 22:21) 

Virgo

もう、流石に呆れてしまう顔ぶれですよね。

困った、実に困った。

うーん、この国で携帯が使い難きモノになるとは・・・
by Virgo (2008-01-28 22:46) 

Akihito(・。・)

僕はドコモの「端末が高くてもいいから毎月の基本料+通話料は安く。高く買って長く使う以上はお金のかかった良い端末を買いたい」と言う考えのほうが
結局はユーザーに受け入れられると思います。
やっぱりauはどっかピンボケしていますねぇ………

そういえばソフトバンクも新機種を出しましたね。
「インターネットマシン」は和製スマートフォンの本命となるのか………
期待しています。
by Akihito(・。・) (2008-01-28 23:21) 

俺もSO905iCSがイイと思います…。
でもその厚い分、ちょっと重めなのが痛いっスね。
今回のにはジョグないのね~。(*_*)
by (2008-01-29 06:05) 

kozy

W61Sが気になりますが...KCP+がどれだけの実力を持ってるか触ってみたいですね。

その前にSO905iCSの発売日がもっと気になりますが(笑)
by kozy (2008-01-29 11:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0